雑記(血液型性格分類〜その1)

サイトのTOP→理系インデックス
雑記のTOP→雑記インデックス







私は血液型性格分類を信じません。

これについて主張したい点が4つあります。

まず、1つ目の主張です。

血液型性格分類が正しいとしましょう。

血液型はA型、B型、O型、AB型の4種類です。

もっと細かい分類も可能ですが、血液型性格分類はこの4つのタイプだけで性格を分類しています。

すると、人間の性格はたったの4つだけということになります。

しかしながら、人間の性格は千差万別であり、とても4つだけに収まるものではありません。



Aさんの主張だけでは血液型性格分類を否定する根拠にはならないと思います。

私の場合、血液型性格分類というのはあくまで傾向を述べたものだと考えています。

人間の性格が4つしかないという意味ではありません。



なるほど。

では、2つ目の疑問点について述べます。

Bさんは血液型が何によって決められるかご存知でしょうか?



血液型は赤血球の糖鎖によって決められます。



そうです。

しかし、糖鎖が人間の性格に影響を与えるというのはおかしいのではないでしょうか?

たかが糖鎖で人間の性格が決定されるというのは不自然に思えます。



あり得ないとは言い切れないと思います。

実際、糖鎖は生命現象や免疫系と深く関連していることが知られています。

よって、糖鎖が性格に影響を与える可能性は否定できないと思います。

それに、私は糖鎖が性格に影響を与えるとは考えていません。



どういうことでしょうか?

Bさんは血液型と性格の間に相関関係があることを信じているのですよね?



相関関係があることは信じています。

しかし、糖鎖が性格に影響を与えたのではないかもしれません。

何らかの原因があって、その原因が糖鎖を決定し、性格も決定しているのかもしれません。



なるほど、相関関係と因果関係は別物ということですね。

たしかに、それはその通りだと思います。

では、3つ目の疑問点について述べます。

いま、血液型性格分類が正しいとします。

すると、血液型以外の要素は性格には影響しないということになります。

これは奇妙なことではないでしょうか?



どういうことでしょうか?



性格を決める要素は他にもたくさんあるはずです。

例えば、生活環境は性格に影響を与えるはずです。

家庭環境、住んでいる地域の雰囲気、友達などです。

仮に、血液型と性格の間に相関関係があるとしても、他の要素が複雑に絡むはずです。

結果的には、血液型と性格の間の相関関係は視えなくなってしまうはずです。

逆に言えば、血液型と性格の間の相関関係を認めるということは、

それ以外の要素は絡まないと主張しているようなものです。

つまり、家庭環境、住んでいる地域の雰囲気、友達、これらは本人の性格に関係しないことになります。

これは奇妙ではないでしょうか?



なるほど、たしかに興味深い話だと思います。

けれど、どうでしょう?

Aさんは奇妙なことだと仰っていますが、私にはそうは思いません。



生活環境は本人の性格に関係しないということですか?



たしかに、それらは細部では影響するかもしれません。

しかし、几帳面、大雑把、という性格はちょっとやそっとでは変わらないと思います。



なるほど。

では、4つ目の疑問点について述べます。

性格の分類が極めて難しいことについて指摘したいと思います。

例えば、几帳面であるという性格を考えるとします。

しかし、ある人の性格が几帳面であるか否かなど、どのように決定すればよいのでしょう?

ノートはやたらと綺麗に書くのに、約束の時間を破る人は普通にいます。

この人は几帳面なのでしょうか?違うのでしょうか?

大雑把な性格だと思っていた人間がやたらと細かいことを気にすることは普通にあります。

どちらが本性なのでしょう?

このように、人の性格は普通は多面的であり、一面を決めることなどできません。

このような状況下で 「 あなたの性格は○○である 」 などと、決めることはできないでしょう。



なるほど、たしかに、人の性格は多面的です。

しかし、性格を決めることができないとまで言えるでしょうか?

Aさん自身も相手の性格を判断することがあるでしょう?

この人は大雑把だなぁとか、この人は神経質だなぁ、と感じることがあると思います。

そういう人間の直観で感じとれるものはあると思います。

これは理屈だけでは説明ができないものです。



たしかに、世の中には理屈だけでは説明できないものがあります。

しかし、直観はあくまで直観であって、正しいという証拠にはなりません。

事実、人間は目の前の人間に対してでさえ誤解をすることが多くあります。

逆に、相手から誤解されることも多々あります。

だからこそ、人付き合いは難しいし、みんな苦労しているわけです。

自分の親にさえ、理解されていないと感じる人は多くいるでしょう。

生まれたときから一緒にいる人間でさえそうなのです。

そのような中で、「 自分は相手の性格が分かる 」 などと主張するのは傲慢ではないでしょうか。

実際、私には、長年付き合いのある人間でさえ、その人が几帳面なのか大雑把なのか判断できません。



Aさん自身ができなかったとしても、それができるという人がいても不思議ではないと思います。