雑記(何か色々〜反論ver)

サイトのTOP→理系インデックス
雑記のTOP→雑記インデックス





人の精神だけは科学で解明できないと思うんだ。

あれだけは、物理法則で説明できないと思う。

人は酒を飲むと酔っぱらい、性格まで変化する。

つまり、人の精神は化学物質エチルアルコールの影響を受けるということだ。

ゆえに、人の精神が物理法則で説明できないとする主張は早計であろう。

科学者は 「 霊的なものはない 」 っていうけど、やっぱりおかしいよ。

例えば、ここに、殺人につかわれたナイフがあるとしよう。

これをキレイに殺菌・消毒して科学者に渡したらどうなると思う?

いくら科学者でもさ、このナイフをつかって料理することには抵抗を感じるでしょ?

けど、このナイフは物理的には新品と同じだ。

これってさ、ナイフから、科学では説明できない 『 何か 』 が出ているということでしょ。

だから、そういう、科学で説明できない 『 何か 』 はあるんだよ。

上記の主張は国語的には問題はない。

しかし、科学的には間違いである。

実際、科学者に新品のナイフを渡して、

「 実は、このナイフは殺人に使用されたものです 」

・・・というウソ情報を与えたらどうなるだろう?

この場合も、渡された人はナイフを使用することに抵抗を感じるであろう。

つまり、ナイフが殺人に使用されていなくても、人は抵抗を感じるのだ。

よって、「 ナイフから科学で説明できない何かが出ている 」 という結論は間違いである。

例えば 「 A→B 」 と 「 B→C 」 という主張があったとしよう。

このとき、上の情報から 「 A→C 」 を結論できるだろう。

この類の論理的思考を 『 国語的思考 』 と呼ぶことにしよう。

しかし、もし、A→B がウソであったとしたらどうだろう?

この場合、A→C という結論は間違いである。

このようにウソを見破る論理的思考を 『 科学的思考 』 と呼ぶことにしよう。

つまり、科学的思考とは、根拠に基づいて考えることを意味する。

もう1つの重要な思考として 『 数学的思考 』 があるだろう。

以上のように、論理的思考には次の3つがある。

(*) 国語的思考、数学的思考、科学的思考

むろん、数学的思考の場合も、「 A→B 」 と 「 B→C 」 から 「 A→C 」 を導く。

ただし、数学の場合には曖昧性がないため、この操作をいくらでも繰り返せる。

つまり、A→A→A→・・・といくらでも繰り返せる。

本来、これは 『 演繹的思考 』 と呼ばれる。

宝クジを買う人はバカだよ。

だって、宝クジの報酬の期待値は、宝クジの値段より小さいからね。

これは統計学の知識で、論理的に正しい結論だ。

上記の主張には 『 分散 』 が抜けている。

分散とは、簡単に言えば、値のバラツキを表す量である。

これは統計学において期待値と並ぶ基礎的な概念である。

宝クジの場合、分散が非常に大きいことが特徴である。

つまり、富の分配が大きなバラツキをもつ。

ここに意味を見出すことはできるはずだ。

このことを見落として 「 宝クジを買う人はバカ 」 とまで表現することは不適切であろう。

ちなみに、私(管理人)は宝クジを買ったことはない。

他人を説得するときに論理的に主張すれば正しいと考える人がいます。

しかし、このような考え方は間違いです。

実際、臨床心理学者トーマス・ゴードン博士はそのように主張しています。

彼は説得をするときにやってはいけない行動の1つとして 『 論理的説得 』 を挙げています。

例えば、お酒をやめない人に対して

「 お酒が健康に悪いことは客観的事実だ。だから酒を飲むべきではない 」

・・・と主張したとします。

このような主張は論理的であっても、考えの押しつけに感じられてしまいます。

これを解決する心理学の手法として 『 開いた質問 』 という方法があります。

これは、

「 酒の量を今後はどのようにしようと考えていますか? 」

「 どのような理由で酒を飲んでいますか? 」

・・・などのように質問する方法です。

このように質問すると、相手は 「 自分のことを理解しようとしてくれている 」 と感じます。

論理だけで人を説得しようとする人は考えが狭いのではないかと思います。

論理的説得が悪いわけではない。

前提条件を無視して論理の部分だけを切り取ることが問題である。

例えば、上で紹介された論理的説得は 「 人生において健康が第一! 」 という前提(価値観)がある。

しかし、「 多少は健康を悪くしても酒を飲む人生を送りたい 」 という考え方がある。

そのような前提条件を無視して、

「 だから、酒をやめなければならない! 」

・・・と、結論だけをドーンと押しつけることが問題である。

決して 「 論理的説得 」 それ自体が悪いわけではない。

ちなみに、科学の世界では前提条件が書き変わることはよくあることである。

例えば、中学理科の世界では 『 質量保存則 』 は正しい。

しかし、大学物理の世界では質量保存則は成り立たない。

原子爆弾や原子力発電で知られているように、質量とエネルギーは変換されるからである。

ゆえに、科学の世界では 『 仮定(前提条件)』 と 『(論理的な)結論 』 はつねにセットである。

これを理解していない人は 「 教科書の説明は面倒で分かりにくい 」 という勘違いをする。

ある定理を使用するときに仮定が抜けていないかチェックすることが必要である。

これは科学において基本的である。

上で紹介した酒に関する議論でも同じである。

説得する人は 「 酒をやめろ 」 と結論する前に、相手の前提条件を確認しなければならない。

つまり、「 この人は健康に対してどのように考えているのだろうか? 」 ということを確認するべきである。

つまり、まず相手の考えを知ることから始まる。

結局、これは先ほどに確認した 『 開いた質問 』 と同じである。

上の説明では、まるで 『 論理的説得 』 と 『 心理学の手法 』 が別物であるかのように書かれている。

実際には、これらは 「 仮定をチェックする 」 という科学の基本であり、同一のものである。

ちなみに、私(管理人)は酒を飲んだことはない。

新聞の世論調査はゴミだ。

あれは家で固定電話のコールに出られる年配の意見に偏っている。

そもそも、偏っていないアンケートなど存在しない。

ネット上でアンケートすれば、ネットサーフィンしている人の意見に偏る。

ゆえに、アンケートの調査方法を開示していれば問題はない。

むしろ、「 偏っていないアンケートが存在する 」 という主張が偏っている。

NBCの報道によると、ティラーソン国務長官とトランプ大統領の間に軋轢があるようです。

しかし、現在(2017年)は北朝鮮とアメリカの間に緊張が高まっています。

このような状況下でこのようなニュースを報道するNBCにも問題はあると思います。

アメリカの政権を分断するようなことを伝える磁気ではないでしょう。

世界情勢を見て客観的に判断してほしいですね。

メディアの仕事は 『 事実 』 を伝えることである。

メディアが正義を定義して、それに基づいて情報を選別してどうする。

むしろ、そのような態度は 「 客観性 」 の逆である。

偏った意見をもつ人は自分の考えが客観的だと勘違いする。

自分が 「 客観的な事実 」 から 「 主観的 」 に情報を選別していることに気付いていない。