雑記(エスケープ-才能を活かす方法)

サイトのTOP→理系インデックス
雑記のTOP→雑記インデックス





「 諦めなければ夢は叶う 」

テレビなどでよくある言葉だが、これは原因と結果の混同である。

夢を叶えた人は諦めなかったのであって、諦めなければ夢が叶うわけではない。

つまり、諦めないことは夢を叶えるための必要条件であって、十分条件ではない。

むろん、「 諦めなければ夢は叶う 」 と自分に言い聞かせることによって、何らかのプラス要素もあるであろう。

また、各人が何を主張しようと、(それが他人を意図的に理不尽に傷つけるものでなければ)自由である。

しかし、この言葉は 「 諦めること 」 が悪いことであるかのように錯覚させる。

少なくとも、諦めないことがつねに正しいとは限らない。

自分の才能と相談して道を諦めることは重要な選択肢である。

テレビやメディアは成功者が主に登場するものである。

だから、「 諦めなければ夢は叶う 」 という言葉がつねに正義であるかのように映し出される。

ただし、私は他人に 「 諦めろ 」 ということが正しいと言いたいのではない。

実際、その類のアドバイスには意味がない。

なぜなら、自分が選んだ道でなければ、長続きしないし、諦めきれないからである。

アドバイスとは、道を提示することであって、強制することではない。

言語方面については詳しくないが、advice という言葉は ad(加える) と videre(視る) に由来する。

つまり、advice とは視点を追加するということだ。