一様連続

サイトのTOP→理系インデックス
微分積分のTOP→微分積分インデックス





定義 ( 一様連続 )

I を の部分集合とする。

f:I→ を関数とする。

次が成り立つとする。



このとき、「 f は I 上で一様連続である 」 という。

定義式をさらに詳しく書くと、

参考

連続関数は一様連続であるとは限らない。

証明

成り立たないことを示すには反例を1つ挙げればよい。

f:(0、∞)→ を f(x)=1/x で定義する。

いま、f は連続関数である。

f が一様連続であると仮定する。(背理法)

ε>0 とおく。

いま、



ここで、0< x <min{δ、1/(2ε)}とおく。

いま、|2x−x|<δである。

また、|f(2x)−f(x)|=1/(2x) >εである。

これは矛盾である。

補足

f(x)=1/x が一様連続でない原因は、x が 0 に近づくにつれて値が急激に増大することにある。

参考

一様連続性の否定を考えよう。

つまり、



これは次にように変形できる。

F1 ( 有界閉区間上の連続関数は一様連続である )

有界閉区間 I 上の連続関数 f は一様連続である。

証明

次が成り立つとする。(背理法)



上式において、δは任意である。

そこで、δ=1/n とする。

いま、ある a、b∈I が存在して、次が成り立つ。

(*1) |a−b|<1/n

(*2) |f(a)−f(b)|≧ε

いま、ある部分列 aρ(n) が存在して、aρ(n) はある点 c∈I に収束する。(※B5)

また、|aρ(n)−bρ(n)|<1/ρ(n)である。

よって、bρ(n) も c に収束する。

よって、limn→∞f(aρ(n))=limn→∞f(bρ(n))=f(c) である。※S2)

これは(*2)に矛盾する。