雑記(日常)

サイトのTOP→理系インデックス
雑記のTOP→雑記インデックス





英雄は遅れてやってくる。

もし、この言葉を、

「 英雄には 『 遅れてやってくる 』 という性質がある 」

・・・と考えているなら、これは原因と結果の混同である。

英雄が遅れてやってくるのではない。

遅れて現れた者のみが英雄になるのである。

例えば、健康的な生活習慣は万病を予防する。

しかし、毎日ラジオ体操を強制する上司は鬱陶しい存在として扱われるかもしれない。

一方、心臓病で倒れた患者を救出した外科医は英雄として扱われる。

同じように病気を防ぐでも、遅れて救った方が英雄になる。

むろん、外科医の仕事が小さいという意味ではない。

老人に席を譲ると、

「 俺(私)が年寄りに見えるのか1?」

・・・と叱られる可能性がある。

席を譲らなければ、

「 老人には席を譲るべきだろう 」

・・・と叱られる可能性がある。

どうしろと?

私の場合、席を譲る場合には、その駅で一度だけ降りて隣の車両に移る。

あるいは、用事を思い出したという雰囲気で移動する。

例えば、路線を確認するような仕草でドアの近くまで歩いて、そのままそこに立つ。

本当に疲れている場合には、そのまま座っていればよい。

これで解決。

メールの返信が遅い人は許せない!

既読スルーする人は許せない!

