雑記(言葉の演奏会)

サイトのTOP→理系インデックス
雑記のTOP→雑記インデックス





日本は社会保障費が膨らみ、研究資金の余裕がない状態である。

少ない資金で成果を出すにはどうすればよいか?

この状況で重要なことは、研究資金の 『 選択と集中 』 である。

選択によって無駄な研究に関する予算を削り、重要な研究に資金を投資すべきだ。

つまり、

「 お金がないのだから、手持ちのお金を有効に使おう 」

・・・という話である。

このように説明されると、いかにも筋が通っているように視える。

しかし、本当にそうだろうか?

仮に、日本の中で資金を集中させたとしても、アメリカには及ばない。

となると、重要なのは 『 研究内容の独自性 』 ではないだろうか?

ところが、資金を選択・集中させるとどうなる?

「 集中 」 させるということは、それ以外には資金が回らないということだ。

これでは、注目されている分野以外は育たないことになる。

見事に 『 独自性 』 とは正反対の向きに動いている。

また、「 選択 」 という言葉は、ある意味で、トリックである。

たしかに、本当に 「 重要な研究 」 を選択できるというのであればよいだろう。

しかし、どうやる?

例えば、2010年に 「 事業仕分け 」 という政策が行われた。

これは、予算の無駄を明らかにするために実施された。

その中で、ある議員はスーパーコンピュータに対する予算に対して、

「 スパコンは1位じゃないとダメなんですか? 」

・・・と発言した。

その後、スーパーコンピュータの予算は削られる方向へと議論が動いた。

これに抗議するため、ノーベル賞受賞者が緊急会見を開く事態となった。

国会議員ともなれば、スーパーコンピュータという、国の柱さえも切り捨てようとするのだ。

壁を補修する目的で、木材を得るために柱をノコギリで伐採するほどの愚かさである。

それを削ったら家が潰れてしまうだろう。

むろん、これはとくにヒドイ例である。

しかし、要するに、何が重要であるかを選択することは簡単にはできない。

そもそも、「 重要な研究を選択する 」 が難しいのである。

これができると主張することは 「 未来を見通せる 」 と言っているようなものだ。

すると、上に書いた主張は何を意味する?

「 金がないなら選択と集中をすればよい 」?

いかにもまともなことが書かれているようでいて、実は中身は何もないのである。

こんなものは、ただの言葉の演奏会である。

アメリカの場合、研究資金は多い。

なので、選択と集中が行われる傾向にある。

どのように選択するかというと、簡単に言えば、成果を出した人に資金が集中する。

いわゆる 『 アメリカンドリーム 』 である。

ただし、研究テーマは資金が出るプロジェクトのテーマに限定される傾向がある。

だから、日本に比べると自由が小さい。

このように、各国それぞれで適切な方法がある。

ところが、日本の文科省は研究資金に選択と集中を持ち込む。

文科省の有識者会議では、なぜか経営コンサルタントが出てきて、選択と集中の重要性を説く。

研究に経営の発想をそのまま持ち込むことは非常に危険である。