雑記(血液型性格分類〜その3)

サイトのTOP→理系インデックス
雑記のTOP→雑記インデックス







既に議論したように、血液型性格分類に関する証拠は何もありません。

だから、私は血液型性格分類は正しくないと思います。



しかし、まだ証拠が見つかっていないだけかもしれません。

先の議論にあったように、性格を科学的に検証することは難しいです。

いま知っている知識だけで関係ないと断言してしまうことの方が非科学的でしょう。



既に議論したように、100年が経過しています。

このような状況で、さらに将来的に何かが出てくる可能性は小さいと思います。



既に述べた通り、私自身は血液型性格分類は観測できています。

他者には正当性を証明することはできませんが、自分の正当性は信じています。

なので、私は血液型性格分類を信じます。



いえ、Bさん自身が自分の統計を信じることも不適切であると思います。



何を信じるかは私の自由のはずです。

少なくとも、私だけはその統計の正しさを知っているのですから。


たしかに、信じるのは自由です。

ただし、たとえBさんの統計に嘘が混ざっていないとしても、Bさんの統計は証拠になりません。

よく知られているように、既に日本には血液型性格分類に関する風潮は広まってしまっています。

なので、そのような風潮が本人の性格の形成に関わっている可能性があります。

血液型と性格の間の相関関係を示すデータが得られたとしても、

このような風潮が影響を与えている可能性を排除しない限り、証拠にはなりません。

これを排除するためには、日本と海外のデータを比較するなどの工夫が必要です。


Aさんは血液型性格分類は正しくないと考えているのですね。

何か論文や証拠はあるのですか?



血液型と性格の相関関係がないとする論文は既にあります。



しかし、私たちはその論文の再現性を確認することができません。



そうですね。なので、ここではこれについては議論しないことにします。



では、Aさんは血液型性格分類を否定する証拠をもっているということですか?



もっていません。



証拠もないのに、血液型性格分類を否定することはできないと思います。



いえ、証拠がなくても否定できます。



証拠がなくても否定できる?

それはおかしいと思います。

その考え方は絶対におかしいです。



いえ、証拠がなくても否定できます。

既に議論したように、血液型性格分類を裏付ける証拠は1つもありません。

つまり、血液型性格分類とは、何の証拠も脈絡もない説ということになります。



証拠がなくても、血液型性格分類が間違っているということにはなりません。



いえ、なると思います。

例えるならば、血液型性格分類はトランプの神経衰弱でデタラメにカードを選ぶようなものです。

目を閉じて弓矢を放つようなものです。

このような状況下で 「 当たる 」 とか 「 当たるだろう 」 と表現するのは不自然です。

さらに言えば、一般に 「 ない 」 を証明することは困難です。

これは 『 悪魔の証明 』 と呼ばれます。

悪魔の証明とは、一般に 「 ない 」 を証明することは非常に困難であることを意味します。

悪魔が存在することを証明するためには、実際に悪魔を連れてこればいい。

それが簡単かどうかは分かりませんが、悪魔がいれば、少なくとも連れてこれば存在の証明になります。

一方、悪魔がいないことを証明するにはどうすればよいでしょうか。

これのためには銀河系の外から靴下の中まで全て調べなければなりません。

これは不可能です。

つまり、悪魔が存在するか否かに関わらず、存在の否定は不可能なのです。

それなのに、悪魔の証明を利用して、

「 血液型性格分類はあるかもしれないよ?だって否定できないでしょ?」

「 幽霊はあるかもしれないよ?だって否定できないでしょ?」

「 STAP細胞はあるかもしれないよ?だって否定できないでしょ?」

・・・などと色々な可能性を認めてよいのでしょうか?

そんなはずはありません。

完全な否定が困難であることを理由に、脈絡がないものを正しいと信じることは危険です。

長年の歴史をもって科学的根拠がない場合には 「 ない 」 と表現するに十分であると思います。



科学的根拠のあるものしか認めない世界は寂しい世界です。

そもそも、なぜ科学は答えを1つに決めようとするのでしょう?

世の中には答えが1つに決まらないものも多くあります。

科学だけで全てを決めてしまえば大切なものを失います。

科学者は全てを数字で決められると思っているのではないでしょうか?

何でも科学で説明しようとすれば人間性を失うことにつながると思います。

人の思考・感じ方は人それぞれです。

科学という一方向だけから物事を見るのではなく、多角的に捉えるべきではないでしょうか。



答えが1つに決まらない問題があることは事実です。

例えば、人はそれぞれ異なった思考・感じ方をもちます。

ところが、人は 「 他人も自分と同じように考えるはずだ 」 と考えがちです。

結果、相手の考えが自分と異なれば、「 おかしい 」 と評して相手を理解しようとすらしません。

これは人と人の間で問題を引き起こします。

真偽の決められない問題に無理矢理に真偽を押しつけるからでしょう。

『 人の価値観 』 に基づくものだけは真偽の決めようがないのです。

一方、血液型性格分類については、相関関係があるか否かを決めることができるはずです。

あるいは、どの程度の相関関係があるのか評価することができます。

つまり、血液型性格分類は真偽が決められる問題です。

このように、『 真偽が決められる問題 』 と 『 真偽が決められない問題 』 は区別されるべきです。

そして、基本的に、科学が対象としているのは真偽が決められる問題です。

答えが1つに定まらない問題に対して科学が無理に答えを押しつけているのではなくて、

答えが1つに定まる問題(あるいは評価できる問題)を科学が扱っているだけです。

そして、このような問題を真剣に探究することは極めて人間らしい活動と言えるでしょう。