雑記(何か色々)

サイトのTOP→理系インデックス
雑記のTOP→雑記インデックス





夜に眠れないときは羊を数えるとよい。

むろん、この方法は誰でも知っていることなのだ。

しかし、それゆえに、その有用性が見落とされているようにも思える。

普通、100匹ほど数えると眠気は増加する。

300匹数え終わるということは滅多にないだろう。

不眠に関する悩みは色々な場面でよく聞くのだが・・・。

実はこれらの問題は羊を数えるだけで解決するのではないだろうか。

むろん、世の中には本当に深刻な病気としての不眠もあると思われる。

そういう人たちに向かって 「 そんなのは羊を数えれば解決するんだ 」 というつもりはない。

腹を下しやすいという人は割といるようだ。

テレビを観ていると下痢止めの CM がよく流れるから、やはり悩んでいる人は多いのだろう。

そして、その人は、それを生まれつきで仕方ないと考えているかもしれない。

しかし、案外、それは生活習慣を少し変えるだけで解消するかもしれない。

例えば、次のルールを守ることが重要。

(1) 食事中に飲む水は、コップ半分程度に抑える。

(2) 夜に腹が冷えないように、暖かくして寝る。

(3) 朝に冷たいものを飲むのではなく、なるべく暖かいものを飲む。

(4) 冷たいものを飲むときは、少し口の中で温めてから飲む。

(5) 眠る前3時間以内に食事をしない。

食事中に水を飲むと消化液が薄まるのでよくない。

夜の食事は消化器官にとって大きな負担となる。

日本人は痔になる人が多いようだ。

非常に基本的だが、安物のトイレットペーパーをつかっているとよくないだろう。

ただ、案外、本人はそれに気付きにくいかもしれない。

やはり、単なる紙で傷めるはずがないと考えるのだろう。

いままでは家族と暮らしていて、良いトイレットペーパーをつかっていたが、

1人暮らしをするようになって安物のトイレットペーパーをつかうようになり、

それを使い続けて無意識のうちに傷める、というのはありそうだ。

このようなつまらないことが原因で痔になる人は割と多いのではないかと少し思う。

冬場乾燥して喉の奥が痛むという人はいるようだ。

あるいは、顔が乾燥して困る人がいるようだ。

その場合は、マスクを付けるとよい。

マスクは風邪の感染を防ぐ効果だけが注目されがちだが、保湿効果も高い。

ちなみに、寝ているときに喉の奥を傷めるという人もいるようだ。

その場合も、気にならないようであれば、マスクを付けたまま寝るというのもアリだろう。

ところで、世間には加湿器というものがある。

あれでも、乾燥を防ぐことはできるだろう。

しかし、清潔に使用しないと、内部でカビが繁殖してばらまく可能性がある。

歯磨きをするときに歯茎から血が出る人はいるようだ。

これを 「 体質だから仕方ない 」 と考える人もいるかもしれない。

しかし、歯茎から血が出る原因には、歯と歯肉の隙間に菌が繁殖していることにも原因がある。

よって、これは歯磨きの仕方を改善することで治せる。

正しい歯磨きの仕方は意外と知られていない。

歯磨きは細かく振動させるようにして磨くことが重要である。

また、やり方に囚われず、本当に磨けているか否かを意識することが重要である。

パソコンを見ていると目が疲れるという人は多いようだ。

TVの CM では、疲れ目に効く薬などが紹介されている。

CMに出るということは、かなり多くの人が悩んでいるのであろう。

最近はパソコン用のメガネも出ているようだ。

このメガネはとくに青色系の光を遮断してくれるので、目の負担を減らすらしい。

しかし、そもそも、画面の輝度を調節したことがない人が多いのでは?

