要請とは何か?

サイトのTOP→理系インデックス





参考 ( 要請 )

物理学には色々な法則がある。

ただし、これらの法則はバラバラに並んでいるわけではない。

どの分野にも、基本となる法則があり、そこから多くの法則が導かれるものである。

では、そのような基本法則の元を辿るとどうなるのであろうか?

必ず、それ以上は元を辿ることのできない出発点となる法則があるはずである。

このような法則を 『 要請 』 という。

参考 ( 力学 )

力学の法則は 『 ニュートンの第1法則〜第3法則 』 によって記述される。

つまり、この法則さえあれば、他の法則はここから導かれる。

参考 ( 電磁気学 )

電磁気学の現象は 『 マクスウェルの方程式 』 と 『 ローレンツ力 』 によって記述される。

マクスウェルの方程式は、たった4つの式から成る。

ローレンツ力は1つの式で記述できる。

つまり、電磁気学の現象は、たった5つの式で記述される。

参考 ( 量子力学 )

量子力学では 『 シュレディンガ方程式 』 と 『 確率解釈 』 を要請する。

シュレディンガ方程式は、量子状態を決定づける式で、力学の運動方程式に相当する。

参考 ( 熱力学 )

熱力学では 『 熱力学第1法則 』 や 『 熱力学第2法則 』 などを要請する。

ただし、例えば、熱力学第2法則は、ほとんど同値な条件に言い換えることが可能である。

よって、どのように要請を採用するかということは本によって異なる。

むろん、本質的な意味は同じである。