雑記(ネット上に中傷が多い理由)

サイトのTOP→理系インデックス
雑記のTOP→雑記インデックス





『 批判 』 と 『 中傷 』 は別物である。

批判とは、根拠を提示した評価である。

中傷とは、根拠を提示しない評価である。

批判には 『 良い批判 』 と 『 悪い批判 』 がある。

一方、中傷はつねに悪である。

なぜなら、根拠を示さない主張には反論のしようがない。

これは 『 精神の暴力 』 である。

一方、批判は、中傷に比べれば、相手と対等なものである。

実際、根拠は具体的であるから、間違った根拠を出せば自分の方が反論を受ける。

人の評判を下げることを言うのであるから、自らが土俵に立つことは当然の義務である。

しかし、ネット上では根拠を示さずに他人を中傷する人が多い。

なぜなら、反論を受けることのない気楽な立場が心地よいからであろう。

あるいは、本人は批判したつもりになっているのだろう。

しかし、根拠がない主張は、自ら土俵に立たずに外野から泥を投げつける卑劣な行為である。

根拠を示さずに公で人の評判を下げるような主張をする人は、自らの言動を恥じるべきであろう。

例えば、ある人が、ある本に対して、

「 この本に書かれていることは間違いだらけだ 」

・・・と、ネット上で発言したとする。

しかし、もしかしたら、これはこの人の勘違いかもしれない。

この人が具体的な根拠を述べなければ、それを検証することさえできない。

つまり、この人は一方的に本の評判を下げているのである。

むろん、各人が日常で何を発言しても自由である。

しかし、わざわざネット上などの 『 公 』 で発言して根拠を述べない人間が多量にいる。

これは批判ではなくて、中傷という下劣な行為である。

刑法231条によると、侮辱罪は次の条件の場合に成立する。

(*) 「 事実を摘示しないで 」 「 公然と 」 「 人を侮辱した 」

刑法230条によると、名誉毀損罪は次の条件の場合に成立する。

(*) 「 事実の摘示によって」「公然と」「人の社会的評価を低下させるおそれのある行為をした 」

もしかしたら、

「 嘘がなければ名誉毀損は成立しないのだろうか? 」

・・・と疑問に思う人がいるかもしれない。

しかし、嘘を付いた場合にも名誉毀損は成立する。

むしろ、その方が重い罪となる。

実は、「 事実の摘示 」 に書かれている 『 事実 』 は 『 真実 』 を意味するわけではない。

つまり、「 事実の摘示 」 は 「 嘘の主張 」 という事実も含む。

一方、「 ばか 」 「 あほ 」 などの発言は 「 事実 」 ではない。

つまり、ネット上で嘘によって他人の名誉を傷つけたものは名誉毀損に該当し、

ネット上で他人を罵倒するなどの行為は侮辱罪に該当する可能性がある。

しばしば、間接的に怒りを伝えてくる人がいる。

例えば、こちらから 「 何を怒っているの? 」 と聞くと、「 怒っていない 」 と答える。

ところが、明らかに態度は怒りを表しており、ドアなどを強く閉めることで怒りだけを伝える。

このような行動は、上で述べた中傷と同様に、理不尽である。

なぜなら、間接的に怒りを伝える行動は 『 自分自身が間違っている可能性 』 を考慮していない。

もしかしたら、何らかの誤解であるかもしれない。

それにも関わらず、自分の中で結論を出して、話し合いの場をもたずに一方的に怒りをぶつける。

このような行為は 『 精神の暴力 』 である。

とくに、自分が絶対に正しいと思い込む人は根拠を述べない傾向がある。

あれらの人間にとって、根拠を述べるということは面倒で無駄な作業でしかない。

なぜなら、自分が正しいという結論が先にあるからである。