雑記(科学が机上の空論と誤解される理由)

サイトのTOP→理系インデックス
雑記のTOP→雑記インデックス





よく言われるように、科学は仮定を基にして作られている。

ゆえに、「 あ、科学ってけっこういい加減なんですね 」 という誤解が生まれやすい。

『 科学の仮定(要請) 』 と 『 日常生活の仮定 』 は意味が正反対である。

ところが、同じように 『 仮定 』 と呼ばれるので、世間ではこれが混同される。

例えば、熱力学は、要請に基づいて構築されている。

要請は、多くの実験的事実によって裏付けられたものが採用される。

一方、日常で仮定というと、「 もしも宝クジが当たったら 」 という程度の話でしかない。

意味が正反対である。

残念ながら、世間的には要請を支える多くの実験が行われていることは知られていない。

なので、熱力学が、

「 永久機関は存在しません 」

・・・と主張すると、

「 冗談じゃない。なんで試してもいないのに分かるんだ 」

「 科学者は机上の理論だけで全てを分かったつもりになっている 」

・・・ということになる。

科学が机上の空論と呼ばれる原因の多くはこの辺りにあるのかもしれない。

「 試していない 」 のではない。

散々に 「 試した後 」 である。

上で述べたように、永久機関の否定は要請に基づく。

その意味で、永久機関の否定は経験則であるともいえる。

ただし、これは他の同値な条件に言い換えることも可能で、

それがまた多くの実験的事実によって支えられている。

経験則というと頼りなく思えるかもしれないが、実際はこの上なく確かな理論である。

というより、これ以上のものはないであろう。

一方、日常的に経験則というと、

「 2度あることは3度ある 」

・・・という程度の意味になってしまう。

なので、ここでまた誤解が生じる。

既に知られている要請が、さらに掘り起こされた要請から導かれる可能性もある。

例えば、永久機関の否定は、マクロ系の要請から導かれるものであるが、

ミクロ系(量子力学など)から導かれるようになる可能性もある。

科学は1つ1つの論理的だが、底の部分は割と柔軟に変化する。

だから、科学が絶対かつ不確かであるとも言われる。

まるで、生きた積み木のように、剛直性と柔軟性を両方もっているのである。

残念ながら、世間的には科学の絶対性は色々なものと混同される。

例えば、システムの安定性、医療の安全性、1人の研究者の主張、などと混同されてしまう。

色々なものが混同された挙句に、正しいか・正しくないか、という1次元的な議論になる。

むろん、上記の話は 「 科学者のいうことは正しい 」 という意味ではない。

メディアには胡散臭い科学者が何人も登場する。

例えば、私個人としては、東大の教員で詐欺師同然としか思えない教員もいる。