雑記(血液型性格分類〜その2)

サイトのTOP→理系インデックス
雑記のTOP→雑記インデックス







私は血液型性格分類を信じています。

これについて主張したい点が4つあります。

まず、1つ目の主張です。

私は相手の性格のことは大体把握できます。

それに、相手の血液型を何度も当ててきました。



それは 『 確証バイアス 』 である可能性があります。

確証バイアスとは、自分の都合のよい情報だけを集めてしまう心理効果のことです。

例えば、相手の血液型を外したときのことは忘れてしまい、当てたときのことだけを記憶してしまう。

結果、自分は相手の性格から血液型を判定できるという先入観を補強してしまうというわけです。

だから、Bさんの主張は認められません。



しかし、それだけでは説明できないと思うのです。

それほど、私は血液型と性格の間に強い相関関係を見てきました。



繰り返しになりますが、それは確証バイアスの影響である可能性が大きいと思われます。



いいえ、それを考慮しても説明できないほど、強い相関関係があると思います。



では、具体的にどのくらい的中するのでしょうか?



概ね半分以上は当てることができます。



「 概ね半分以上 」 という表現はあまりにも曖昧です。

せめて、統計的なデータを出すべきでしょう。



統計的なデータはありません。

しかし、経験上、かなりの確率で当てていると確信しています。


「 概ね半分以上 」 とか 「 かなり 」 という言い方はあまりにも曖昧です。

それでは確証バイアスに対する反論にはなりません。



では、私が実際に統計をとれば信じてもらえるということでしょうか?



それでも信じるわけにはいきません。



どちらにしても信じないのですか。



最低限、統計的なデータを出すべきだと述べただけです。

データを出せば信じるとは言っていません。


なぜ、私が実際に統計をとっても信じてもらえないのでしょうか?



なぜなら、私の立場から、Bさんの用意したデータの正当性を確認する手順がないからです。

仮にBさんが嘘をついたとしたら、私にはそれを見破る手段がありません。



それでは、あなたは何なら信じるというのでしょう?

あなたは私のデータが嘘であるかもしれないと言いますが、それは他の統計も同じでしょう?

例えば、ある研究機関が何らかの統計をとったとします。

その研究機関が嘘の統計情報を入れたとします。

これを見抜くことはできないでしょう?



いえ、できます。

他の研究機関が同じ実験を行えばよいのです。

同じ結果が得られるならば、元の実験は信用できるということになります。

同じ結果が得られないならば、元の実験は信用できないということになります。

これを 『 再現性の確認 』 といいます。



同じ実験ができない場合はどうするのですか?



同じ実験が不可能であっても、全く検証できないということはないはずです。

例えば、類似する実験をいくつか行うことによって正当性を検証することが可能です。



しかし、実際にAさんがこの研究機関の実験を行うことができません。

それはできないことと同じではありませんか?



たしかに、私個人がその研究を確認することはできません。

論文を確認しても、元のデータが嘘であることは見破れないからです。

だから、捏造の論文が学術雑誌に掲載されることもあります。

審査員も元のデータの嘘までは見抜けないからです。

しかし、他の研究機関が同じ実験をして再現性を確認することができます。

一方、他の研究機関がBさんの統計の再現性を確認することは原理的に不可能です。

『 確認が難しいこと 』 と 『 そもそも確認する手順がないこと 』 は区別されるべきです。

基本的に、科学は 『 再現性が得られないもの 』 は認めません。

とくに、心霊現象などは再現性の確認がそもそも不可能なので認められません。

科学とは何か、ということは難しいテーマですが、1つの立場として、

「 科学とは再現性のあるものを認めていく学問である 」

・・・と言えるでしょう。



科学では再現性のあるものしか認めないのですね。

逆に言えば、科学では再現性が得られない現象を見落とす可能性があるのではないでしょうか?

それは科学の可能性を狭めることになりませんか?



