雑記(学習法〜幹枝葉)

サイトのTOP→理系インデックス
雑記のTOP→雑記インデックス





学問を学ぶときには、最初にザッと全体を見渡し、必要になってから細部を埋めるのがよい。

最初から細部を追求しても後になって忘れるので意味がない。

例えば、

第1章の 基礎と応用 を丹念にやって、

第2章の 基礎と応用 を丹念にやって、

第3章の 基礎と応用 を丹念にやって、

・・・という具合だと、第3章をやる頃には第1章の内容をほとんど完全に忘れている。

なので、第1章の復習をするわけだが、それを終えた頃には第3章の内容を忘れている。

こうして、永遠とループする。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

さて、どうすれば無限ループを回避できるだろう?

無限ループを回避するためには、まずは、各章の基礎だけをとやるとよい。

すると、学問の全体像を把握することができるので、力の入れ所が分かる。

なので、学習効率が向上する。

片端から極端に丁寧に学ぶとうまくいかない。

なぜなら、学び始めは力の入れ所が分からないからである。

力の入れ所が分からない状態で丁寧に学ぶので、無駄なところに力を注いでしまう。

実際、自分が教科書の最初の方に引いた赤線を見て、

「 なぜ過去の自分はこんなところに赤線を引いたのだろう?」

・・・という経験をした人は多いのではないだろうか。

あれは、力の入れ所が分かっていないからであろう。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

なぜ、片端から学ぶ人が多いのであろうか?

1つの原因は学校教育にあるのであろう。

学校の教育では片端から教えられるからである。

これは集団教育では仕方のないことかもしれない。

もう1つの理由は、本人が 『 理解に生じたバグ 』 を悪だと見なしているからかもしれない。

例えば、ある数学書を読んでいるとしよう。

このとき、どんなに丁寧に読んでも、途中の過程が理解できなかったりする。

つまり、理解にバグが生じる。

こうなると厄介である。

前のページを読み返せば分かるかもしれないが・・・必要な部分を見つけ出すことは難しい。

このとき、学習者は後悔する。

「 ああ、最初の方をよく読んでいなかったせいだ 」

・・・と考える。

その結果、本を読むときの態度は日々慎重になっていく。

結果、学生は本の前半ばかりを読んでしまい、後半を読まない。

しかし、理解に生じるバグは必ずしも悪いものではない。

次に読み返すときには、バグの解消を目標とすればよいからである。

つまり、力の入れ所が分かるということである。

学問の構造は、幹・枝・葉に区別することができる。

例えば、歴史の場合には、次のような時代の流れを幹と見なすことができる。

○ 平安時代に政権を握っていたのは平氏である。(例えば平清盛が有名)
○ しかし、壇ノ浦の戦い(平氏VS源氏)で平氏は滅亡する。
○ 壇ノ浦の戦いで勝利したのは源氏である。(平安時代の終了)
○ 源頼朝は鎌倉幕府を開く。(鎌倉時代の開始)
○ しかし、源氏は3代目で途絶え、北条氏が政権を握る。
○ 北条氏の政治により、次第に天皇の地位は弱まっていった。
○ 後醍醐天皇が天皇中心の政治に戻そうとして反乱を起こす。
○ 足利尊氏が後醍醐天皇と協力して鎌倉幕府を滅ぼす。(鎌倉時代の終了)
○ 足利尊氏が室町幕府を開く。(室町時代の開始)
○ 足利尊氏→足利義満→足利義政
○ ところが、足利義政の跡継ぎ問題が生じる。
○ 跡継ぎ問題に武士の権力争いが絡み、全国に広がる。(戦国時代に突入)
○ 織田信長が一気に躍進し、室町幕府が滅びる。(室町時代の終了)
○ 戦乱の世が続くが、いよいよ大詰め。天下分け目の関ヶ原の戦い。
○ 徳川家康が勝利し、江戸幕府が開かれる。

たったこれだけで終わりである。

各出来事はバラバラではなく、前後でつながっていることに注意されたい。

前後がつながっているので、印象に残りやすい。

後はここに細かい知識(枝・葉)を追加していけばよい。

一方、学問の構造を意識せずに均等に学んでいくとどうなるであろうか?

このとき、学習内容に優先順位が付けられない。

なので、『 重要な事柄 』 と 『 重要でない事柄 』 を均等に忘れていく。

結果、平安時代と室町時代のどちらが先であったか、ということさえも忘れる。

例えば、上記の流れに比べれば 「 古今和歌集は○○時代の作品である 」 などはどうでもよい知識である。

枝葉末節にすぎない。

ただの葉でしかない。

このような 『 葉 』 と 『 幹 』 を同列に扱えば、後で知識が崩壊する。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

数学の場合には、幹・枝・葉は何を意味するのであろうか?

