雑記(何か色々〜徒然ver)

サイトのTOP→理系インデックス
雑記のTOP→雑記インデックス





「 主観 」 と 「 客観 」 を区別できない人は多いものである。

これらの人間は自分が客観的事実から主観的に情報を選別していることに気付いていない。

対人トラブルの原因は1つである。

それは 「 相手を理解しようとせずに自分を理解してもらおうとする態度 」 である。

少なくともどちらか一方がこのような人間である場合にトラブルは起きる。

夜に眠れないときは羊を数えるとよい。

むろん、この方法は誰でも知っている。

しかし、それゆえに、その有用性が見落とされているようにも思える。

割と多くの人は 「 羊を数える方法なんて知っている 」 と早々に切り捨ててしまう。

そして、実際に試していないのではないだろうか。

あるいは、30匹程度数えた辺りでバカらしくなってやめてしまうのであろう。

しかし、個人的な経験で言えば、100匹数えたあたりからかなり眠くなることが多い。

300匹を数え切ったことは一度もない。

夜に眠れないという人は羊を数えてみてはどうだろうか。

むろん、世の中には本当に深刻な病気としての不眠もあると思われる。

そういう人たちに向かって 「 そんなのは羊を数えれば解決するんだ 」 というつもりはない。

発表前や試験前に緊張を抑える必要はない。

緊張を無理に抑制せず、ドキドキをそのまま楽しもうとした方がよい。

無理に落ち着かせようとしても失敗するし、それで余計に緊張してしまう。

発表に慣れていない人は緊張してよい。

慣れていないからこそ、全方位に意識を集中させなければならない。

つまり、これは脳が 「 力の入れ所 」 を探っている状態である。

これは 「 慣れていない人 」 にとって最適な状態である。

それをわざわざ抑えつける必要はないであろう。

発表で落ち着く人になりたいのであれば経験を積むことが必要である。

気分だけを落ち着かせても意味はない。

むろん、パニック状態は回避されるべきである。

しかし、パニック状態にある人がパニック状態を抑制することはあり得ない。

そもそも、自分で抑制できない状態をパニック状態という。

「気持ちを落ち着かせなければ!」と考えている時点で十分に冷静である。

「 肩こり 」 や 「 寝違え 」 に悩む人は多いようだ。

これらを解消するために必要な基本的なことは 「 鞄をもたないこと 」 である。

ショルダーバックを肩に掛けるなど、特定の方向に筋肉が緊張するような動作は避けるべきである。

むろん、このことは多くの人が了解しているであろう。

しかし、ここに落とし穴があるように思える。

つまり、知識としては知っていても 「 でも、自分がもっている鞄はそれほど重くない 」 と考えてしまう。

そして、「 だから、自分の肩こりの原因はこれではない 」 と考えてしまう。

あるいは、「 寝違えは寝ているときに起きるのだから鞄が原因ではない 」 と考えてしまう。

しかし、このような考えは不適切であろう。

鞄の中身が本一冊程度であっても、継続的に肩に掛けていれば、これは肩に大きく影響する。

また、このことが睡眠中の動作に影響する可能性もある。

ゆえに、なるべく鞄を一切もたない状態を実行することが重要である。

むろん、これは現実的に実行が難しいが、これを試すことに価値はあるであろう。

一度でもよいので、可能な限り 「 一週間は一切に鞄をもたない 」 という状況を実現してみよう。

ちなみに、「 普段とは逆の肩に掛ければ解消する 」 という考えも不適切である。

たしかに、これによって解消することはあるかもしれない。

しかし、それによって問題が解決すると考えることは短絡的であろう。

「 意欲 」 をチャージすることはできない。

なぜなら、意欲は新規性のある物事に対してのみ生まれるからである。

つまり、作業を進めなければ意欲は生まれない。

しばしば 「 今日やらないことは明日もやらない 」 ということが言われる。

言い換えると、これは 「 意欲をチャージすることはできない 」 という意味である。

しかし、世間では意欲をチャージできると思い込んでいる人が多い。

なぜであろうか?