たしかに、何かを見落とす可能性はあるかもしれません。

しかし、最も確からしい方法であることも事実です。

逆に、再現性のないものを認めるとするならば、そこにはつねにニセモノが入り込む余地があります。

それはとても危険なことです。



しかし、実際に私は血液型と性格の相関関係を見てきたのです。



たとえ、Bさんが 『 本当 』 に相手の性格から血液型を見抜けるのだとしても証拠にはなりません。

証拠とは、誰にでも確認できるものでなければならないからです。



証拠が誰にでも確認できるものでなければならないのなら、アインシュタインの相対性理論も認められません。



アインシュタインの相対性理論は論文として示されています。



しかし、私にはアインシュタインの相対性理論は分かりません。

アインシュタインの相対性理論を確認する手続きは誰にでも用意されているのでしょうか?

例えば、相対性理論に関する書物は売られていますが、

ああいった本を読めば誰でも相対性理論を理解できるのでしょうか?



いえ、それは難しいと思います。

仮に、理工図書によくあるような相対性理論を読んでも、

アインシュタインの主張までを的確に深く理解することは困難です。

私も相対性理論については詳しくありません。



結局、相対性理論は一部の人にしか理解できないということです。

これは心霊現象と同じではないでしょうか。

いや、むしろ、相対性理論を確認した人よりも幽霊を確認した人の方が多いのでは?



たしかに、相対性理論も心霊現象も一部の人しか確認していません。

しかし、相対性理論は既に 『 実証 』 されています。

他の分野にも応用されています。

このような状況下で、相対性理論と心霊現象を同列に扱うことは適切ではありません。



なるほど。

では、私の2つ目の主張を述べます。

私以外にも血液型性格分類を信じる人は多くいます。

各種ネット上のアンケートなどを参照すると、血液型性格分類を信じる人の割合は50%を占めます。



ネット上のアンケートというものは、正式な統計調査ではありません。

また、『 信じる人 』 というカテゴリも大きすぎます。

絶対に正しいと信じている人、どちらかというと信じている人、どちらともいえない、のように、

分類を変化させることで割合は大きく変化するはずです。

しかし、いくつかのネット上のアンケートを参照すると、信じる人と信じない人の割合は半々のようです。

ここでは信じる人と信じない人の割合は半々であることを認めることにします。



ということは、かなり大勢の人が血液型性格分類を信じています。

これだけ大勢の人が信じているのですから、やはり血液型性格分類は正しいのではないでしょうか?



しかし、信じない人も多くいるのですから、その意見は受け入れられないと思います。



なるほど。

では、3つ目の主張を述べます。

実は、血液型と職業を関連付けるデータは多く見つかっています。

例えば、弁護士ではA型が最多で60%を占め、B型が33%を占めます。

日本ではA型が40%、B型が20%、O型が30%、AB型が10%です。

つまり、弁護士にはA型やB型が多いということになります。

その他、大物芸能人にはB型が多い、大物女優にはA型が多い、などなどです。



そもそもそれらのデータに対する信用性がありません。

例えば、『 国が行った統計調査 』 と 『 ネット上にある統計調査 』 を同列に扱ってはなりません。

しかし、それを差し置いてもなお、Bさんの主張は血液型と性格の関係を示す証拠にはなりません。



それはなぜですか?



Bさんのデータに見られる分布の偏りはただの偶然である可能性があるからです。



都合の悪いデータを偶然で済ませるのはズルイのではないでしょうか?



いえ、この辺りはよく誤解が生じるところです。

実は、偶然は必然的に見出すことができます。

もう少し正確に答えるならば、これは 「 統計的なバラツキ 」 である可能性があるということです。

いま、テーブル上の領域を4等分して区切るとします。

それぞれの領域を A、B、C、D とします。

それぞれの領域に100個のサイコロを転がすとします。

つまり、400個のサイコロをテーブルの上に転がします。

このとき、領域 A、B、C、D に転がされたサイコロの出目にはバラツキが生じます。

領域 A において、出目が1であるサイコロの数は B、C、D に比べて多いかもしれません。

では、『 領域A 』 と 『 サイコロの出目1 』 の間に相関関係はあるのでしょうか?

