雑記(何か色々)

サイトのTOP→理系インデックス
雑記のTOP→雑記インデックス





夜に眠れなくて困っている人は多いようだ。

夜に眠れないときは羊を数えると眠れる。

「 そんなの子供でも知ってるよ 」 という人が多いかもしれない。

しかし、それこそが盲点であるように思える。

常識、下らない、当たり前。

そう考えて、結局、やらない。

やってみたことはあるかもしれないが、30匹辺りでバカらしくなって中断してしまう。

羊を数えるときには、次のルールを守ることが重要。

(1) 一匹ずつ、ゆ〜っくり数える。

(2) まずは100匹までを目安に数える。

100匹数えて眠れなくても、心拍数は落ち着くか、眠気は増加するはず。

心拍数が落ち着くなら、少なくとも前進はしているということだ。

300匹まで数え切るということは滅多にないだろう。

1000匹まで数え切るなどということがあり得るだろうか?

実のところ、世の中の不眠に関する問題の割と多くは、ただ羊を数えるだけで解決するのではないか?

また、「 眠らなければならない 」 と考えてしまうと、余計に眠れなくなってしまう。

しかし、そもそも、必ず眠る必要はないであろう。

実際、眠らなくても、横になっているだけで体力は回復するものである。

なので、無理に眠ろうとせずに、気軽に横になるだけでもよい。

「 夜に眠れない 」 という話はテレビでもよく出る。

しかし、そこで紹介される解決法が下らない。

「 アロマを焚くとよい 」 とか、

「 味噌汁には○○という成分が含まれていて、これを朝に飲むとよい 」 とか、

そういう方法ばかり紹介される。

むろん、世の中には本当に深刻な病気としての不眠もあると思われる。

そういう人たちに向かって 「 そんなのは羊を数えれば解決するんだ 」 というつもりはない。

快適な睡眠のためには、朝にしっかりと起きることも重要であろう。

そのためには、朝日を浴びる、軽く運動する、温かいものを食べるなどの方法がある。

外を一周するだけでもずいぶんと違うであろう。

睡眠というと夜に注目しがちだが、朝をしっかりとしなければ夜に眠れなくなることは道理である。

腹を下しやすいという人は割といるようだ。

テレビを観ていると下痢止めの CM がよく流れるから、やはり悩んでいる人は多いのだろう。

そして、その人は、それを生まれつきで仕方ないと考えているかもしれない。

しかし、案外、それは生活習慣を少し変えるだけで解消するかもしれない。

例えば、次のルールを守ることが重要。

(1) 食事中に飲む水は、コップ半分程度に抑える。

(2) 夜に腹が冷えないように、暖かくして寝る。

(3) 朝に冷たいものを飲むのではなく、なるべく暖かいものを飲む。

(4) 冷たいものを飲むときは、少し口の中で温めてから飲む。

(5) 眠る前3時間以内に食事をしない。

食事中に水を飲むと消化液が薄まるのでよくない。

冷たい水をぶち込まれると同時に肉なんぞ消化しろと言われたら、腹が調子を崩すのは道理。

眠る前に食事をすると、眠っている間に消化しないといけなくなる。

これは消化器官にとって大きな負担となる。

眠る直前に食事をすると、肌荒れにも直結する。

おそらく、健康面の割と多くの問題は生活習慣でかなり改善されるであろう。

虫歯なども同様である。

むろん、生まれつきでどうしようもないケースもあるかもしれない。

この辺りはややこしい。

生まれつきどうしようもないものを 「 気合いが足りんからだ 」 などと考える人間は本当に存在する。

