雑記(親の失言)

サイトのTOP→理系インデックス
雑記のTOP→雑記インデックス





「 褒めてのばすべきか、厳しく育てるべきか 」 などと議論している人たちがいる。

これらの親は子供を視ていない。

例えば、子供には 「 得意 」 や 「 不得意 」 がある。

「 苦手な食べ物 」 や 「 好きな食べ物 」 がある。

子供が 「 不得意 」 にチャレンジしたり、「 苦手な食べ物 」 を食べたとき、褒めればよいではないか。

そして、それは子供によって異なるのだ。

そうやって、各子供に注目していけば、褒める部分も子供によって異なる。

それにも関わらず、「 褒める 」 とか 「 厳しく 」 とか、先に結論を決める親がいる。

これらの親は子供を視ていない。

自分の思想が最初にあって、それを子供に押し付けることしか考えていない。

これらの親は 「 子供を育てる 」 つもりになっているだけである。

実際には、「 自分が望む子供 」 という型に自分の子供を押し込んでいる。

過剰に褒めて育てると、過剰なナルシストとして育つ確率が高くなるだけ。

過剰に厳しく育てると、心に傷を抱えて育つ確率が高くなるだけ。

勉強が得意でスポーツが苦手な子もいるし、勉強が苦手でスポーツが得意な子もいる。

勉強もスポーツもできるけれど他で問題を抱えている子もいる。

勉強もスポーツもできないけれど他で才能をもっている子もいる。

このように色々な種類の子がいるのにも関わらず、「育て方」を先に決めることはおかしな話である。

生まれる前から子に習わせる習い事を決めている親も同じ。

「子育て」を考えているつもりなのだろうが、最初の最初から全て間違っている。

自分の理想を子に押し付けたいだけ。

偶然に自分と同じ趣向をもつ子に育てばよいが、そうでない場合は悲惨である。

こういう親は、親子喧嘩になると 「 あなたなんか産まなければとかった! 」 などと言うのである。

子育てをクジ引きだと思っているのだろうか?

「 あの家の子供はしっかりしているのに、なぜあなたはそうなのか 」 などという人がいる。

高台から見物して他人を比較しているようだ。

そもそも、その子を育てたのは自分自身である。

重要なことは 「 自分の子がどうあるべきか 」 である。

このような親は自分で自分の道を決めることができていない。

自分で自分の道を決めることができないから、他人と比較するのである。

親が自分の未熟を丸投げして、それを子に押し付けているだけである。

厄介なことに、この類の言葉は幼い子供に対して投げられる。

幼い子供はまだ判断能力が未熟なので、この類の主張に反論できない。

「 何かおかしいな?」 と思いつつも、黙って受け止める他ない。

例えば、子供によって才能は異なる。

ゆえに、1つの道として、そのような才能を見つけ出して伸ばす方法がある。

しかし、上記のような親は子供の才能を見つけ出そうとしていない。

だから、他の家の子供と比較するのである。

もしかすると、「 空の入れ物 」 だと思っているのだろうか?

自分自身が空だからこのような考え方をするのであろう。

子供を 「 白いキャンバス 」 を見なしている親の教育は悲惨である。

このような親は子供がもっている 「 色 」 に気付かず、上から塗りつぶそうとする。

上では 「 才能を見つけ出して伸ばす 」 と述べたが、これはあくまで1つの道である。

というより、才能を完全に見つけ出すことは極めて難しい。

つまり、「 見つけた 」 と思っても、さらに奥深いところに別の芽があるかもしれない。

ゆえに、安直に 「 これがこの子の才能だ! 」 などと決めつけることは適切とは限らない。

だから、上では 「 1つの道として 」 という言葉を付けた。

「 ここまで育ててやったのに、なぜ親の言うことが聞けないの!?」 などという人がいる。

「 親の義務 」 を 「 貸し 」 に置き換えて、それを押し売り。

悪質な金貸しと同じ。

判断能力が未熟な子供に対して行っている場合、子供や老人を狙った詐欺と同じ。

上記のような主張をする親は、子供をみていない。

自分の価値観を植え付けようとしているだけ。

だから、根拠を述べるより先に 「 育ててやった 」 などという言葉が出る。

子供にゲームを禁止するときも同様である。

例えば、

(*) 子供が外出しているときにゲームを隠す。

(*) 子供に何も言わずに解約する。

・・・などの方法でゲームを禁止にする親がいる。

このように、面と向かわずに裏で制裁を断行する方法は深刻な確執を生む。

実際には、

「 あなたの将来の心配なんだ。成績にも悪い影響が出ているじゃないか 」

・・・と理由をしっかりと述べることが重要であろう。

子供と向かい合わずに騙し討ちのような形で制裁を加える親は愚かである。

主観と客観を区別できない人は 「 自分が正しい 」 ということを 『 自分 』 で結論する。

ゆえに、このような人は相手に理解を求めない。

ゆえに、このような人は相手に説明をしない。

つまり、「 自己中心的な行動 」 や 「 精神の暴力 」 を行う。

しかし、そのような人は自分が暴力を行ったとは考えていない。

なぜなら、そのような人は自分の行動を 『 判決 』 だと思っているからである。

世の中にはこのような愚か者が大勢いる。

そして、そのような親から生まれた子は苦痛を味わうことになる。

『 当該の問題と関係ない事柄 』 まで持ち出して叱る親がいるものである。

例えば、最初は 「 家具を粗雑に扱ったこと 」 を叱っていたのに、気付けば日頃の不勉強を叱る。

調子に乗って当該と関係のない事柄を叱ることは不適切である。

叱るのであれば、いまそこで起きた問題を指摘するべきであって、それ以外を上乗せするべきではない。

「 叱る 」 ことに付け込んで、自分のストレス発散に利用する大人は多いものである。