雑記(アタック-目的を達成する方法)

サイトのTOP→理系インデックス
雑記のTOP→雑記インデックス





物事を成し遂げたいときに、リスクを減らす方法は 『 不確定要素 』 を解明することである。

よって、最初は色々な物事を広く調べた方がよい。

ただし、つねに色々な物事を浅く調べるだけでは、横方向の不確定要素が減るだけである。

つまり、縦方向の不確定要素が残る。

よって、横方向の不確定要素をある程度だけ解明したら、次は縦方向を調べるとよい。

つまり、ヒット&アウェイでいくつかの事柄を調べた後で、目標を定めて突撃する。

一方、何の情報もなしに一点の物事に集中することはリスクを大きくする。

また、何の情報もなしに最初から計画を立てることは無益である。

なぜなら、不確定要素を解明する度に、視える状況は変化するからである。

むろん、工事の工程作業は計画を立てるべきである。

なぜなら、工事では最初から作業が確定しているからである。

例えば、工事を始めた後で、

「 最初は2階建てにしようと思ったが、やはり3階建てにしよう 」

・・・などということは起こらない。

一方、例えば、勉強などは冒険のようなものであるから、計画は立てにくい。

例えば、

「 参考書 A をやってみたが、意外にも自分には合わなかった 」

「 この分野は想像以上におもしろい、もっと深く知りたい 」

・・・ということが起こる。

このような状況で計画を立てても意味がない。

勉強とは、新しいことを知ることなのだから、予定外のことが起こることは当然である。

むろん、ありとあらゆる状況で学習に計画が不要であるというわけではない。

上では物事を成し遂げるときには不確定要素を減らすことが重要であると述べた。

これは対人戦では逆に用いることができる。

つまり、相手から視た不確定要素を増大させれば、状況を有利に進めることができる。

これは 『 フェイク 』 または 『 パフォーマンス 』 と呼ばれるものに相当する。

フェイクとパフォーマンスは短期的には有利である。

ただし、長期的に視ると不利になることもある。

なぜなら、フェイクやパフォーマンスは見破られると意味を失い、無駄な労力となるからである。

ただし、スポーツの世界においてフェイクは基本である。

なぜなら、スポーツは一瞬の勝負であるから、フェイクを見破ることが難しい。

しばしば 「 切り札は最後に取っておくものだ 」 と言われる。

その理由は、相手から視た不確定要素を減らさないようにすることにある。