しかし、こうした決めつけは、相手を理不尽に傷つけるであろう。

逆に、便秘の場合は、当然だが、適度に体を動かすことが重要。

ただ、どうにもテレビを見ていると、やたらと食事療法の類が多いように思える。

あるいは、『 便秘用の特別な運動 』 が紹介される。

そんなもの、どうせ内容を忘れたり、面倒になったりしてやらないのである。

こうして、本当に大切でシンプルな本質が見失われる。

実際には、普通に野菜を食べて、日頃から少し運動を意識するだけでよいのに。

日本人は痔になる人が多いようだ。

非常に基本的だが、安物のトイレットペーパーをつかっているとよくないだろう。

ただ、案外、本人はそれに気付きにくいようだ。

やはり、単なる紙で傷めるはずがないと考えるのだろう。

いままでは家族と暮らしていて、良いトイレットペーパーをつかっていたが、

1人暮らしをするようになって安物のトイレットペーパーをつかうようになり、

それを使い続けて無意識のうちに傷める、というのはありそうだ。

このようなつまらないことが原因で痔になる人は割と多いのではないかと少し思う。

冬場乾燥して喉の奥が痛むという人はいるようだ。

あるいは、顔が乾燥して困る人がいるようだ。

その場合は、マスクを付けるとよい。

マスクは風邪の感染を防ぐ効果だけが注目されがちだが、保湿効果も高い。

ちなみに、寝ているときに喉の奥を傷めるという人もいるようだ。

その場合も、気にならないようであれば、マスクを付けたまま寝るというのもアリだろう。

ところで、世間には加湿器というものがある。

あれでも、乾燥を防ぐことはできるだろう。

しかし、清潔に使用しないと、内部でカビが繁殖してばらまく可能性がある。

歯磨きをするときに歯茎から血が出る人はいるようだ。

これを 「 体質だから仕方ない 」 と考える人もいるかもしれない。

しかし、歯茎から血が出る原因には、歯と歯肉の隙間に菌が繁殖していることにも原因がある。

よって、これは歯磨きの仕方を改善することで治せる。

正しい歯磨きの仕方は意外と知られていない。

歯磨きは細かく振動させるようにして磨くことが重要である。

また、やり方に囚われず、本当に磨けているか否かを意識することが重要である。

私の場合、歯磨きは約3分かける。

とくに、最初に柔らかい歯ブラシで磨き、後で固めの歯ブラシで磨く。

これを長いと評する人もいるが、そうとは思えない。

隅々まで磨くことを意識すれば、このくらいの時間がかかることは当然である。

私は中学までは歯磨きで歯茎から血が出る傾向があった。

しかし、その後は歯磨きを改善し、現在では固めの歯ブラシでも血が出ることはない。

ちなみに、私は虫歯で痛い思いをしたことがない。

年をとってから毎日食事で嫌な思いをすることは避けるべきであろう。

歯磨き指導となると、歯科関連の協会などが重要な枠割をもちそうだが、あれには期待できないだろう。

なぜなら、虫歯になる人がいなくなると、歯科医の仕事がなくなるからである。

ある程度の虫歯予防活動はしても、本格的に取り組むことはないだろう。

パソコンを見ていると目が疲れるという人は多いようだ。

TVの CM では、疲れ目に効く薬などが紹介されている。

CMに出るということは、かなり多くの人が悩んでいるのであろう。

最近はパソコン用のメガネも出ているようだ。

このメガネはとくに青色系の光を遮断してくれるので、目の負担を減らすらしい。

しかし、そもそも、画面の輝度を調節したことがない人が多いのでは?

