雑記(この世界が幻想だらけになった理由)

サイトのTOP→理系インデックス
雑記のTOP→雑記インデックス





何かを説明するときに、色々な方法がある。

その中で、とくに 『 具体例 』 を挙げることは重要であろう。

ただし、一口に具体例と言っても、種類や質が異なる。

本質を捉えた良い具体例もあるが、表面的なだけで中身のない類推もある。

とくに、本質を捉えた具体例を出すことは難しい。

一生懸命に考えても、100点満点の具体例を出すことは非常に難しい。

また、具体例は、あくまで特殊な場合にすぎない。

全方位を表す具体例など、その性質上、存在しないのだ。

だから、批判されやすい。

逆に言えば、曖昧に表現すれば賛同されやすい。

例えば、教育問題で、どのような授業が重要であるかについて議論するとしよう。

このとき、最も手軽に賛同を得られるのは、次のようなものである。

「 画一的な方法でなく、生徒の興味を引き起こす授業が大切だ 」

しかし、具体的に 「 生徒の興味を引き起こす授業 」 とはどのようなものであろうか?

よくよく考えたら、それこそが難問である。

ここを曖昧にしては意味がない。

これは 「 重要なものは重要だ 」 などと言っているようなものである。

そこで、この部分について考えてみよう。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

例えば、私が出会った先生について考えてみよう。

ある歴史の先生の授業は非常におもしろかった。

とにかく凄まじいのは、説明の中に含まれる 『 笑い 』 の多さである。

その先生の授業を受けると、教室は1分毎に笑いが出る。

5分毎に教室が大爆笑に包まれる。

その先生が授業をしていると教室が笑いに包まれるので、隣の教室でも分かってしまう。

一方、ある物質科学の先生の授業は正反対であった。

この先生の授業は速く、無駄がない。

ダラダラとした前置きなどはなくて、すぐに授業が始まる。

ほとんど息つく暇がない。

いや、むしろ、ギリギリ息つく暇がある。

そして、すぐに深いところまで連れて行ってくれる。( というより、連行される )

夢中でノートを取っていると、気付いたらチャイムが鳴って授業が終了している。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

さて、興味を引き起こす授業とは、どちらの先生を意味するのだろう?

歴史の先生?物質科学の先生?それとも、両方?

私の意見は 『 物質科学の先生 』 である。

歴史の先生の授業はたしかにおもしろかった。

しかし、クラス全体の成績を見ると、あまりよい結果ではなかったように思える。

実際、クラス全体の成績がよろしくないということで、その歴史の先生はしばしば怒っていた。

当然である。

『 笑い 』 は学問の本質と無関係である。

それだけ無駄が多いということだから、学習効率が落ちる。

むろん、授業から一切の笑いをなくせという話ではない。

笑いは、1割程度であるからこそよいのだ。

1割程度であるからこそ価値があるのに、歴史の先生は笑いを多く入れ過ぎた。

だから、もし 「 よい授業とは何か? 」 と問われたら、私は物質科学の先生のような授業を提案するであろう。

むろん、授業が速すぎると問題があるが、無駄を省いて粛々と授業する方がよいのではないかと考える。

すると、歴史の先生派の人々によって批判されるのだ。

「 何も分かっていない 」

「 話を聞いてた?興味を引き起こす授業だよ?粛々と授業したらつまらないでしょ?真逆だよ 」

「 こういう頭の固いのが授業をつまらなくしてるんだろうな 」

・・・という具合になる。

いつだって、お得なのは幻想である。

曖昧で抽象的で響きのよい言葉の演奏会である。

つまり、

「 画一的な方法でなく、生徒の興味を引き起こす授業が大切だ 」

「 おもしろくて楽しい授業が大切だ 」

・・・と言っておけばよいのだ。

楽に賛同を得られて気持ちがよい。

だから、この世界は幻想だらけである。

むろん、単に粛々と授業をするだけでは意味がない。

重要なことは、学問の深い所まで素早く連れて行くことだと考えている。

そして、これを実現することは、その道の専門家でないと難しい。

上では、物質科学の授業では夢中でノートを取ったと述べた。

むろん、これは単に余裕がなかったという意味ではない。

速すぎて考える余裕がない授業はダメな授業である。

例えば、高校の 『 物理 』 の先生の授業はよくなかった。

授業の速度が速すぎて、ノートを取るだけで精一杯で授業の内容が頭に入らなかった。

しかし、物質科学の授業は違うのだ。

速いけれど、その速度が絶妙で、目の前の議論を追いかけながらノートを取ることができた。

速度が一定なのではなくて、緩急があって、考える時間が随所に与えられていた。

例えば、ある親子がいるとする。

ところが、子の方は、学校で教えられる内容に不満があるようで、

「 数学って何の役に立つの?自分は数学を必要としていないからやりたくない 」

・・・と言ったとする。

これに対し、親は子が数学を学ぶ気になるように説明したいとする。

そのため、

「 数学をやらないと将来の選択肢が狭まってしまうよ 」

「 受験で必要だよ 」

・・・という説明もしたのだが、いまいち説得力がないようだ。

ここで、親は具体例を出そうと考え、次のように答えたとする。

「 数学ができないと物理学者になれないよ? 」

しかし、多くの場合、子は次のように答えるであろう。

「 いや、物理学者には絶対にならないよ 」

つまり、これは 『 悪い具体例 』 である。

このように、具体例は鋭利であるがゆえに、的を外すと逆効果になってしまう。

では、次のように答えるとどうであろう?

「 あなたは将来に建築家になりたいと言っていたよね?建築では数学が必要だよ 」

これは子の将来に関連付けて具体例を出している。

この意味で、先例よりは 『 良い具体例 』 であると言えるだろう。

「 何の役に立つの? 」 という質問は厄介なものである。

もしかしたら、この人の本心は 「 いまやっている内容がつまらない 」 ということであるかもしれない。

その場合、子に伝えるべきことは 「 数学のおもしろさ 」 ということになる。

そして、ここがまた重要なことであるが、具体的に、ここでの 「 数学のおもしろさ 」 とは何であるべきだろうか?

今回の場合、それは 「 具体的に分野の名前を紹介すること 」 であるかもしれない。

先ほどの、

「 あなたは将来に建築家になりたいと言っていたよね?建築では数学が必要だよ 」

・・・は、まだ具体性が足りない。

この言い方では 「 必要だから仕方ない 」 という意味になってしまう。

「 おもしろさ 」 を伝えるためには、さらなる具体性が必要である。

建築であれば、例えば、

「 ガウディは微分幾何を建築に応用したよ。例えば、サクラダ・ファミリアと呼ばれる建築があって・・・ 」

「 建造物の振動を記述するには微分方程式が用いられるんだよ。微分方程式を解くためにはね・・・ 」

「 構造工学では表現論が用いられるんだよ。表現論というのは代数学の一分野で・・・」

・・・と、このような具合である。

さらに、ここからいくらでも話を広げることができる。

こういう話をせずに、ひたすら 「 勉強しなさい! 」 と叱る親もいるが、これは愚かである。