雑記(大学についての基礎知識)

サイトのTOP→理系インデックス
雑記のTOP→雑記インデックス





『 理学 』 は真理の探究を目的とした分野を意味する。

『 工学 』 は理論を現実の問題に応用することを目的とした分野である。

ただし、あくまで目安なので、明確な区別があるわけではない。

ちなみに、「 理工学 」 という言葉は 「 理学と工学を総合的に扱う 」 という意味がある。

しかし、現在(2016年)の大学に設置されている理工学部は、実質的に工学部であることが多い。

あるいは、単に理学と工学の総称となっていることが多い。

自然科学は 『 理論系 』 と 『 実験系 』 に分かれる。

ただし、明確な区分があるわけではない。

理論と実験の中間に位置している研究者も普通にいる。

『 大学院 』 とは、大学の学部課程の上に設置されたものである。

大学院の過程としては、主に 『 修士課程(博士課程前期) 』 と 『 博士課程(博士課程後期) 』 がある。

大学と大学院で建物が分かれているとか、研究室が分かれているというわけではない。

大学から大学院に入る課程で別の大学に移る人もいる。

昔(1950年〜2000年)は大学院に入る学生は少なかった。

しかし、現在(2014年)では50%以上の人が大学院に進学している。

現在では(とくに理系方面において)大学院進学は普通のこととなっている。

『 学士 』・『 修士 』・『 博士 』 について説明する。

『 学士 』 とは、4年制の大学を卒業した者に授与される学位である。

『 修士(マスター) 』 とは、修士課程(博士課程前期)で、2年間の過程を終えたものに授与される学位である。

『 博士(ドクター) 』 とは、博士課程(博士課程後期)で、3年間の過程を終えたものに授与される学位である。

( こうして書くと大仰に見えるが、要するに学士を取得するというのは普通に大学を卒業することを意味する )

