雑記(定義、単純化、論点すり替え)

サイトのTOP→理系インデックス
雑記のTOP→雑記インデックス





A 「 コミュニケーション力とは、異なる分野の人と意見を交換する能力だと思います」

B 「 コミュニケーション力とは、自分と同じ趣味をもつ人を見つけ出して友達になることです 」

A 「 同じ考えをもった人と話すことは誰でもできる。それはコミュニケーション力とは言わないでしょう 」

B 「 深く心を共通できる友達を作ることが人生で最も大事。これが真のコミュニケーション力でしょう 」

なんと、同じ言葉について述べているのにも関わらず、A と B の考えは正反対である。

A の考えでは、コミュニケーション力とは 「 異なる考えをもつ人 」 と話す力を意味する。

B の考えでは、コミュニケーション力とは 「 同じ考えをもつ人 」 と話す力を意味する。

同じコミュニケーション力について考えているのにも関わらず、2つの意見は正反対である。

だから、A と B の意見は対立している。

しかし、本当に 『 正反対 』 なのだろうか?

A の主張は 『 異なる考えをもつ人 』 に対するものである。

B の主張は 『 同じ考えをもつ人 』 に対するものである。

しかし、本来、コミュニケーション力とは、対人関係全般を意味するはずである。

よって、この言葉は 『 異なる考えをもつ人 』 と 『 同じ考えをもつ人 』 を両方含んでいる考えるべきであろう。

この視点に立てば、A と B はコミュニケーション力という言葉に対して1つの側面に注目しているにすぎない。

それぞれ別の種類の人間に対するコミュニケーション力について話しているのである。

この状況で、どちらか一方の主張を真のコミュニケーション力とするのはおかしな話である。

つまり、A と B の主張は対立していなかったのである。

定義を理解しない人は、無意味な論争を永遠と繰り返す。

A 「 勉強が何の役に立つの? 」

B 「 勉強のために勉強していると思ってるの?その先にある、もっと大切なことのためでしょ 」

C 「 興味関心があるから勉強しているんだろう。何かのためにやっているのではない 」

おそらく、それぞれ 『 勉強 』 という言葉の意味が異なるのだろう。

B のいう勉強とは、英語などを意味するのかもしれない。

英語のために英語を学ぶ人はいないだろう。

海外の人と交流するために英語を学ぶのである。

C のいう勉強とは、例えば、科学の分野を意味するのだろう。

科学は、本来はそれ自身の興味によって学ぶのである。

勉強というと、人はまず自分の所属する分野、自分が関心をもっている分野を連想する。

つまり、各人が考えている勉強はバラバラである。

この状態で勉強の在り方について議論しても無意味である。

もし、十分な時間があるのであれば、まずは、

「 あなたのいう勉強とは何のことですか? 」

・・・などのように、相手の主張・定義を理解するところから始めるべきなのかもしれない。

ただし、現実にはそういう時間はあまりない。

A 「 有名大学の学生を対象に調査をしたところ、ピアノを習っている子が多いことが分かりました 」

B 「 ふーん、それで? 」

A 「 ピアノと成績には相関関係があるのかもしれませんね 」

B 「 そんなの疑似相関だろう 」

A 「 統計データから真の相関と疑似相関を見分けるなんて可能なのでしょうか 」

B 「 ピアノと家庭の収入には相関関係があるだろう。そして、家庭の収入と成績に相関があることは有名 」

A 「 だからといって、ピアノと成績に真の相関関係がないとは言い切れないでしょう 」

B 「 音を聴いて、手を動かすだけで脳が変わると思う?」

A 「 そもそも、グラフから疑似相関であるか否かを判定できますか?結局、それはあなたの直感でしょう 」

・・・という論争があった。

しかし、どうなのだろう。

この2人の意見は、対立しているのだろうか。

実は2人とも考えていることは同じなのではないか。

実際、現時点で考えられるのは次のことであろう。

(*1) ピアノと成績に相関関係が 『 全くない 』 とは言い切れない。

(*2) ただし、今回の結果には所得の格差も混ざっている。

(*3) なので、今回の結果だけではピアノと成績に相関関係があるかは分からない。

ただし、相関関係と言っても、強弱の問題があるだろう。

例えば、1点差なのか10点差なのか。

相関関係は 「 ある 」 が、ほとんど無関係ということもあり得る。

つまり、この問題は 『 0か1かの問題 』 ではない。

で、いまのところ、(*1)〜(*3)から言えることは、ほとんど何もない。

ところが、A と B は、それぞれの言葉で 「 ある・ない 」 を言い争っている。

A と B では 「 ある・ない 」 の定義が異なるから無意味な論争が続く。

そもそも、「 ピアノと成績に関係がある 」 という意味も曖昧である。

言葉にすればいかにも分かった風になるが、実際のところ、かなり複雑なのではないか?