その理由は 「 疲労回復 」 と 「 意欲 」 を混同しているからである。

「 意欲をチャージできる 」 と思い込むと、娯楽の後に仕事をやろうとする傾向が生まれる。

しかし、実際には意欲はチャージできないので、仕事が次々と後回しになる。

「 ゲームをした後で課題をやろう 」 と考えて、さらに明日へ伸びていく。

「 娯楽は課題の後にしなさい 」 という言葉はこのようなことを意味する。

意欲は 「 内容の具体性 」 によって決定される。

問題解決までの具体的な道筋が視えていれば自然に意欲が出る。

ただし、具体性を得るために意欲が必要であるというジレンマがある。

これについて説明する。

まず、「 勉強すれば目的の試験に合格できる 」 という認識について考えよう。

むろん、このような認識は曖昧である。

それよりは 「 問題集 A と B と C は目的の試験に合格できる 」 という認識の方が具体的で意欲が出る。

しかし、この認識も十分に具体的であるとは言えない。

では、計画を立てると意欲が出るであろうか?

つまり、「 1日に10ページずつ進める 」 などの計画である。

一見、これは物事が具体的になったように視えるかもしれない。

しかし、これは誤解であろう。

実際にこれによって意欲が出ることはほとんどない。

あるいは、最初の数日間だけである。

なぜなら、このような計画は本当の意味で具体的ではないからである。

実際、1日10ページずつ進めることが可能であるという保証がない。

加えて、それで本当に十分であるかという保証もない。

このことを強く認識していなくても、人間は無意識のうちに 「 何か予定外のことが起こること 」 を感じとる。

このような 「 不確定要素 」 と 「 計画を遂行する義務感 」 が意欲を妨げる。

では、物事を具体的にするにはどうすればよいか?

