理系英語(色々な補足的知識)

サイトのTOP→理系インデックス
理系英語のTOP→理系英語インデックス





微分は derivation であり、積分は integration である。

ただし、英語圏では微分積分学を calculus と呼ぶことが多い。

pre-calculus は日本の高校数学の微分積分学に相当する。

calculus は日本の大学の(計算を主体とした)微分積分学に相当する。

real analysis は日本の大学の(証明を主体とした)微分積分学に相当する。

advanced calculus は一様収束や微分・積分の交換可能性などを証明する微分積分学に相当する。

advanced real analysis は関数解析やルベーグ積分などを意味する。

ただし、明確に意味が定まっているわけではなくて、概ねの傾向である。

英語で2次方程式を 『 quadratic equation 』 という。

一方、よく知られているように quad は 「 4 」 を意味する。

よって、quadratic equation が2次方程式を意味するということに対して違和感をもつ人がいるかもしれない。

実は、ラテン語の quadrus は square と同じ意味であり、これは 「 四角形 」 の意味である。

また、昔は2次方程式は面積の問題であった。

よって、当時は2次方程式を quadratic equation と名付けた。

これが現在にも残っている。

ちなみに、4個の要素から成る組は 「 quartet 」 と呼ばれる。

英語は 「 アメリカ読み 」 と 「 イギリス読み 」 で発音が異なる場合がある。

例えば、horizn はアメリカ読みで 「 ホライズン 」 であり、イギリス読みで 「 ホリズン 」 である。

また、either はアメリカ読みで 「 イーザー 」 であり、イギリス読みで 「 アイザー 」 である。

アメリカ読みを正しいと考え、イギリス読みを間違いと考えている日本人は多いかもしれない。

位相空間論は 「 general topology 」 である。

位相幾何学は 「 topology 」 である。

位相空間論と位相幾何学は親戚なので、実は全く別の分野であるという話ではない。

とくに位相空間論であることを強調したいときに 「 general 」 を付けるという意味である。