雑記(1=0の証明)

サイトのTOP→理系インデックス
雑記のTOP→雑記インデックス





方程式 x=1 を考える。

両辺を x で微分する。

すると、1=0 である。

次のような式を考える。

a=b

両辺に a を掛けると、

=ab

両辺に a−2ab を加えると、

+a−2ab=ab+a−2ab

ここで両辺を整理すると、

2(a−ab)=a−ab

両辺を a−ab で割ると、

2=1

両辺から1を引くと、

1=0

正三角形の2辺に注目し、これを折り返す。

直線の本数は増えるが、この操作において長さの合計は変化しない。



この操作を無限に繰り返すと、最終的に底辺と同じ長さになる。



既に述べたように、各操作において、長さの合計は変化しない。

もともと2辺であったものが1辺になったのだから、1+1=1 である。

よって、1=0 である。