そのためにはまず問題集を読まなければならない。

実際に問題を読んで、どのようなものかを確認しなければならない。

実際に問題を解いて 「 なるほど、こういう感じなのか 」 と実感することが大切である。

そうすると、次のステップが視えてくる。

つまり、勉強をするために意欲が必要なのだが、その意欲を引き出すために勉強する必要がある。

すると、「 それは意味がないのでは? 」 と問う人がいるかもしれない。

しかし、これこそが誤解である。

意欲と実行は循環しなければならない。

つまり、「行動する」→「具体化」→「次の目標が見つかる」→「意欲が出る」→「行動する」→・・・である。

このループによって人は成果を出す。

一方、「 意欲を出してから物事を実行する 」 という考えは不適切である。

このような考えをする人は最初に娯楽をもってくる。

そして、いつまでも本当に成すべきことが後回しになる。

あるいは、計画ばかり立てて実際に行動しない。

以上のことを一言でまとめると、「 まずは行動しなさい 」 である。

研究者にも、医者にも、弁護士にも、国会議員にも、頭のおかしい人は普通にいる。

そして、そういう人がメディアに出演して知名度を上げていくことも多くある。

個人的にも有名な大学の教員で一切信用できない人を知っている。

その人は平気で嘘を並べて自分の研究成果を大きく見せようとする。

いわく、詐欺師は 「 大臣と自分が一緒に写っている写真 」 を相手に見せて信用させる。

実は、大臣と並んだ写真を撮ることはそれほど難しいことではない。

パーティなどに参加して 「 写真をお願いします 」 と言えば割と簡単に入手できるものである。

ゆえに、大臣と一緒に写った写真がその人の信用性を高めることにはならない。

有名な学術雑誌としては 『 Cell 』 『 Nature 』 『 Science 』 が有名である。

これらは信用できる学術雑誌である。

ただし、学術雑誌には信用できないものもある。

例えば、オカルトが掲載されているようなトンデモ雑誌もある。

有名な学術雑誌には審査がある。

一方、トンデモ雑誌にはそのような審査がないので簡単に論文を投稿できる。

腹を下しやすいという人は割といるようだ。

テレビを観ていると下痢止めの CM がよく流れるから、やはり悩んでいる人は多いのだろう。

そして、その人は、それを生まれつきで仕方ないと考えているかもしれない。

しかし、案外、それは生活習慣を少し変えるだけで解消するかもしれない。

例えば、次のルールを守ることが重要。

(1) 食事中に飲む水は、コップ半分程度に抑える。

(2) 夜に腹が冷えないように、暖かくして寝る。

(3) 朝に冷たいものを飲むのではなく、なるべく暖かいものを飲む。

(4) 冷たいものを飲むときは、少し口の中で温めてから飲む。

(5) 眠る前3時間以内に食事をしない。

食事中に水を飲むと消化液が薄まるのでよくない。

夜の食事は消化器官にとって大きな負担となる。

ちなみに、便秘に対する解決法も同じである。

つまり、夜の食事をなくせば便秘も治る。

腹の不調は消化器が十分な休息をとれないことによる。

いわく、昔(江戸時代)は 「 そば粉 」 に 「 そばの実 」 の殻が混ざっていた。

ゆえに、そばを食べた後で消化不良を起こす人もいた。

しかし、そば湯を飲むことで症状が軽減されることも知られていた。

胃腸薬もよいが、それ以前に、食後に暖かい湯を少し飲むことも有用である。

日本人は痔になる人が多いようだ。

非常に基本的だが、安物のトイレットペーパーをつかっているとよくないだろう。

ただ、案外、本人はそれに気付きにくいかもしれない。

やはり、単なる紙で傷めるはずがないと考えるのだろう。

いままでは家族と暮らしていて、良いトイレットペーパーをつかっていたが、

1人暮らしをするようになって安物のトイレットペーパーをつかうようになり、

それを使い続けて無意識のうちに傷める、というのはありそうだ。

このようなつまらないことが原因で痔になる人は割と多いのではないかと少し思う。

冬場乾燥して喉の奥が痛むという人はいるようだ。

あるいは、顔が乾燥して困る人がいるようだ。

その場合は、マスクを付けるとよい。

マスクは風邪の感染を防ぐ効果だけが注目されがちだが、保湿効果も高い。

ちなみに、寝ているときに喉の奥を傷めるという人もいるようだ。

その場合もマスクを付けたまま寝ることで改善できる。

加湿器で乾燥を防ぐことはできるだろう。

ただし、清潔に使用しないと内部で繁殖したカビが室内に拡散する可能性がある。

歯磨きをするときに歯茎から血が出る人はいるようだ。

これを 「 体質だから仕方ない 」 と考える人もいるかもしれない。

しかし、歯茎から血が出る原因には、歯と歯肉の隙間に菌が繁殖していることにも原因がある。

よって、これは歯磨きの仕方を改善することで治せる。

正しい歯磨きの仕方は意外と知られていない。

歯磨きは細かく振動させるようにして磨くことが重要である。

また、やり方に囚われず、本当に磨けているか否かを意識することが重要である。

パソコンを見ていると目が疲れるという人は多いようだ。

TVの CM では、疲れ目に効く薬などが紹介されている。

CMに出るということは、かなり多くの人が悩んでいるのであろう。

最近はパソコン用のメガネも出ているようだ。

このメガネはとくに青色系の光を遮断してくれるので、目の負担を減らすらしい。

しかし、そもそも、画面の輝度を調節したことがない人が多いのでは?