メールの返信が遅い人は、その人自身のメールも遅く返信してよいということ。

同様に、既読スルーする人は、その人自身のコメントを既読スルーしてよいということ。

地震で大変なときに陽気な番組を流すことは不謹慎だ。

自分が不快に感じるならばチャンネルを変えればよい。

そもそも、陽気な番組は 「 元気づける 」 という側面もあるはずだ。

そういう側面を拾わずに怒りをぶつけるということは、単に自分のストレスを発散したいだけ。

マウスで実験するなんて、マウスが可哀相だ。

一方、外科手術の失敗が続いて起きており、問題視されている。

むろん、この問題も解決するべきだというのだろう。

しかし、外科医の質は、マウスの実験などと関連していると考えることは自然であろう。

「 マウスは解剖するな、手術は成功させろ 」

その場その場で薄っぺらい正義を振りかざしているだけ。

遺伝子を編集することは自然摂理に反するからやってはいけない。

むろん、遺伝子の編集は慎重に行われるべきである。

しかし、自然に反するという曖昧な価値観で、それを全否定するべきではない。

これは、結局のところ、自分が健康だから 「 いらない 」 と言っているだけである。

とりあえず自分の周りが豊かだから 「 いらない 」 と言っているだけである。

このような考え方は現実を見ていない。

世の中には理不尽な難病が多く存在し、日本の豊かさは紙一重の競争によって保持されている。

自分が突然に難病を発症する可能性がある。

世界を見れば、アメリカは強大で、中国は世界中に鉄道を建設している。

今後、何がどうなるのか先は視えない。

一方、遺伝子の編集は、医療や産業に大きなメリットをもたらす可能性がある。

このような状況で、これらのメリットを拾う努力さえせずに切り捨てることは無責任である。

文系・理系という言葉はなくした方がいい。

これからは文理融合の時代だ。

たしかに、理系・文系という言葉は軋轢を生む場合がある。

しかし、言葉をなくせというのは本末転倒。

これは 「 火山の噴火口を埋めれば火山がなくなる 」 などといっているようなものである。

あるいは 「 国境をなくせば戦争がなくなる 」 などといっているようなものである。

言葉そのものに憤っても意味がない。

むしろ、これは 『 逆差別 』 を生んでいて、問題を悪化させている。

その言葉をどのような文脈で用いているかが重要である。

この視点をもたない人は、ネット上の断片的な情報を一方的に解釈して理不尽なコメントを書いたりする。

そもそも、国境は余計な争いをなくすために決められるものである。

むろん、国境を決めるための争いはあるが、国境によって争いが出ているわけではない。

つまり、「 争いをなくすために国境をなくそう 」 という主張は、原因と結果の混同である。

「 文理融合 」 という言葉も曖昧で厄介なものである。

意味をはっきりさせないままで、とりあえず文理融合という言葉を用いている人が多い。

これで 「 理系・文系という枠にとらわれない、視野の広い人材を育てる 」 というイメージを作り上げる。

むろん、理系と文系の知識を両方とももっていたら強力ではあるが・・・。

具体的に何をするのか明示されないことが多い。

いかにも何かすばらしい教育があるかのように演出する人がいるので厄介なものである。

ちなみに、「 理工学 」 という言葉は 「 理学と工学の融合 」 という意味をもつ。

しかし、大学の理工学部がそれを実現しているかというと、そうでもない。

実際には理学と工学が併設されているだけであったり、事実上の工学部であったりする。

文理融合という言葉も、同じような末路を辿るのではないだろうか。

少なくとも 「 枠組みに捕らわれないことって重要だよね 」 という安直な理由だけで信用するべきではない。

εδ論法は工学でつかわない。

ヒルベルト空間は量子力学の本質とは関係ない。

言っている本人が理解していないだけ。

例えば、工学ではフーリエ解析が有用である。

で、フーリエ級数の収束性を議論するときに一様収束が必要となる。

で、一様収束を記述するためにεδ論法が必要である。

つまり、工学ではεδ論法は必要である。

むろん、原理を知らなくてもソフトでフーリエ解析を用いることはできる。

しかし、質のよい仕事をするためには原理を知ることも必要である。

また、ヒルベルト空間も量子力学において重要な役割をもつ。

ヒルベルト空間を知っていれば、創造の範囲、議論の範囲が大きく広がる。

とくに、ヒルベルト空間上の線形作用素の理論は、量子力学の数理では基本的である。

このような状況で平然と、

「 εδ論法は工学でつかわない! 」

「 ヒルベルト空間は量子力学の本質とは関係ない! 」

・・・と主張する人がいる。

さらに、このような本がどんどん人気が出て売れてしまう。

学生の心を煽ることがうまい。

「 君たちは今まで無駄なことを教えられていたんだ 」 と心に入り込み、救世主を気取る。

この偽救世主は簡単な内容しか説明しないから、学生の立場からは説明がうまいように視える。

εδ論法も知らないの?

ヒルベルト空間を知らないのに量子力学をやってるつもりなの?

この人たちは自分の知識で相手を威圧したいだけ。

自分の領土を拡大させることしか考えていない。

例えば、幅1mの線の上を歩くことは簡単にできるであろう。

では、幅1mの塀の上を歩くことはできるであろうか?

ただし、この塀の高さは 100m であるとする。

おそらく、多くの人は恐怖で動けなくなってしまうに違いない。

つまり、線の外側は無関係であるように思えて、実は関係がある。

εδ論法の工学における位置づけは、この 『 線の外側 』 に相当するものである。

知らなくても、即座に大きな問題が出るわけではない。

しかし、知らないと、恐くて歩けない場所が多くある。

ここに付け込んで自分を有利にしたいだけの人たちが、

「εδ論法はいらない 」

「 εδ論法も知らないの? 」

・・・などと言うのである。

差別をなくすことは不可能だ。

心に根付いた差別を消すことは本人でも難しい。

自分の趣向を自由に変更できる人間がいるとは思えない。

例えば、自分の趣向を自由自在に変更できる人間などいない。

自分の趣向を自由自在に変更できるとしたら、それは人間ではない。

それと同じで、心に根付いた差別を消すことは難しい。

仮に、本人が全面的にこれを消そうとしてもできないことが多い。

しかし、そもそも、心から差別を消す必要はない。

差別は次の世代に伝えないようにすれば十分である。

つまり、口や態度に出さなければ十分である。

精神に根付いた差別を消せないことに付け込んで、

口による差別を正当化することはおかしな話である。

アンケートで意見を反映させれば質がよくなる。

まず、アンケートを集計する労力が大きい。

配って、集めて、集計して、結果をまとめる。

評価を数字にしたいだけならばよい。

自由に回答する場合はさらに大きな労力を必要とする。

そして、ノイズがヒドイ。

つまり、あまり意味のない意見が多量に出てくることは推察できる。

そのノイズの中から意味のある意見やデータを取り出さないといけない。

その作業を実行できるだけの人員を確保する必要がある。

しかし、冷静に考えると、何かおかしくないだろうか?

つまり、その人たちはノイズの中から意味のあるデータを取り出すことができるほど優秀な人材である。

それなら、最初からその人たちで意見を出し合った方が効率的である。

むろん、アンケートが無意味であるということではない。

ただ、「 とりあえずアンケートをとれば、意見が反映されてよくなる 」 という考えは安直であろう。

上の人間はそんなことは分かっていないから 「 アンケートをとれ 」 などと余計な仕事を増やす。

平和な時代には上の人間が余計な仕事を生産してくるので下が疲れる。

ここまで育ててやったのに、なぜ親の言うことが聞けないの!?