博士は 「 はくし 」 と読むのが正式であるらしい。

学士は英語で 『 Bachelor 』 というので、例えば大学2年生のことを 『 B2 』 と呼んだりする。

修士課程2年ならば 『 M2 』、博士課程2年ならば 『 D2 』 である。

博士課程の学生は将来的に教授職に就くことを希望している者が多いが、民間に就職する人も多い。

大学入学以降の進路を簡単にまとめてみよう。

まず、大学に入学したとする。

ここで4年間学び、学士を授与されて卒業となる。

このとき、就職する学生と大学院に進学する学生に分かれる。

大学院に進学した学生は大学院で2年間学び、修士を授与されて卒業となる。

このとき、就職する学生と大学院に残る学生に分かれる。

大学院に残った学生は大学院でさらに3年間学び、博士を授与される。

このとき、大学に残って研究を続ける学生と民間企業に就職する学生に分かれる。

大学に残って研究する場合、その人はポスドクか何らかの教員職に就くことになる。

現在(2016年)のところ、大学の夏休みは8月と9月の2ヵ月間というのが普通である。

ただし、大学・学部・学科・研究室などによってある程度のバラつきがある。

とくに、理系の場合、研究室によって夏休みの期間に差がある。

例えば、研究室によって、夏休み2ヵ月、2週間、休みなし、などの差がある。

大学院の入試問題は、普通に 「 大学院の名前、入試問題 」 で検索すれば手に入る。

ただし、問題の解答はあまり手に入らない。

そもそも、大学院の入試問題を解いても、あまり入試対策にはならない。

なぜなら、大学の学問の世界が広大だからである。

葉をかき集めても意味がなくて、幹の方を抑えなければならない。

研究を行っているのは大学だけではない。

民間企業には基礎研究所、研究開発本部などがある。

例えば、乳酸菌に関する商品を扱っている会社の背景には微生物を研究する研究機関がある。

ときどき、ある食品に関して新しい効能が発見されたというニュースが流れるであろう。

例えば、トマトに関する新しい効果が明らかになったというニュースが流れることがある。

それを発見した研究所を調べてみると、有名なケチャップのメーカーであったりする。

また、金融商品を扱っているところでは、背景に数学に関する研究機関などがある。

また、乳酸食品は商品開発に10年以上を要していることが普通であると思う。

世間的には商品がポンッと目の前に現れるので、あまり消費者はその背景を意識しないかもしれない。

『 博士研究員(ポストドクター)』 について説明する。

博士研究員(ポストドクター)は略して 『 ポスドク 』 と呼ばれることが多い。

『 ポスドク 』 とは、博士号(ドクター)取得後に任期制の職に就いている研究者を意味する用語である。

この名称は英語圏での略称である postdoc に由来している。

ポスドクは大学、研究所、企業などに常勤職を得る前に研究の腕を磨くためのポジションとされている。

ポスドクの職にあるのは、主に25歳〜35歳の人間である。

別の言い方をすると、ポスドクは任期付きポストである。

ゆえに、ポスドクはあくまで一定期間だけ在職することを前提としている傾向がある。

ポスドクの就職先としては民間企業、行政、財団などもあるが、大学の常勤教員ポストを希望する人が多い。

常勤教員ポストとしては教授、准教授、専任講師などがある。

博士号を取得した後の進路としては、主に次の3つが考えられる。

(1) 民間企業への就職

(2) ポスドク

(3) 助教、大学の講師

先にも述べたように、ポスドクは研究者としての実力をつけるための修行期間とされる。

基本的に研究の身に専念することができる立場である。

ゆえに、研究者としての実力をつけるためにはポスドクが適しているという見方がある。

若い段階で大学の講師や助教に就いてしまうと、講義、学生指導、雑務に時間を消費しなければならない。

それに比べると、ポスドクという立場は研究に専念できるという点で有利である。

1991年、国は大学院重点化を行った。

大学院重点化とは、大学院の設置を推進し、博士課程に進学する学生を増加させる政策のことである。

ところが、政府は学位取得者が社会で厚遇される仕組みを整備しないまま大学院重点化を推進した。

アメリカの場合には既に博士号などを重視する風潮がある。

実際、アメリカの年収を見てみると、博士号取得者の年収は他と比べて高く、失業率は低い。

( アメリカだけでなく、例えばドイツなどでも博士号は評価されている )