画面の輝度は簡単に調節できる。

調節の仕方は端末の種類に依存するから、これは自分で調べるとよいだろう。

ちなみに、普通、パソコンはキーボードのキーで調節できるはず。

私の場合、初期設定は、どうやら明るすぎたようだ。

画面の光を暗くしたら、目の負担が一気に減少した。

ただし、画面を暗くしていると、それはそれで疲れることもある。

その場合は、再び明るくする。

もしかすると、最適な輝度というものはないのかもしれない。

だから、目の状態に合わせて輝度を調節することがよいのかもしれない。

パソコンの故障は12月に多い。

例えば、冬場に冷えた部屋にパソコンが置かれているとする。

で、朝に起きて、部屋に暖房を入れ、パソコンのスイッチを入れるとする。

すると、パソコンは外部と内部の両方から急激に温められる。

これでパソコンの部品が膨張し、精密な部分が壊れる。

なので、パソコンを大切に使いたい場合は、寒暖差に気を付けることが重要。

あと、排熱口に物を置いたり、壁に付けたりすると、パソコンに負荷がかかる。

なので、これも避けるべきである。

冷蔵庫なども同様である。

冷蔵庫の排熱口を壁に付けると、熱が排出されないので冷蔵庫に負荷がかかる。

ちなみに、プリンタの修理依頼も12月に多いらしい。

どうやら、年賀状をプリントしようとして、プリンタのインクが詰まっていることに気付くらしい。

プリンタは長期間使用しないと、インクが乾燥して詰まってしまう。

だから、プリンタは月に1回程度は使用した方がよい。

むろん、プリンタにはクリーニング機能も付いている。

しかし、あまりにも長期間に使用していないと、なかなか治らない。

ホコリが溜まるところに紙を敷くと、1秒で掃除が終わる。

例えば、玄関、出窓、本棚の上など、普段はほとんど使用しない場所があるとする。

ここに、紙を敷いておくのである。

すると、年末、あるいは客が来るときなどに紙を取り除くだけで掃除が終了する。

仲間想いというのは、仲間とそうでない人の境界を明確にするということ。

つまり、仲間想いとは、仲間外れを作ることである。

「 あなたの悩みは何ですか? 」

この内容でアンケートをとると 『 対人関係 』 が1位となる。

つまり、対人関係で悩んでいるのはあなただけではないということだ。

そう考えると、少しは気が楽になるかもしれない。

対人関係というと、職場や学校だけでなく、家族も含まれる。

とくに、家族の場合には距離を大きくすることも難しいので辛い。

意外に知られていないようだが、都会は基本的に左側通行である。

実際、都会で人通りの多いところに行けば、人の流れはほぼ確実に左側通行になっている。

明文化されたルールではないが、自動車が左通行であることに由来しているのだろう。

物事を成し遂げたいときには、まず 『 不確定要素 』 を解明することが重要であるかもしれない。

つまり、最初は色々な物事を広く調べた方がよい。

ただし、つねに色々な物事を浅く調べるだけでは、横方向の不確定要素が減るだけである。

つまり、縦方向の不確定要素が残る。

よって、横方向の不確定要素をある程度だけ解明したら、次は縦方向を調べるとよい。

SNS上で悪口を言われることはあるかもしれない。

そのようなコメントに対して言い返す必要はない。

なぜなら、他人の悪口を言う人は、全体的に視れば、周囲から嫌われるからである。

そういう類の人は、長期的に視れば、勝手に自滅するので放置しておくとよい。

例えば、ある人が高校生に向かって、

「 高校生はもう大人なんだから、願書くらい自分で出しなさい 」

・・・と言ったとする。

割と多くの人は、上記の主張を正当だと考えるかもしれない。

しかし、私はそうは思わない。

上記の主張は、単なる常識の押しつけである。

とくに、他者の行動に干渉する場合、あらゆる主張は根拠をもつべきである。

根拠なしに誰かの主張に従う道理はない。

なぜなら、人と人は対等であるべきだからである。

つまり、根拠なしの主張は、根拠なしに弾き返してよい。

ただし、私は、高校生が自分で願書を出すことをオススメする。

なぜなら、願書を出すことには次のような利点があるからである。

(1) 気分転換

(2) 社会経験

(3) モチベーションの向上

とくに、(3)は大きいかもしれない。

やはり、自分で願書を出すと、自分がそこを受験することを実感できる。

ただし、人には色々な状況がある。

例えば、どうにも精神的に余裕がないという人もいるであろう。

そういう場合は親に任せることも手であろう。

主張とは、このようにあるべきである。

一方、

「 高校生になったんだからさぁ〜 」

「 男のくせにさぁ〜 」

「 女なんだからさぁ〜 」

・・・などのように、根拠なく相手を自分の常識に引きずり込む方法は強引である。

もし、この類の言葉を掛けられたら、こちらは 「 私はそうは思いません 」 と返すだけでよい。

人によってはしつこく繰り返してきたり、「 周りの人も同じ考えだ 」 などと迫ってくることもある。

その場合も 「 私はそうは思いません 」 と繰り返すだけでよい。

根拠のない主張はすべてこれで弾き返してよい。

こちらが 「 私はそうは思いません 」 と返しても繰り返し迫って来る人がいる。

例えば 「 周りもそう言ってるよ? 」、「 みんな言ってるよ? 」 という人がいる。

こういう人を前にすると、アリ地獄に引きずり込まれるような感覚をもつかもしれない。

しかし、これらの言葉は何も説明になっていない。

ゆえに、こちらは 「 私はそうは思いません 」 と返すだけでよい。

繰り返し迫られると 「 しつこい 」 と言い返してしまいたくなるものである。

しかし、それは相手が掴みかかる要素を広げているようなものである。

相手の攻撃から身を守るときには最小限で返した方がよい。

親が子を叱る場合について考えてみよう。

このとき、「 当該の問題と関係ない事柄 」 まで持ち出して叱る親がいるものである。

例えば、最初は 「 家具を粗雑に扱ったこと 」 を叱っていたのに、気付けば日頃の不勉強を叱る。

これは不適切である。

叱るのであれば、いまそこで起きた問題を指摘するべきであって、それ以外を上乗せするべきではない。

調子に乗って当該と関係のない事柄を叱ることは不適切である。