幹としては、例えば、1次方程式の解き方、2次方程式の解き方、確率の概念・・・などであろう。

中学・高校では水槽に水を流入させて、この水槽がいっぱいになるまでの時間を求める問題がある。

これを 『 水槽の問題 』 と呼ぶことにしよう。

言葉にしてしまうと簡単だが、この手の問題には色々な工夫が施されている。

それぞれ解き方は少し異なるし、適切な方程式を立てることが難しい。

問題集などを見れば水槽の問題は多く掲載されている。

そうしたものを1つ1つ場当たり的に学習してもキリがない。

しかし、1つの問題を真剣に考えると、ある種の解き方のコツのようなものが視えてくる。

例えば、1秒後、2秒後、3秒後の水槽の状態を考えると正しい方程式が見つかることが多い。

ただし、これは実際にじっくりと考えた人間でなければ分からない感覚である。

つまり、水槽の問題の場合には、枝・葉は次のような意味になる。

枝 : 1秒後、2秒後、3秒後の水槽の状態を考える。

葉 : 水槽の問題それぞれの解き方

枝の部分が分かれば、葉を1つ1つ検証しなくても、この手の問題は概ね解けると分かる。

結果、次の2通りの人間に分かれる。

(*1) 2、3問を解いただけで多くの問題を解けるようになる人

(*2) 多量の問題を解いているのに成長しない人

後者の人は個別に解き方を把握しているだけなので、1年後にはほとんど内容を忘れる。

前者の人は枝を把握しているので、内容を忘れることはあまりない。

葉を忘れることはあるかもしれないが、枝を把握しているのでいつでも葉の部分を再生できるのである。

むしろ、解いたことのない問題も解けるようになる。

私は現在(2016年)の学校の教育を否定したいわけではない。

そもそも、学校教育で、最初から幹・枝・葉の区別を付けることは不適切である。

なぜなら、幹・枝・葉の区別は恣意的だからである。

例えば、最初、私は 「 歴史の流れ 」 を述べた。

この流れを、他人がそのまま覚えても意味はない。

この 「 流れ 」 は、私が自分で整理したからこそ、私にとって意味がある。

幹・枝・葉は、自分で作るべきである。

アインシュタインという天才物理学者がいた。

アインシュタインが研究している内容は相対性理論というものである。

相対性理論は光の速度に関する理論である。

ところが、アインシュタインは記者からの質問に対して、「 自分は光の速度を覚えていない 」 と答えた。

記者は驚き、「 光の研究をしているのに光の速度を覚えていないんですか? 」 と質問した。

これに対し、アインシュタインは次のように答えた。

「 教科書に書かれていることをどうして覚えていなければならないのかね?」

つまり、アインシュタインは光の速度という知識を教科書に外部委託(アウトソース)していたのである。

余分な知識を詰め込まず、重要な部分を重点的に考えていたということであろう。

暗記はなるべく最小限に留めるべきである。

暗記をメインにして学習している人は伸びない。

なぜなら、途中から覚えて忘れて覚えて忘れて・・・の無限ループに陥るからである。

どうにも世間的には、

「 教科書を頭に入れる 」

・・・という考え方をする人が多いように思える。

しかし、教科書を片端から丸ごと頭に入れることは無意味であろう。

アインシュタインの考え方は教科書にリンクを貼る感覚に近いのかもしれない。

教科書は脳の一部である。

改めて、ここまでの内容をまとめよう。

(1) 最初にザッと全体を見渡し、必要になってから細部を埋める。

(2) 学問の構造は幹・枝・葉に区別することができる。

(3) 暗記は必要最低限に留める。

結局、何か特別なことをするわけではない。

ただ教科書を普通に読むだけなのである。

ただし、意識のウェイトを均等にするのではなくて、幹や枝に集中させるということである。

「 最初にザッと全体を見渡す 」 というのは、粗雑に読み通すということではない。

むしろ、幹や枝について積極的に深く考えるということでもある。

よくある間違った学習法は、一生懸命に葉を集める方法である。

例えば、「 古今和歌集は○○時代の作品 」 という箇所に赤線を引いて、一生懸命に暗記する。

暗記をメインにすると両手で葉を抱えるので精一杯になる。

少しでも気を抜けば、葉は風に飛ばされて知識は 0 に戻る。