しかし、日本は大学院の数だけを海外に合わせてしまったのである。

これにより、日本では博士課程の進学者が需要よりも多くなってしまうという事態が発生した。

結果、大学院で何を教えるかという問題が放置されたまま大学院の数だけが増えた。

重点化後の大学院では、学位に見合う職を得られない学位取得者を大量に生み出した。

また、最近(2013年)では生命系(バイオ系、ライフサイエンス)の発展は目覚ましい。

この世間の勢いに連動して、大学には生命系の学部・学科が次々と設置されてしまった。

しかし、科学界全体から見ると、生命系研究者に対する需要が大きいわけではない。

これにより、生命系では需要以上に博士、ポスドクが量産されてしまった。

こうして生命系の学生の就職が難しくなり、いつまでも常勤職に就けない博士やポスドクが増えてしまった。

これを 『 ポスドク問題 』 という。

上で述べたように、ポスドク問題は生命系において主に発生している問題である。

ネット上で語られるポスドク問題も生命系である場合が多い。

しかし、閲覧者がそれを科学界全体のこととして誤解してしまう可能性がある。

修士課程に進学することは現在では普通になっている。

現在(2014年)、理系方面の修士卒の就職率は好調である。

一方、博士課程に進学するかどうかで悩む学生は多いかもしれない。

なぜならポスドク問題があるからである。

これに対しては先生や分野によって意見が分かれる。

研究者としての人生を歩む場合、博士号を取得しておくことは正しい戦略である。

ただし、学生は自らが進む博士課程の先にある状況をある程度は把握しておいた方がよい。

とくに、生命系の学生は注意しておいた方がよい。

学会には誰でも発表できる。

だから、学会にもオカルト研究者やトンデモ研究者は現れる。

「 学会で発表した 」 = 「 優れた研究者 」 ということにはならない。

この辺りを誤解している人は多いかもしれない。

ただし、むろん、学会で発表しようとすると、かなりの準備が必要である。

とくに、学生の段階で学会で発表することは大きな労力を伴う。

学会には誰でも発表できる。

しかし、学会が刊行している学術雑誌に論文を載せることは誰でもできるわけではない。

学術雑誌に論文を掲載するためには審査をクリアしなければならない。

有名な学術雑誌としては 『 Cell 』 『 Nature 』 『 Science 』 がある。

これらは3大学術雑誌として、まとめて 『 CNS 』 と呼ばれることもある。

ただし、学術雑誌の数は非常に多い。

CNSは海外の学術雑誌であるが、日本国内にも学術雑誌はある。

学術雑誌を 『 ジャーナル 』 と呼んだりもする。

審査は複数の審査員(レビュアー)によって査読される。

もしかしたら、

「 研究者ってその道の最先端を行く人でしょ?その研究者の論文をチェックするレビュアーは何者なの?」

・・・と思う人がいるかもしれない。

実は、レビュアーというのは同じ研究分野の他の研究者である。

研究者になって研究成果を発表し、その分野での第1人者になってくると、学会の方から査読の依頼がくる。

この査読の依頼を引き受ければその人はレビュアーとなる。

もしかしたら、

「 レビュアーが論文を理解できなかったり、評価が偏ることはないのだろうか?」

・・・と疑問に思う人がいるかもしれない。

そういったことが実際に生じる可能性はある。

ただし、審査は複数のレビュアーによって行われる。

このように、専門分野の近い複数の研究者によって審査を行う方法を 『 ピア・レビュー方式 』 という。

完全に公正なジャッジを下す仕組みはほぼ不可能であるが、いくつかのルールによって工夫されている。

ちなみに、よくある勘違いなのだが、査読の仕事に報酬は与えられない。

査読はボランティアである。

ただし、査読を行うことによって最先端の発表内容を他の人よりも早く知ることができるという利点もある。

このように、学会は会員相互の協力によって活動が成り立っている。

上では、

「 学術雑誌に論文を掲載するためには審査をクリアしなければならない 」

・・・と述べた。

しかし、実際には、学術雑誌にも色々な種類がある。

むろん、権威ある雑誌では厳しい審査を通らなければならない。

一方、審査なしで通るオカルト系雑誌もある。

研究室という組織について簡単に説明する。

研究室には教授1人を中心に、数人のスタッフ、複数の学生、ポスドクによって構成されている。

スタッフというのは、準教授、講師、助教、秘書などである。

学生としては、学部生、修士課程の学生、博士課程の学生が含まれる。

小さな研究室の場合、構成人数は10人に満たない。

大きな研究室の場合、構成人数が数十人にも及ぶ。

研究の大まかな方針は教授が決定する。

例えば、有機化学ならば何らかの有機化合物に注目することになる。

ただし、その有機化合物の何を研究するかについては個々の研究者・学生にある程度任される。

大きな研究室ではグループに分かれ、スタッフが学生を指導する。

小さな研究室では教授が直接的に学生を指導する。

ただし、最近の大学教授は非常に忙しいので、実験の手法を横で教えてくれるということはないと思う。

実際には、教授は監督責任者のような役割をもつ。

分からないことや難しいことは研究室の先輩などに聞くことになるであろう。

むろん、学科によってある程度は傾向が異なる。

主任研究者を PI という。

ただし、これは職種ではなくて、研究費を自分が中心になって獲得できる人のことを意味する。

例えば、助教は自分で科研費を申請できるので、普通は PI である。

ただし、助教の意味は日本と海外で少し異なる面がある。

海外の場合、助教(Assistant Professor)という立場はもっと高くて、

博士課程の学生を採用して独立したラボをもつことを意味する。

大学には 『 TA制度 』 がある。

TA とは、ティーチング・アシスタントの略である。

これは授業や教学活動をサポートする大学院学生を意味する。

主な仕事は、レポートの採点、演習授業における個別の質問に対する対応、実験方法の説明などである。

ただし、国や時代によって色々と種類があるようだ。

1088年、イタリアにボローニャ大学が設立された。

ボローニャ大学は世界で最初の大学であるとされる。

もともと、イタリアのボローニャにはイリネリウスのような著名な法学者が現れていた。

ゆえに、彼らに学ぼうとする学生がヨーロッパ全土から集まっていた。

しかし、学生たちは外から集まってきた移民であるから都市の保護対象ではなかった。

そこで、学生たちは自分たちの生活を守るために団体を組織した。

さらに、各団体から代表者が選出され、その代表者によって運営される組織を生み出した。

この組織が大学(ユニバーシティ)である。

これにより、学生と教師の関係は家族的なものから合理的な契約へと変化したらしい。

学生が払う聴講料は教師にとって重要な収入源である。

よって、教師は大学に雇われる立場となった。

しかし、教師団は学位授与権を所有していた。

これだけは教師という職業の性質から切り離すことはできなかったようである。

全国の大学生の人数は約300万人。

センター試験の受験者数は約50万人。

企業の自然科学の研究者は約50万人。

大学の自然科学の研究者は約5万人。

内訳は概ね次の通り。

化学 5000人

薬学 5000人

建築 6000人

生物 6000人

農林 8000人

数学・物理 10000人

電気・通信 15000人

つまり、各分野に5000人くらい。