画面の輝度は簡単に調節できる。

調節の仕方は端末の種類に依存するから、これは自分で調べるとよいだろう。

ちなみに、普通、パソコンはキーボードのキーで調節できるはず。

私の場合、初期設定は、どうやら明るすぎたようだ。

画面の光を暗くしたら、目の負担が一気に減少した。

ただし、画面を暗くしていると、それはそれで疲れることもある。

その場合は、再び明るくする。

もしかすると、最適な輝度というものはないのかもしれない。

だから、目の状態に合わせて輝度を調節することがよいのかもしれない。

パソコンの故障は12月に多い。

例えば、冬場に冷えた部屋にパソコンが置かれているとする。

で、朝に起きて、部屋に暖房を入れ、パソコンのスイッチを入れるとする。

すると、パソコンは外部と内部の両方から急激に温められる。

これでパソコンの部品が膨張し、精密な部分が壊れる。

なので、パソコンを大切に使いたい場合は、寒暖差に気を付けることが重要。

あと、排熱口に物を置いたり、壁に付けたりすると、パソコンに負荷がかかる。

なので、これも避けるべきである。

冷蔵庫なども同様である。

冷蔵庫の排熱口を壁に付けると、熱が排出されないので冷蔵庫に負荷がかかる。

ちなみに、プリンタの修理依頼も12月に多いらしい。

どうやら、年賀状をプリントしようとして、プリンタのインクが詰まっていることに気付くらしい。

プリンタは長期間使用しないと、インクが乾燥して詰まってしまう。

だから、プリンタは月に1回程度は使用した方がよい。

むろん、プリンタにはクリーニング機能も付いている。

しかし、あまりにも長期間に使用していないと、なかなか治らない。

緊張による失敗を回避するコツは、緊張の波に乗ることである。

現在(2016年)、世間では緊張をなくす方法として次が紹介されることが多い。

(*) 他人をジャガイモだと自己暗示をかける。

(*) 薬指をもう一方の手で握る離すを繰り返す。

しかし、私はこれらの方法があまりよいとは思えない。

なぜなら、緊張を抑えようとすると、それに失敗したときに余計に緊張するからである。

よって、逆に、緊張と興奮の波に乗った方がよい。

つまり、

「 きたきたぁ・・・これだよこれ・・・っ! 」

・・・という具合に。

ただし、「 緊張を落ち着かせることが間違いで、波に乗ることが正しい 」 ということではない。

これの本質は 「 どちらでもよい 」 ということである。

落ち着かせてもよいし、波に乗ってもよい。

この 「 どちらでもよい 」 ということが 『 必要以上の緊張 』 を防ぐ。

卒論の発表や、会社の発表を成功させるコツは 『 十分に練習すること 』 である。

もしかしたら、「 それは当然だろう 」 と考える人がいるかもしれない。

しかし、これは少し奥が深い。

おそらく、割と多くの人は自分が納得いくまで練習していない。

例えば、私は卒論の発表では10回ほどの練習をした。

もしかしたら、「 10回って、それほど多くないのでは? 」 と考える人がいるかもしれない。

しかし、通常、発表というものは15分ほどの時間を掛けるものである。

休憩や文章の見直しを含めると、通しで10回の練習とは、6時間に達するものである。

これはかなり大きな労力であるはずだ。

しかし、これに気付いていない人は割と多いものである。

そういう人は実際に練習をしていると、練習が予想以上に時間を費やすことに驚いたりする。

3回ほど練習して時計を見ると、針が大きく回っているのだ。

そして、

「 あれ・・・?こんなに時間がかかる?こんなに練習している自分ってどうなの? 」

・・・と、自分自身に冷めてしまったりする。

そして、練習は3回程度で終わってしまうのだ。

世間では、色々な場面で、千とか、万とか、億とか、兆とか、大きな数字が出る。

それゆえに、3回と10回の違いは小さく見えるかもしれない。

しかし、少なくとも、発表の練習という場面において、この回数の違いは大きい。

むろん、重要なことは回数ではなくて、自分が納得いくまで練習することである。

ホコリが溜まるところに紙を敷くと、1秒で掃除が終わる。

例えば、玄関、出窓、本棚の上など、普段はほとんど使用しない場所があるとする。

ここに、紙を敷いておくのである。

すると、年末、あるいは客が来るときなどに紙を取り除くだけで掃除が終了する。

意外に知られていないようだが、都会は基本的に左側通行である。

実際、都会で人通りの多いところに行けば、人の流れはほぼ確実に左側通行になっている。

ただ、地方出身者は、意外とこのルールを知らなかったりする。

都会に住んでいる人でもこのルールを知らない人は割と多い。

だから、人通りがそれほど多くない通路では、右側を歩く人もいる。

全体の70%くらいの人が左側を歩き、30%くらいの人が右側を歩く。

気付かない人は割と多くて、右側を歩いたりする。

右側を歩くと度々に人とぶつかるのだが、意外と本人は気付かない。