画面の輝度は簡単に調節できる。

調節の仕方は端末の種類に依存するから、これは自分で調べるとよいだろう。

ちなみに、普通、パソコンはキーボードのキーで調節できるはず。

私の場合、初期設定は明るすぎたようだ。

画面の光を暗くすると目の負担が減少した。

ただし、画面を暗くしているとそれで疲れることもある。

その場合は再び明るくする。

つまり、最適な輝度は存在しないかもしれない。

ゆえに、目の状態に合わせて輝度を調節することが大切である。

パソコンの故障は12月に多い。

例えば、冬場に冷えた部屋にパソコンが置かれているとする。

で、朝に起きて、部屋に暖房を入れ、パソコンのスイッチを入れるとする。

すると、パソコンは外部と内部の両方から急激に温められる。

これでパソコンの部品が膨張し、精密な部分が壊れる。

なので、パソコンを大切に使いたい場合は、寒暖差に気を付けることが重要。

あと、排熱口に物を置いたり、壁に付けたりすると、パソコンに負荷がかかる。

なので、これも避けるべきである。

冷蔵庫なども同様である。

冷蔵庫の排熱口を壁に付けると、熱が排出されないので冷蔵庫に負荷がかかる。

ちなみに、プリンタの修理依頼も12月に多いらしい。

どうやら、年賀状をプリントしようとして、プリンタのインクが詰まっていることに気付くらしい。

プリンタは長期間使用しないと、インクが乾燥して詰まってしまう。

だから、プリンタは月に1回程度は使用した方がよい。

むろん、プリンタにはクリーニング機能も付いている。

しかし、あまりにも長期間に使用していないと、なかなか治らない。

ホコリが溜まるところに紙を敷くと、1秒で掃除が終わる。

例えば、玄関、出窓、本棚の上など、普段はほとんど使用しない場所があるとする。

ここに、紙を敷いておくのである。

すると、年末、あるいは客が来るときなどに紙を取り除くだけで掃除が終了する。

テレビや雑誌には色々な掃除術が紹介されるが、この方法が圧倒的に便利であるように思える。

これは 「 掃除術 」 というよりは 「 そもそも掃除をしないための術 」 である。

仲間想いというのは、仲間とそうでない人の境界を明確にするということ。

つまり、仲間想いとは、仲間外れを作ることである。

「 あなたの悩みは何ですか? 」

この内容でアンケートをとると 『 対人関係 』 が1位となる。

つまり、対人関係で悩んでいるのはあなただけではないということだ。

そう考えると、少しは気が楽になるかもしれない。

対人関係というと、職場や学校だけでなく、家族も含まれる。

とくに、家族の場合には距離を大きくすることも難しいので辛い。

意外に知られていないようだが、都会は基本的に左側通行である。

実際、都会で人通りの多いところに行けば、人の流れはほぼ確実に左側通行になっている。

明文化されたルールではないが、自動車が左通行であることに由来しているのだろう。

物事を成し遂げたいときには、まず 『 不確定要素 』 を解明することが重要であるかもしれない。

つまり、最初は色々な物事を広く調べた方がよい。

ただし、つねに色々な物事を浅く調べるだけでは、横方向の不確定要素が減るだけである。

つまり、縦方向の不確定要素が残る。

よって、横方向の不確定要素をある程度だけ解明したら、次は縦方向を調べるとよい。

SNS上で悪口を言われることはあるかもしれない。

そのようなコメントに対して言い返す必要はない。

なぜなら、他人の悪口を言う人は(全体的に視れば)周囲から嫌われるからである。

その類は長期的に視れば勝手に自滅する。

ゆえに、放置しておくとよい。

「 協調性 」 や 「 連帯感 」 という言葉を過剰に強調する人がいる。

それらは良い面ももつが、人によって適量が異なる。

植物が浴びる日光にも適量があることと同じである。

室内用の植物に強い日光を浴びせれば枯れてしまう。

「 マウスで実験するなんて、マウスが可哀相だ 」 などという人がいる。

一方、外科手術の失敗が続いて起きており、問題視されている。

むろん、この問題も解決するべきだというのだろう。

しかし、外科医の質はマウスの実験などと関連するであろう。

「 マウスは解剖するな、手術は成功させろ 」

その場その場で薄っぺらい正義を振りかざしているだけ。

「 遺伝子を編集することは自然摂理に反するからやってはいけない 」 などという人がいる。

むろん、遺伝子の編集は慎重に行われるべきである。

しかし、自然に反するという曖昧な価値観で、それを全否定するべきではない。

これは、結局のところ、自分が健康だから 「 いらない 」 と言っているだけである。

とりあえず自分の周りが豊かだから 「 いらない 」 と言っているだけである。

このような考え方は現実を見ていない。

世の中には理不尽な難病が多く存在し、日本の豊かさは紙一重の競争によって保持されている。

今後、何がどうなるのか先は視えない。

