雑記(自分流を広める教員)

サイトのTOP→理系インデックス
雑記のTOP→雑記インデックス





数学では次のような言い回しが慣用的に用いられている。

(0) ある〜が存在して、〜となる。

例えば、「 ある自然数 n が存在して、n>3 となる 」 などのように用いられる。

これは少し不自然な日本語に聞こえるかもしれない。

自然な日本語に変換すると、「 n>3 を満たす自然数 n が存在する 」 となる。

しかし、このサイトでは(0)の語順に合わせている。

なぜなら、(0)は英語の語順に合わせたもので、論理記号を順番通りに解釈できて便利だからである。

実際、数学書でも(0)の読み方を採用している書物は多い。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ところが、次の(1)、(2)ように主張する教員もいらっしゃる。

(1) (0)の言い方は日本語として不適切だから 「 〜となる〜が存在する 」 というべきだ。

(2) (0)の言い方は日本語として不自然だから 「 〜について〜となる 」 というべきだ。

上記のことを1つの立場として教えるのであれば問題ないであろう。

しかし、他の流儀を否定し、自分のやり方こそが正しいのだとする指導法には問題がある。

このような先生の下で学ぶ学生は息苦しい想いをすることになる可能性がある。

学生が(0)を使用したいと考えても、先生の前では気遣いで(1)や(2)を使用しなければならないのだ。

残念ながら、このような 『 自分流 』 を広めることに執着する教員もいるようだ。

似たようなことは他の科目(ピアノ、英語など)にも視られる。

単なる自分の趣味・主義に過ぎないことを徹底して学生に教え込もうとすることは害である。

むろん、守るべきルールもある。

例えば、次のような表現を考えよう。

(3) A かつ B ならば C である。

上記(3)のような表現は誤解を招く可能性がある。

なぜなら、(3)は、次の(4)と(5)のどちらを意味するか区別が付きにくいからである。

(4) 「 A かつ B 」 ならば C である。

(5) A かつ 「 B ならば C 」 である。

だから、上記のような誤解を防ぐため、(4)や(5)を次のように表すように工夫することもある。

(6) A かつ B ならば、C である。

(7) A かつ、B ならば C である。

また、数学では次のような表記が用いられる。

(8) x∈A ⇔ x∈B

(9) A=B

x∈A というのは、「 x が A に属している 」 という意味である。

よって、(8)は、『 x が A に属すること 』 と 『 x が B に属すること 』 は同じである、という意味になる。

よって、(8)と(9)は同じ意味である。

ただし、⇔ と = を混同してはならない。

つまり、(8)の ⇔ を = に置き換えたり、(9)の = を ⇔ に置き換えてはならない。

なぜなら、⇔ や = の意味は、+ や − と同様に、しっかりと決められているからである。

(0)〜(2)の区別は、教員の趣味・主義に過ぎない問題である。

(3)〜(7)の区別は、中程度の重要性をもっている。

(8)と(9)の区別は、テストの採点対象である。

しかし、大学初年度の学生が上記の区別をしっかりと付けることは少し難しい。

そのような学生に、「 (0)〜(2)のいずれか1つが正しくて、他が間違っている 」 などと教えることは害である。

同様のことは一般の家庭などにも見られることであろう。

自分の思想を相手に刷り込むことを教育だと勘違いしている大人は多いものである。