あるはずがありません。

一般に、このようなバラツキは生じます。

バラツキは必ず生じるのですから、バラツキがあることだけに注目しても意味がありません。

重要なのは、そのバラツキが統計的にどれだけの意味をもつかということです。

そして、この判定を行うためには、確率・統計についてそれなりの知識が必要です。

統計結果が本当に有用なものであるか否かの判定は慎重にならなければなりません。

例えば 『 バースデー問題 』 のように、確率は人間の直感から大きく外れることがあります。

「 自分だけは確率・統計の知識がなくても物事を正しく判断できる 」 という考え方は非常に危険です。



なるほど。

では、少し内容は似ていますが、4つ目の主張に入ります。

過去に血液型と性格の相関関係を示す論文が出ているそうです。

例えば、1900年代前半のヨーロッパでは血液型と性格の相関関係を示す論文が提出されたそうです。



その論文は認められません。



なぜですか?

Aさんはそれらの論文を確認したのですか?



いえ、確認していません。



では、なぜ認めようとしないのですか?

今回のはネット上のアンケートではありません。

論文ですよ?



論文にも種類があります。

信用できない論文とそうでない論文があるのです。

また、論文を掲載する学術雑誌も色々です。

権威がある学術雑誌もあれば、オカルトばかりを取り扱う学術雑誌もあります。



しかし、Aさんは論文を実際に確認したわけではないのですよね?

論文を実際に確認したわけでもないのに、それらの論文が間違っていると主張できるのですか?



できます。

もしそれらの論文が正当なものであれば、科学界が注目するからです。

ところが、注目されていない。

とくに、日本の場合には、世界でも類が見られないほど血液型性格分類に関心が集まっています。

それにも関わらず、相関性を示すデータがありません。

過去にあったとされる論文が注目されていないということは、

それらの論文には十分な証拠が示されていないということです。



論文は正当であったのにも関わらず弾かれてしまっている可能性はあると思います。

実際、過去にもそのような例はありました。

例えば、アインシュタインの相対性理論は最初から科学界に受け入れられたわけではないと聞きます。

メンデルの遺伝の法則も50年間も見落とされていました。

カントールの集合論は多くの数学者によって批判されました。



たしかに、正当な論文が認められなかったことは過去にあります。

しかし、アインシュタインの相対性理論はしばらく後に実証されて広く認められます。

カントールの集合論も同様です。

メンデルの法則はたしかに50年も間が空いてしまいましたが、

あれはメンデルがマイナーな学術雑誌に投稿したせいであると聞いています。

あと、メンデルの法則は1800年代で、さすがに古すぎます。

いずれにしても、最終的に認められているということです。

一方、血液型性格分類は100年も経過しているのに有用な証拠が1つもありません。



しかし、長年かけて科学的証拠が見つからなかったからといって、

それだけで科学界の主張が正しいというのには抵抗があります。

科学界が認めたものは正しい。

科学界が認めなかったものは正しくない。

これは一種の宗教のように思えます。



科学界は根拠なく何かを認めたり認めなかったりするわけではありません。

そこには 『 再現性を確認する 』 という明確な手続きがあります。

論文に十分な証拠が示されているのに、それを誰も認めなかったなどということは起こりえません。

むろん、注目されていない論文ならば一時期の間だけ見過ごされることもあると思います。

しかし、100年も経過しているのです。

しかも、血液型性格分類については世間一般の関心はかなり大きいといえます。



科学界といっても、結局は人間の集団です。

それならば、自分たちの都合の悪いデータから目を逸らし続けるということもあるのではないでしょうか?



血液型性格分類が正しかったとして、科学にとって都合の悪い情報にはなりません。

もし、相関関係があるのだとしたら、それは新しい発見です。

むしろ、これを立証すれば大発見です。

もし血液型性格分類が正しいならば、人間の性格を決定付ける因子を見つけたことになります。

あるいは、その因子の手がかりとなる重要なカギを発見したことになります。

生物学上の大発見です。

100年も経過している、注目もされている、見つければ大発見。

なのに、科学界が手を組んで隠しているなどというのはあまりにも不自然です。

動機も何も説明が付きません。

これは極端な陰謀論を信じるのと同じです。