雑記(学習法〜才能と努力)

サイトのTOP→理系インデックス
雑記のTOP→雑記インデックス





「 努力しても才能がある人には勝てないよなぁ 」 という話はよく出る。

この主張にどのように対応すればよいのか、なかなか難しいものである。

ただ、私個人としては、この言葉は他人を意識しすぎているように思える。

自分と他人は関係がない。

実際には、

「 努力すればいまより上に行ける、努力しなければ何も変わらない 」

・・・というシンプルな現実があるだけだ。

そこに 「 他人が〜、才能が〜、」 という話を入れるとワケが分からなくなる。

私個人としてはこれが結論である。

なので、これで話を終わらせてもよいのだが、以下、補足的なことを書く。

才能というのは自分では制御できないからどうしようもない。

例えば、才能は、自分が乗っているロボットの性能のようなものだ。

同じように操縦しても、速度が異なる。

障害物があっても、自動的にそれを回避する性能が付いているものもある。

逆に、そのような性能が付いていないものもある。

ただ、この辺りはよく誤解が生じるようだ。

ロボットが自動的に問題を解いてくれているだけなのに、それを自分の成果だと誤解してしまう。

例えば、食事のときもそうだ。

食べたものを消化するときに、「 よーし、これから消化しよう! 」 などと思う人はいない。

体が勝手に複雑な消化酵素を作り出し、それによって食物を消化してしまう。

本人は消化酵素の構造など、何も知らないというのに。

上の話を聞いて、

「 いや、消化酵素を例にするのは話が飛躍しすぎだろう 」

・・・と思う人がいるかもしれない。

しかし、その疑問はどこから来たのだろう?

まさか、

「 よーし、これから疑問を出すぞ! 」

・・・などと考えてから疑問を出したわけではないだろう。

つまり、その疑問は 『 自動的 』 に出てきたのだ。

勉強・スポーツ・ゲームも同じである。

脳や体は、かなり多くの問題を自動的に解決している。

ただし、成功者に対して唐突に 「 それは才能のおかげだ 」 ということは間違いであろう。

よく知られているように、成功するためには、才能だけでなくて努力も必要だからだ。

しかし、もし、成功者が、

「 あなたはこんなこともできないのですか? 」

・・・と、こちらを見下してきた場合には、言い返してもよいだろう。

たまたま天から才能を与えられただけで偉そうにするな、と。

『 嫉妬 』 と 『 自尊 』 は異なる。

そもそも、成功には才能だけでなくて 『 環境 』 も影響する。

大抵の場合、成功者には恩人に近い人がいるはずである。

恩人に感謝するべきであって、他者を見下すことは見当外れである。

むろん、自分の成功を誇りに思うことは正当なものであろう。

『 誇り(ほこり) 』 と 『 驕り(おごり) 』 は異なる。

『 嫉妬 』 と 『 驕り 』 は、自分と他者を比較している点で共通する。

嫉妬は、自分と他者を比較し、他者を攻撃する行為である。

驕りは、自分と他者を比較し、他者を見下す行為である。

一方、自尊と誇りは自分の中で完結する。

ゆえに、自尊と誇りを傷つけようとする行為(攻撃や見下し)は下劣である。

才能が異なると、視える世界も異なる。

例えば、同じ課題に直面したとき、視える階段の大きさが違う。

もし、段差 10cm の階段が続いているとしたらどうだろう?

これならば軽い運動で済むので、むしろ気分がよくなる。

では、段差 10m の階段が続いているとしたらどうだろう?

この場合、一段を上がるごとに崖登りのような心地を味わうことになる。

当然、一段を上がっただけでヘトヘトになってしまう。

才能がある人から視れば、これはやる気のない人間に思えてしまう。

むろん、本当にやる気がないだけの人間もいるかもしれない。

しかし、それを強く責めすぎることは不適切であるように思える。

緊急事態であれば仕方ないが、そもそもやる気のない人間に何を言っても意味はない。

緊急事態でもないのにやる気のない人間を引っ張ろうとしても軋轢が生まれるだけである。

当然だが、努力で埋まらない才能の差は必ずある。

勉強に限らず、スポーツなどもそうである。

しかし、これで絶望することは早計である。

もし、それで絶望する人がいるとすれば、その人は視野が狭い可能性がある。

あるいは、自分の進路を固定するのが早すぎる可能性がある。

人の能力は、勉強とスポーツ以外にも色々ある。

そもそも、これは 0 か 1 かの問題ではない。

例えば、学問の特定の分野で相手が 100 であるとする。

このとき、自分が同じ土俵で 100 を目指す必要はない。

その分野では、できる範囲で頑張ればよい。

例えば、その分野で 70 くらいやって、他で 40 やればよい。

これを 『 逃げ 』 と混同してはならない。

これは逃げているのではなくて、人生の進路を立体的に捉えているのである。

むろん、努力を軽んじるべきではない。

努力によってかなりのことは解決できる。

また、一見すると分厚い壁に視えても、実は薄かったということも多くある。

むろん、「 才能のある人 」 と 「 ない人 」 で綺麗に分かれているわけではない。

ゆえに、どんなに正しいことを述べたとしても、それは現実にはほとんど意味がないのだ。

例えば、よくある話だと思うが、当然に次の関係式が成り立つ。

(*) 「才能+努力」>「努力はするが才能がない」≒「才能はあるが努力しない」>「努力も才能もない」

上記の関係式は 『 正しい 』 であろう。

しかし、現実には、才能は分野ごとに異なるし、大きな才能の差もあるし、小さな才能の差もあるし、

環境も絡むし、恵まれていても病気や事故で死ぬ可能性もあるし、時代の変化もある。

関係式(*)がどんなに正しかったとしても、半分以上は意味を失ってしまう。

ゆえに、才能・努力という議論に大きな意味はない。

既に述べたように、私の結論は最初に書いてある。

実際には、

「 努力すればいまより上に行ける、努力しなければ何も変わらない 」

・・・というシンプルな現実があるだけだ。

関係式(*)は正しいが、ここに固執すると本質が視えなくなる。