雑記(論理的思考)

サイトのTOP→理系インデックス
雑記のTOP→雑記インデックス





例えば 「 A→B 」 と 「 B→C 」 という主張があったとしよう。

このとき、上の情報から 「 A→C 」 を結論できるだろう。

この類の論理的思考を 『 国語的思考 』 と呼ぶことにしよう。

しかし、もし、A→B がウソであったとしたらどうだろう?

この場合、A→C という結論は間違いである。

このようにウソを見破る論理的思考を 『 科学的思考 』 と呼ぶことにしよう。

つまり、科学的思考とは、根拠に基づいて考えることを意味する。

もう1つの重要な思考として 『 数学的思考 』 があるだろう。

以上のように、論理的思考には次の3つがある。

(*) 国語的思考、数学的思考、科学的思考

むろん、数学的思考の場合も、「 A→B 」 と 「 B→C 」 から 「 A→C 」 を導く。

ただし、数学の場合には曖昧性がないため、この操作をいくらでも繰り返せる。

つまり、A→A→A→・・・といくらでも繰り返せる。

本来、これは 『 演繹的思考 』 と呼ばれる。

科学者は 「 霊的なものはない 」 っていうけど、やっぱりおかしいよ。

例えば、ここに、殺人につかわれたナイフがあるとしよう。

これをキレイに殺菌・消毒して科学者に渡したらどうなると思う?

いくら科学者でもさ、このナイフをつかって料理することには抵抗を感じるでしょ?

けど、このナイフは物理的には新品と同じだ。

これってさ、ナイフから、科学では説明できない 『 何か 』 が出ているということでしょ。

だから、そういう、科学で説明できない 『 何か 』 はあるんだよ。

上記の主張は国語的には問題はない。

しかし、科学的には間違いである。

実際、科学者に新品のナイフを渡して、

「 実は、このナイフは殺人に使用されたものです 」

・・・というウソ情報を与えたらどうなるだろう?

この場合も、渡された人はナイフを使用することに抵抗を感じるであろう。

つまり、ナイフが殺人に使用されていなくても、人は抵抗を感じるのだ。

よって、「 ナイフから科学で説明できない何かが出ている 」 という結論は間違いである。