何年経ってもその理由に気付かないということがあるようだ。

むろん、これは明文化されたルールではない。

ただ、車の場合には左側通行という明確なルールがある。

なので、暗黙に人にも左側通行の風潮がある。

満員電車で自分がドアの所に立っているとする。

そして、途中の駅で、自分が立っている側のドアが開くとする。

すると、電車の内部から人が溢れてくる。

よって、自分は電車から押し出される形になる。

このとき、踏ん張って電車の中に留まろうとする人がいる。

しかし、これは危険である。

こういう場合は、人の流れに逆らわずに一度だけ降りて、その後で乗り直せばよい。

例えば、新宿駅などは混雑しているときは凄まじいようだ。

しかし、混雑しているときであっても、15分くらい待っていると、人が少なくなるタイミングがある。

急いでいない場合には、気長にそういうタイミングを待った方がよいだろう。

「 あなたの悩みは何ですか? 」

この内容でアンケートをとると 『 対人関係 』 が1位となる。

つまり、対人関係で悩んでいるのはあなただけではないということだ。

そう考えると、少しは気が楽になるかもしれない。

対人関係というと、職場や学校だけでなく、家族も含まれる。

とくに、家族の場合には距離を取ることもできないから辛い。

家族関係の悩みは他人に伝わりづらい部分があるかもしれない。

理由は難しいが、もし一言でまとめるならば、継続の苦しみが伝わりづらいことにあるかもしれない。

例えば 『 指で突く 』 という行為だけでも、継続が伴えば苦痛になる。

むろん、友達同士のじゃれ合いとして指で突かれることには何も問題はない。

しかし、朝に、寝起きに、何かに集中しているときに。

そして、夜に眠りかけているときに、毎回に指で突かれたらどうだろう?

殺意が芽生えたとして何も不思議ではない。

むしろ、自然である。

けれども、これは伝わりづらい。

「 指で突かれたぐらいで不満を言うの?もっと苦しんでいる人がいる 」

・・・という具合になって、苦しみが伝わらない。

おそらく、親と 『 何か 』 が合わなくて苦しんている人は多いだろう。

そして、その苦しみはどうせ他人に伝わらないと、諦めている人もいるだろう。

どうすればよいのか、皆目見当がつかない。

ただ、少なくとも1つ言えるのは、同じ苦しみを抱えている人は割と多いだろうということ。

それを知るだけでも、少し気持ちがマシになるかもしれない。

一方、全く関係のない人から 「 もっと苦しんでいる人がいる 」 と言われると腹立たしい。

その理由は、言っている本人は何もしていないからである。

自分の家の子供を、他人の家の子供と比較する親も同じ。

勝手に人と人を比較して採点者の気分になる人間は多いものである。

最近はネットや SNS が普及し、人と人のつながりが多くなっている。

「 深くなっている 」 というより、「 常時つながっている状態になっている 」 というべきか。

だから、よりストレスが蓄積されるのかもしれない。

とくに、SNSでは写真をアップロードできる。

そこに貼られる写真は、その人の人生で最も華やかな場面が貼られることが多い。

なので、こういうものを見ると、自分だけが惨めであるかのように錯覚する。

これでまたストレスが蓄積される。

人は自分の幸せを相対的な尺度で測る性質がある。

それがストレス蓄積の原因であろう。

仲間想いというのは、仲間とそうでない人の境界を明確にするということ。

つまり、仲間想いとは、仲間外れを作ることである。

ところが、学校の先生の類は、この辺りの認識がないように思える。

「 とにかく行事などを通せば絆が深くなってすべてがうまくいく 」 と考える傾向がある。

なぜなら、教師になるのは学校が好きな人だけだからであろう。

学校が合わない人は教師という仕事を選ばない。

部活動や行事でよい思い出をたくさんもった人間が教師を目指す。

むろん、絆が悪いという意味ではない。

絆にも大きなリスクがあるということである。

ただ、それを理解せずにメリットだけに注目している人が多いように思える。

「 植物には太陽光がよい 」 などといって室内観葉植物に太陽光を浴びせると枯れる。

伊藤園が水素水を販売しているのか・・・。

もはや、伊藤園の商品は買えない。

次から買い物で迷うことが減りそうだ。

現在(2016年)、「 水素水 」 と呼ばれる飲料水が注目されている。

一部では 「 美容や健康によい 」 とされているが、その科学的根拠は疑わしい。

しかし、伊藤園が水素水を販売しているという。

伊藤園といえば有名な飲料メーカーだが、そこがこのような商品を発売するとは・・・。

ちなみに、公式サイトによれば、累計500万本販売されているらしい。

値段も1本(200ml)で約200円に相当する。

ミネラルウォーターと比較すると、かなり高額のようだ。

恐ろしい世の中である。

ちなみに、当然だが、ネット上でも不買運動は起きているようだ。