一方、遺伝子の編集は、医療や産業に大きなメリットをもたらす可能性がある。

このような状況で、これらのメリットを拾う努力さえせずに切り捨てることは無責任である。

「 文系・理系という言葉はなくした方がいい。これからは文理融合の時代だ 」 などという人がいる。

たしかに、理系・文系という言葉は軋轢を生む場合がある。

しかし、言葉をなくせというのは本末転倒である。

これは 「 火山の噴火口を埋めれば火山がなくなる 」 などといっているようなものである。

あるいは 「 国境をなくせば戦争がなくなる 」 などといっているようなものである。

言葉そのものに憤っても意味がない。

むしろ、これは 『 逆差別 』 を生んでいて、問題を悪化させている。

その言葉をどのような文脈で用いているかが重要である。

この視点をもたない人は、ネット上の断片的な情報を一方的に解釈して理不尽なコメントを書いたりする。

そもそも、国境は余計な争いをなくすために決められるものである。

むろん、国境を決めるための争いはあるが、国境によって争いが出ているわけではない。

つまり、「 争いをなくすために国境をなくそう 」 という主張は、原因と結果の混同である。

「 文理融合 」 という言葉も曖昧で厄介なものである。

意味をはっきりさせないままで、とりあえず文理融合という言葉を用いている人が多い。

これで 「 理系・文系という枠にとらわれない、視野の広い人材を育てる 」 というイメージを作り上げる。

むろん、理系と文系の知識をもっているにことは悪いことではない。

むろん、枠組みに捕らわれないことは重要だ。

しかし、両方に手を出せば両方とも中途半端に終わる傾向が出る。

いかにも何かすばらしい教育があるかのように演出する人がいるので厄介なものである。

文理融合という言葉をやたらと用いる人は、この言葉がもつ曖昧な全能感に酔っているだけであろう。

ちなみに、「 理工学 」 という言葉は 「 理学と工学の融合 」 という意味をもつ。

しかし、大学の理工学部がそれを実現しているかというと、そうでもない。

実際には理学と工学が併設されているだけであったり、事実上の工学部であったりする。

文理融合という言葉も、同じような末路を辿るのではないだろうか。

「 差別をなくすことは不可能だ 」 などという人がいる。

たしかに、心に根付いた差別を消すことは本人でも難しい。

自分の趣向を自由に変更できる人間がいるとは思えない。

自分の趣向を自由自在に変更できるとしたら、それは人間ではない。

それと同じで、心に根付いた差別を消すことは難しい。

仮に、本人が全面的にこれを消そうとしてもできないことが多い。

しかし、そもそも、心から差別を消す必要はない。

差別は次の世代に伝えないようにすれば十分である。

つまり、口や態度に出さなければ十分である。

精神内部の差別を消せないことを理由に口による差別を正当化することは不適切である。

「 みんな言ってるよ? 」

「 知らないと恥をかくよ 」

「 誰も教えないみたいだから教えてあげるけど、あなた、周囲から笑われているわよ? 」

「 これぐらい常識だろ 」

「 教養として知っておくべき 」

・・・などという人がいる。

いずれの主張にも根拠がない。

上記の類の主張を繰り返す人は、社会通念をコピーしているだけで中身が空の人間である。

周囲をキョロキョロを見まわして自分の意見を作る。

だから、根拠を述べるより先に、周りの目を基準にして主張を作り上げる。

自分で自分の主張を作るだけの技能がないだけ。

ただし、自分を周囲と同化させているので、自信だけは大きい。

政治家や一般書にもよくある。

言葉は上品だし、知識もあるが、いつもどこかで聞いたような言葉ばかりを並べる。

よくあるのは、『 歴史的事実 』 と 『 偉人の言葉 』 を並べて、自分の感想を少し添える方法。

この方法は人気を集めることに特化している。

この方法は政治家や一般書に多い。

だから、この類の人たちが実際にトップに立つことでつくる政策は派手な割に中身がない。

「 なぜ経済学はあれほど難しい理論をつかっているのに経済予測ができないのか 」

「 経済学は無駄なのではないか 」

・・・などという人がいる。

少なくとも、現在(2017年)の経済予想は、生物学者が競馬の予想をやるようなものである。

馬の生態に関する研究をやっていようと、馬の遺伝子を研究していようと、競馬は予想できない。

しかし、競馬の予想ができないからといって、生物学が無駄ということにはならないだろう。

どんなに予想したところで、馬が体調を崩せば終わりである。

「 数学つまらない 」 と感じる人は多いようだ。

人には好き嫌いがあるので仕方ないかもしれない。

しかし、そもそも、楽しもうとしていない人がいることは問題であるように思える。

むろん、楽しもうとして楽しめれば苦労はしない。

しかし、楽しもうとしなければ、本来は気付けるはずのことにさえ気付けなくなる。