例えば、手足を縛っているよりは、ピアノを弾かせた方が脳は発達するだろう。

というより、遊び、読み書き、テレビ、ゲーム、スポーツでも、脳は発達するだろう。

大人になってからは効果はないかもしれないが、幼少期には何らかの影響があると思われる。

少なくとも、そう考えることは不自然ではない。

で、上の統計で扱っているのは、幼少期からピアノを経験している人が多く含まれている。

『 この意味 』 で、ピアノと成績に関係があることは当然であろう。

すると、問題は 「 ある・ない 」 ではなくて、「 関係が強い・弱い 」 の話になる。

あるいは、普段と違う経験であれば、何でもよいのかもしれない。

A 「 宝くじを買ってきた 」

B 「 そう 」

A 「 ワクワクするな〜、きっと当たるぞ 」

B 「 当たらないでしょ 」

A 「 はぁ!?何でそんなことが言えるの? 」

B 「 当たるわけがない 」

A 「 それはあなたの直感でしょう 」

先の 「 ピアノ論争 」 は、今回の 「 宝クジ論争 」 と同レベルの問題であろう。

宝クジなど、当たる可能性はあるが滅多には当たらない。

そんなこと、誰でも分かっているはずなのだ。

ところが、それを単純化して 「 当たる・当たらない 」 と表現することで、

あたかもどちらか一方が真実であるかのような論争になることが多い。

いつの間にか 『 0か1かの問題 』 になってしまう。

むろん、「 ある政策を実行すべきか否か 」 という議論と今回の話は無関係である。

これは、2択で決めなければいけない問題だからである。

まさに、これは 『 0か1かの問題 』 である。

こういうときに、

「 多面的な考え方が重要 」

「 人の考えはそれぞれだよね 」

「 難しい問題だからよく考えていかないといけない 」

・・・などと言って、茶を濁す人がいるものである。

しかし、これらは何となく前向きな発言をしているだけで、敵を作らないように立ちまわろうとしているだけ。

あるいは、「 自分は双方の言い分を理解できる視野の広い人間だ 」 と思い込んでいるのかもしれない。

実際には、本人は何もしていない。

この辺り、人間の言葉は厄介である。

言葉は物事の一面しか語れない。

そのせいで、あたかも、その人がその一面しか視ていないように錯覚する。

あるいは、言っている本人が自分の言葉に引きずられる。

本当は、誰だって、物事には例外があることを知っているはずだ。

しかし、言葉で、

「 男は○○だ 」 とか、

「 女は××だ 」 とか、

「 理系は△△だ 」 とか、

「 文系は□□だ 」 とか、

そういうことを言っている内に、その一面しかないように思い込む。

自分の中に、相手の中に、多量の前提条件が含まれていることを忘れてしまう。

とはいえ、自分の思考を完全に言葉にすることは不可能である。

だから、人は言葉を単純化する。

ところが、思想まで単純化してしまう人がいる。

『 言葉の単純化 』 と 『 思想の単純化 』 は異なる。

子供には幅広い知識を教えるべきだ。

例えば、医療などを教えるとよい。

いま、日本は少子高齢化が進行している。

社会保障費が増大し、財政は悪化する一方である。

しかし、医療を教えれば、みんな自分の健康に気を付けるようになる。

すると、医療費問題も解決する。

こんな簡単なこと、なぜ誰も分からないのだろうか。

・・・という主張はよく見かける。

「 法律を教えれば法律トラブルが減る 」 などの主張も同様である。

上の話はあまりに 『 単純化 』 されている。

上では、当然のように 「 医療を教えれば医療費問題が解決する 」 と述べているが、本当か?

みんなが健康に気を付けるようになったとして、新しい問題が生じる可能性は?

それ以外のリスクやコストを無視しているのではないか?

例えば、

(1) 医療という科目で高い点数を取ったことを理由に、素人による医療行為が横行するのでは?

(2) 健康に気を付けると、高齢化がさらに進行。むしろ、医療保障費が増大するのでは?

(3) 病院を訪れる人が急増。圧倒的な医者不足になるのでは?

(4) 医者不足を補うために、医者を増やしたことで、医者の質が低下して問題化するのでは?

(5) 医療や法律などの科目を追加すれば、英語、数学、国語に関する知識は低下する。

(6) そもそも誰が教えるのか。教員の質はどのように確保するのか。

(7) 雑学程度の医療ならばテレビでよく流れているのに、これを学校で扱う意味があるのか?

(8) むろん、新しい科目が加わるのだから、何かを削らなければならない。何を削るのだろうか?

そりゃ、何のコスト・リスクもなしにメリットだけが増えるならばよいけれども。

実際には、必ず人的・時間的なコスト・リスクがかかる。

これらのコスト・リスクを無視して、「 あった方がいい 」 という主張には何の意味もない。

教育論は、社会問題に対する 『 ジョーカー 』 のようなものである。

だから、教育論には愚かな意見が多い。

「 医療問題が深刻?子供に医学を教えればよい!」

「 日本が海外からハッキングを受けている?子供にプログラミングを教えればよい! 」

「 子供の凶悪犯罪が増えている?子供に道徳を教えればよい! 」

( そもそも凶悪犯罪が増えていること自体が統計上のトリックであったりする )

手札を全てジョーカーで揃えることで 「 自分はトランプが強い 」 と思い込んでいる大人が多いのである。