雑記(幻想)

サイトのTOP→理系インデックス
雑記のTOP→雑記インデックス





「 学校は知識だけではなくて、本当に大切なことを教えるべきだ 」

・・・という主張はよく見かける。

そして、このような意見は世間から賛同されやすい。

しかし、これは各人が同じ考えをもっているのではない。

これは、各人が 「 自分 」 が本当に大切に思うことを漠然と想像して、賛同しているだけである。

表面的に賛同しているように視えるだけで、実際には意見が揃っていない。

『 本当に大切なこと 』 が本当に存在しているわけではない。

この意味で、『 本当に大切なこと 』 などというものは 『 幻想 』 である。

しかし、上記のような主張は、世間で、ネットで、テレビで、称賛されやすい。

もし、「 本当に大切なもの 」 があるというのであれば、本にまとめてほしいものだ。

教科書以前に、まずは本などの形でまとめてはどうか。

いや、そのような試みをした人は過去に何千人といるだろう。

何しろ、『 本当に大切なこと 』 なのだから。

その人たちの本は書店のどこに置かれているのだろうか?

答えは 『 啓蒙書 』 のコーナーである。

「 本当に大切なもの 」 の行き着く先は、単なる 『 個人の思想 』 である。

「 いやいや、必ずしも本にまとめられるものではありませんよ 」

「 例えば、ディベートなどは実際に体験するしかありません 」

・・・という人がいるかもしれない。

従来の授業は受け身型の授業が多い。

一方、ディベートは生徒自身が参加することができる。

だから、授業にディベートを取り入れることは重要なのではないか、という意見はよくある。

しかし、冷静にディベートの授業を見てみると、ほとんど発言していない生徒も多い。

つまり、半数近くの生徒にとって、ディベートとは、単に 『 眺めているだけの授業 』 になる。

では、生徒に均等に発言するように配慮すれば問題解決なのだろうか?

実質的に生徒が発言できるのは、60分の授業で30分程度である。

30人のクラスならば、1人1分しか発言できないのである。

生徒全員が積極的に参加しているような絵を想像しているならば、それは幻想である。

テレビなどでは、いままさに発言している生徒 『 だけ 』 が映し出される。

これによって、あたかも、全員が積極的に参加する授業が存在するかのように錯覚する。

「 いや、ディベートの様子を眺めているだけでも意味はあるのでは? 」

・・・と考える人がいるかもしれない。

しかし、生徒が見るのは同年代の子が繰り広げる素人のディベートである。

1分発言して、30分間素人のディベートを眺める授業。

どれほどの意味があるのだろう?

むろん、ディベートの授業がまったく無意味であるとは言わない。

しかし、ディベートの授業を10回やるのであれば、他にやることがあるのではないか?

例えば、数学の授業は、まるごと1つ新しい項目を追加できるに違いない。

10分間発言して素人のディベートを5時間聞く授業にどれほどの効果があるというのか。

すると、「 3回くらいが適切かな? 」 という話になる。

で、それは既に現在の教育でも行われている。

学校の授業はもっと工夫できるだろう。

いきなり無味乾燥な数式公式を叩き込むのではなくてさ、

実例・応用から入って公式に入ったほうがいいと思う。

教師は基本ができなければ応用をできるはずがないと思い込んでいるんだよな。

この手の幻想は多いようである。

ぜひ冷静に考えてほしいものだが、

「 いきなり無味乾燥な数式公式を叩き込む授業 」 など、あるのか?

無味乾燥な数式公式を叩き込む授業とは、どのようなものだ?

こう言われると、あたかもそのような授業があるかのように錯覚する。

いきなり、何の説明もなく公式を紹介して、「 覚えろ 」 とか 「 とにかく問題を解け 」 とか言うのか?

そんな授業、あるはずがないのだ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

そして、ぜひ冷静に考えてほしいものだが、

「 実例・応用から入る 」 とはどういうものだ?

こう言われると、あたかもそのような優れた教え方があるかのように錯覚する。

では、なぜ、そのような教科書や参考書が出ないのだろうか?

多くの教科書が、大手の予備校が、競争して作っているのに?

ネットで誰でも情報を発信できるのに?

いや、仮に出ているのだとして、なぜ誰もその教科書を採用しないのだろうか?

