雑記(「悪魔の証明」の悪用)

サイトのTOP→理系インデックス
雑記のTOP→雑記インデックス





『 悪魔の証明 』 とは、一般に 「 存在の否定 」 を証明することが非常に困難であることを意味する。

悪魔が存在することを証明するためには、実際に悪魔を連れてこればよい。

それが簡単かどうかは分からないが、悪魔がいれば、少なくとも連れてこれば存在の証明になる。

一方、悪魔がいないことを証明するにはどうすればよいだろうか。

これのためには銀河系の外から靴下の中まで全て調べなければならない。

これは不可能である。

つまり、悪魔が存在するか否かに関わらず、存在の否定は不可能である。

「 悪魔の証明 」 を悪用する方法として次の2通りが考えられる。

(1) 政治家が不正を隠す。

(2) オカルトを信じさせる。

(1)について

例えば、2つの案 A と B があるとする。

このうち、国は案 B を採用したとする。

しかし、後から調べてみると、案 B を提出した人は首相の友達であった。

ゆえに、「 首相が行政を歪め、自分の友達を優遇したのではないか 」 という疑惑が出た。

これに対して首相(あるいは側近の政治家など)が次のように答えたとする。

「 自分が関わっていないことを証明することは難しい。これは「悪魔の証明」です 」

実際、このような答弁が現在(2017年)にいくつか見られる。

しかし、このような答弁は不適切である。

なぜなら、不正がないことを証明することは可能だからである。

実際、案 B が選ばれるための正当な理由があることを示せばよい。

つまり、案 B が選ばれるプロセスを公開すればよいだけのことである。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

政治家、弁護士、ジャーナリストが次のような主張をしている場面を見たことがある。

「 不正がなかったことを立証することは悪魔の証明で難しい 」

「 こういう疑いだけで政治に不正があったかのように決めつけてしまうのはおかしい 」

しかし、このような主張は不適切である。

おそらく、この主張は裁判の 「 疑わしきは罰せず 」 に基づくものと思われる。

これは 『 法律 』 の話であって、これを 『 政治 』 にもちこむべきではない。

政治において 「 立証できるか否か 」 が問題なのではない。

疑惑に対して 「 正当なプロセスを示せるか否か 」 が重要である。

それを示せない政治は国民から信用されない。

政治は国民から信用されなければ終わりである。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

政治的な追及に対し、政権が 「 水かけ論になるので、会議は開かない 」 などとすることがある。

そして、会議の中で、

「 悪魔の証明なので否定が難しい 」

「 記憶にございません 」

「 記録がない 」

・・・などという言葉が出る。

いずれも、非常に不誠実な対応である。

通常、高い地位にある政治家の行動は記録に残されているし、残されるべきである。

何のために秘書がついているというのだろうか。

そのような記録を提示することによって、不正がないことを積極的に示すことが可能である。

また、そのような記録を精査することによって記憶を呼び起こすこともできる。

それにも関わらず、「 ない 」 などとする答弁が出る。

国民から信頼を得る努力を怠っている。

このような答弁が出る時点で事実上のレッドカードである。

つまり、実質的に決着はつく。

「 水かけ論になるので、会議は開かない 」 などとする返答は不適切である。

フィクションに登場する探偵のように全てを決定するような言葉を期待する必要はない。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

例えば、将棋では、実際の対局で最後に王をとるところまで試合が続けることはないし、必要はない。

なぜなら、実際には 『 詰み 』 になった時点で決着がつくからである。

政治も同じである。

「 悪魔の証明なので難しい、記憶がない、記録がない 」 などの答弁は事実上の 『 詰み 』 である。

これらの言葉をつかう他なくなった時点で、その政治家は信用できないと国民の方で判断する。

最後の最後まで物事を立証する必要はないのである。

「 悪魔の証明 」 や 「 疑わしきは罰せず 」 などを盾にする政治を信用してはいけない。

(2)について

既に述べたように、「 存在の否定 」 は非常に難しい。

ゆえに、これを悪用して、科学的に立証されていないものを信じさせることができてしまう。

例えば、

「 幽霊はあるかもしれないよ?だって否定できないでしょ?」

・・・という具合に主張する。

しかし、これでは何でも認めることになってしまう。

例えば、

「 血液型性格分類はあるかもしれないよ?だって否定できないでしょ?」

「 STAP細胞はあるかもしれないよ?だって否定できないでしょ?」

・・という具合である。

完全な否定が困難であることを理由に、根拠がないものを信じることは危険である。

それは物事をデタラメに認めていくことを意味するからである。

長年の歴史をもって科学的根拠がない場合には 「 ない 」 と表現するに十分である。

なぜ、存在の否定は困難なのか?

なぜ、政治的な不正がないことを示すことは可能なのか?

両者の違いは何か?

その答えは 「 問題に制約があるか否か 」 である。

既に上で述べたように、政治的な不正がないことを示すことは可能である。

これを 『 悪魔の証明 』 に置き換えて、

「 不正がないことを証明することは難しい 」

・・などと答弁することは不適切である。

しかし、残念なことに、現在(2017年)にはこれを悪用した答弁が政治に見られる。

また、問題を追及する方も、この言葉にうまく対処できていないように見えることがある。

「 悪魔の証明 」 という言葉のインパクトに押されているのであろうか。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

そこで、次のような問題について考えてみよう。

「 なぜ、存在の否定は困難なのか?」

「 なぜ、政治的な不正がないことを示すことは可能なのか?」

「 両者の違いは何か? 」

まず、存在の否定が困難である理由は、その問題に制約がないことにある。

逆に言えば、問題に制約があれば、存在の否定も簡単である。

例えば、「 悪魔は場所 X にのみ存在しえる 」 という条件があるとしよう。

この場合、場所 X さえ調べれば、存在の有無を決定できる。

「 政治的な不正 」 がないことを示す場合も同様である。

政治的な不正とは 『 手段 』 に関する問題である。

手段には 「 始点 」 と 「 終点 」 が決まっていて、つねに制約がある。

ゆえに、政治的な不正の有無を論じることは可能である。

「 悪魔の証明だから否定が難しい 」 という答弁がいかに不誠実であるかが理解されるであろう。

これは 『 論点のすり替え 』 である。