「 親の義務 」 を 「 貸し 」 に置き換えて、それを押し売り。

悪質な金貸しと同じ。

判断能力が未熟な子供に対して行っている場合、子供や老人を狙った詐欺と同じ。

上記のような主張をする親は、子供をみていない。

自分の価値観を植え付けようとしているだけ。

だから、根拠を述べるより先に 「 育ててやった 」 などという言葉が出る。

子供にゲームを禁止するときも同様である。

例えば、

(*) 子供が外出しているときにゲームを隠す。

(*) 子供に何も言わずに解約する。

・・・などの方法でゲームを禁止にする親がいる。

このように、面と向かわずに裏で制裁を断行する方法は深刻な確執を生む。

実際には、

「 あなたの将来の心配なんだ。成績にも悪い影響が出ているじゃないか 」

・・・と理由をしっかりと述べることが重要であろう。

「 みんな言ってるよ? 」

「 知らないと恥をかくよ 」

「 誰も教えないみたいだから教えてあげるけど、あなた、周囲から笑われているわよ? 」

「 これぐらい常識だろ 」

「 教養として知っておくべき 」

いずれの主張にも根拠がない。

上記の類の主張を繰り返す人は、社会通念をコピーしているだけで中身が空の人間である。

周囲をキョロキョロを見まわして自分の意見を作る。

だから、根拠を述べるより先に、周りの目を基準にして主張を作り上げる。

自分で自分の主張を作るだけの技能がないだけ。

ただし、自分を周囲と同化させているので、自信だけは大きい。

政治家や一般書にもよくある。

言葉は上品だし、知識もあるが、いつもどこかで聞いたような言葉ばかりを並べる。

よくあるのは、『 歴史的事実 』 と 『 偉人の言葉 』 を並べて、自分の感想を少し添える方法。

この方法は人気を集めることに特化している。

だから、この方法は政治家や一般書に多い。

ちなみに、自分の意見を述べる場合は、具体性のないパフォーマンスが多い。

だから、この類の人たちが実際にトップに立って政策を作ると、派手な割に中身がない。

あの家の子供はしっかりしているのに、なぜあなたはそうなのか。

根拠がない。

高台から見物して他人を比較しているようだが、その子を育てたのは自分自身である。

重要なことは 「 自分の子がどうあるべきか 」 である。

自分で自分の道を決めることができないから、他人と比較するのである。

親が自分の未熟を丸投げして、それを子に押し付けているだけである。

厄介なことに、この類の言葉は幼い子供に対して投げられる。

幼い子供はまだ判断能力が未熟なので、この類の主張に反論できない。

「 何かおかしいな?」 と思いつつも、黙って受け止める他ない。

そんな理由でケンカしたの?

通常、ケンカというものは、単一の出来事で起こるわけではない。

実際には、背景の色々なものが積み重なって起きるものである。

よって、ケンカが起きた時点での出来事のみに注目しても意味はない。

例えば、以前に観たテレビ番組では、一般の人に対するインタビューで、

「 自分が溜めたポイントを旦那が勝手に使用したことで大ゲンカした 」

・・・という話が登場し、番組の出演者が、

「 そんな理由でケンカしたの? 」

・・・と笑っていたが、そこだけ注目しても意味がない。

「 言葉では説明できない 」

むろん、1人で満足しているのであれば説明しなくてもよい。

あるいは、相手に理解してもらう必要がないのであれば説明しなくてもよい。

しかし、説明する努力をせずに理解してもらおうとすることはおかしな話である。

なぜこちらが理解しようと努力しているのに、当人が努力しないのか。

なぜ経済学はあれほど難しい理論をつかっているのに経済予測ができないのか。

経済学は無駄なのではないか。

少なくとも、現在(2017年)の経済予想は、生物学者が競馬の予想をやるようなものである。

馬の生態に関する研究をやっていようと、馬の遺伝子を研究していようと、競馬は予想できない。

しかし、競馬の予想ができないからといって、生物学が無駄ということにはならないだろう。

「 理屈や言葉で説明できないことがある 」

『 どの部分 』 が理屈や言葉で説明できないのか説明するべきである。

一方、それを説明せずに、物事を十把一絡にして、

「 理屈や言葉で説明できないことがある 」

・・・などとして自分の正しさのみを強引に押し通そうとする人間がいる。

これは 『 精神の暴力 』 である。

すべてを疑っていかないといけない。

あまりよい考え方であるとは思えない。

これは 『 都合の悪い情報 』 だけを疑い、『 都合のよい情報 』 だけを信じることにつながる。

正しくは 「 根拠に基づかない主張はすべて疑うべき 」 である。

むろん、「 すべてを疑っていかないといけない 」 という言葉だけで、その人を否定するわけではない。

もしかしたら、単に言葉を単純化させているだけかもしれないからである。

しかし、私の経験上、「 すべてを疑っていかないといけない 」 という人は危ういことが多い。

この類の人は、科学的な事実などもすべて疑う傾向があるように思える。

例えば、『 永久機関の否定 』 や 『 超能力の存在 』 を同じ天秤に載せるのである。

例えば、

「 有名な科学者が○○と主張しているので、これは正しい 」

・・・という主張があるとする。

このとき、

「 有名な科学者が言っているからといって正しいとは限らない。すべて疑わなくちゃ 」

・・・という疑い方は、まったく見当外れである。

つまり、この考え方は誰の意見も参考にしないということである。

逆に言えば、自分自身や自分が信じている人を信じているだけである。

これは 「 物事を疑う 」 どころか、「 物事を疑っていない」 状態である。

この意味で 「 すべてを疑う 」 ということは、実は 「 自分が信じたいものだけを信じる 」 ということである。

今回の場合、本当に注意すべきは、

「 その科学者は本当に有名なのか? 」

「 その科学者が有名であるというのは、単にメディアに出ているだけか?実績か? 」

「 名実ともに有名な科学者であったとして、○○という部分は、その人の専門分野なのか? 」

・・・などである。