つまり、これは幻想である。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

このような幻想を消す方法は、とにかく具体性を要求することである。

今回の例で言えば、実際に自分で作ろうとしてみることである。

そうすれば、なぜ 「 実例・応用から入る説明 」 が存在しないのか理解できるであろう。

あるいは、この人は 『 予習 』 と 『 授業 』 を区別していないのかもしれない。

例えば、私としても、事前に全体を見渡すことは重要であると考えている。

具体的には、教科書をペラペラとめくって、要点を選択して読めばよい。

それこそ、数学であれば、上記のように、計算方法だけ把握してもよい。

ただし、それは各人がそれぞれの意思で行うべきものである。

なぜなら、「 要点の選択 」 は恣意的だからである。

恣意的なものを授業で教えるわけにはいかない。

それは個人の思想だからである。

例えば、「 内容は保留にしておいて、計算方法だけを把握する 」 というのは思想である。

どうしてもやりたいというのであれば、個人で勝手にやればよい。

この視点に立つと、上の主張は 「 授業の予習を授業でやってほしい 」 という意味になる。

これは少し奇妙に思える。

イギリスのオックスフォード大学では、面接によって学生の考え方を多面的に評価する。

これは非常に良い方法だ。

日本も同じようにやればよい。

オックスフォードがあのような入試を実行できることには色々と理由がある。

例えば、オックスフォードには莫大な資金力がある。

また、他大学との教員ネットワークがある。

これによって、他大学から優秀な教員を呼び寄せることができるのである。

そのような基盤を無視して、表面だけをマネしても意味はない。

教育においてまず重要なのは 「 論理的な思考 」 と 「 文章の書き方 」 だ。

これはすべての基本だろう?

他のあらゆる学問は、これらの能力を基に築かれる。

土台がしっかりとしていなければ何をやっても無駄だ。

「 論理的な思考 」 と 「 文章の書き方 」 を教える授業とはどのようなものだ?

もし、あるというのであれば、まずは教科書の形でまとめてはどうだろう。

いや、なぜ過去に誰もまとめていないのだろうか?

人間が学問を始めて2000年以上が経過している。

もし、「 論理的な思考 」 を教える方法とやらがあるのであれば、誰か書いているはずである。

どの本だろうか?

ガリレオの天文対話?

アインシュタインの論考?

夏目漱石の吾輩は猫である?

過去に最も売れている本?

「 思考力を育てる 」 という類のタイトルが付いた本? ( 山のようにある )

どれだろう?

どれかだというのであれば、「 論理的な思考を育てる授業 」 とは 「 読書の時間 」 のことである。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

それとも、クイズ番組などに登場する問題のことを言うのだろうか?

今も昔も、クイズ番組は大人気である。

数百のクイズ番組が、数千のクイズを作っている。

もし、論理的な思考を問う問題がクイズなのであれば、クイズ番組を見ればよい。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

それとも、論理的な思考を問う授業とは、数学のことか?国語のことか?

それなら、もう既にある。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

それとも、海外にそのような授業があるのだろうか?

いや、ないだろう。

もしそのようなものがあれば、世界中に広まるはずである。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

もはや、これは 『 幻想 』 である。

いや、そもそも、最初からおかしいのだ。

そもそも 「 論理的思考 」 という概念が明確ではないからである。

これは、言葉に出せばいかにも分かったように思えるが、実体がない。

10個だけでもよい。

一度でよいから、誰か 『 思考力を育てる問題 』 とやらを10個だけでも並べてほしいものだ。

あるいは、具体的なプラン(60分×3でもよい)をまとめてほしいものだ。

誰も、実行していない。

私も、見たことがない。

さて、「 論理的な思考を教えるべきだ 」 とは何を意味するのだろうか?

これは幻想である。

いかにも意味があることを言っているようでいて、実際のところ、中身は何もないのである。

この手の幻想を消す方法は、とにかく 『 具体性を要求すること 』 である。

「 本当に大切なことを教える 」 とは、具体的にどういうことだ?

「 論理的な思考を教える 」 とは、具体的にどういうことだ?

「 応用から入る授業 」 とは、具体的にどういうものだ?

なぜ、長い人類の歴史の中で、それらの方法が提示されていないのだろう?

多くの人が 「 ある 」 「 必要だ 」 と言っているのに、なぜ誰も作らない?

誰かが作ったとして、なぜ誰もそれに注目しない?

この世界にはあまりにも幻想が多い。