雑記(ガード-価値観の押しつけから身を守る方法)

サイトのTOP→理系インデックス
雑記のTOP→雑記インデックス





例えば、ある人が高校生に向かって、

「 高校生はもう大人なんだから、願書くらい自分で出しなさい 」

・・・と言ったとする。

割と多くの人は、上記の主張を正当だと考えるかもしれない。

しかし、私はそうは思わない。

上記の主張は、単なる常識の押しつけである。

とくに、他者の行動に干渉する場合、あらゆる主張は根拠をもつべきである。

根拠なしに誰かの主張に従う道理はない。

なぜなら、人と人は対等であるべきだからである。

つまり、根拠なしの主張は、根拠なしに弾き返してよい。

ただし、私は、高校生が自分で願書を出すことをオススメする。

なぜなら、願書を出すことには次のような利点があるからである。

(1) 気分転換

(2) 社会経験

(3) モチベーションの向上

とくに、(3)は大きいかもしれない。

やはり、自分で願書を出すと、自分がそこを受験することを実感できる。

ただし、人には色々な状況がある。

例えば、どうにも精神的に余裕がないという人もいるであろう。

そういう場合は親に任せることも手であろう。

主張とは、このようにあるべきである。

一方、

「 高校生になったんだからさぁ〜 」

「 男のくせにさぁ〜 」

「 女なんだからさぁ〜 」

・・・などのように、根拠なく相手を自分の常識に引きずり込む方法は強引である。

もし、この類の言葉を掛けられたら、こちらは 「 私はそうは思いません 」 と返すだけでよい。

人によってはしつこく繰り返してきたり、「 周りの人も同じ考えだ 」 などと迫ってくることもある。

その場合も 「 私はそうは思いません 」 と繰り返すだけでよい。

根拠のない主張はすべてこれで弾き返してよい。

ところで、世の中には 『 水掛け論 』 という言葉がある。

辞書的に言えば 「 決着のつかない無意味な論争 」 ということになる。

その本質は根拠のない論争である。

例えば、『 自分の常識 』 や 『 自分の感じたこと 』 を互いに押しつけ合っている状態である。

しばしば、議論において 「 周りもそう言ってるよ? 」、「 みんな言ってるよ? 」 という人がいる。

しかし、これらの言葉は何も説明になっていない。

SNS上で悪口を言われることはあるかもしれない。

そのようなコメントに対して言い返す必要はない。

なぜなら、他人の悪口を言う人は、全体的に視れば、周囲から嫌われるからである。

そういう類の人は、長期的に視れば、勝手に自滅するので放置しておくとよい。

他人の悪口を言う人は、(少なくともその分野においては)基本的に物事を根拠に基づいて考えることができない。

そもそも、悪口とは、根拠なく相手を攻撃する言葉のことである。

一方、根拠に基づいて相手を攻撃することを批判という。

つまり、悪口を言う人は 『 悪口 』 と 『 批判 』 の区別ができていない。

また、物事を根拠に基づいて考えることができない人は、他人からの反論を聞き入れない。

なぜなら、その人は 『 反論 』 と 『 悪口 』 の区別ができず、反論を悪口だと思っているからである。

2017年に国会では 『 森友学園問題 』 が出た。

簡単に言うと、これは森友学園と財務省の土地の取引に関する疑惑である。

しかし、その後は首相が森友学園の理事長に100万円を寄付したのではという問題が注目された。

このとき、国会の答弁において、野党の質問に対して首相は次のように主張した。

「 もし私や妻が関係していたということになれば、私は総理大臣も国会議員も辞める 」

しかし、首相の言葉は明らかに余計であったとする意見が多い。

実際、答弁の後で森友学園との関係性を切り分けることができず、問題は深刻化した。

ただし、本来、これは深刻な問題ではないと一般に意見されることが多い。

実際、100万円の寄付は首相の選挙区とは無関係だからである。

つまり、首相はこの問題点を認め、この部分は反省をして以後は気を付けるという対応をとることもできた。

しかし、「 首相を辞める 」 とまで明言したので引き下がれなくなってしまったのである。

では、どうすればよかったのか?

首相は、ただ単に 「 私は100万円を渡していません 」 と繰り返すだけでよかったのだ。

野党が 「 怪しいのではないか? 」 「 怪しいのではないか? 」 と追及してきたとしても、

冷静に 「 いえ、私は100万円を渡していません 」 ということを繰り返すだけでよかった。

これは地味に視えるかもしれないが、極めて重要なことである。

誰かから追及を掛けられたときは必要最小限の言葉で返すべきである。

例えば、何度も同じことを追及されると、

「 あのさぁ・・・しつこいのでは? 」

・・・と、反撃を返してしたくなるものである。

一見、これは正当であると思えるかもしれない。

しかし、この返答は余計な一言である。

なぜなら、この反撃は根拠に基づいておらず、自分の感情を表したものだからである。

これは相手がこちらに対して怒りをもつ理由となってしまう。

このような反撃は無益な闘争へつながる可能性が大きい。

「 相手の挑発に乗るな 」 ということはよく言われていると思う。

しかし、やはり多くの人は当事者になるとこの言葉を忘れてしまうようだ。

もしかしたら、

「 反撃をしなければ一方的に攻撃されるだけで不利なのでは? 」

・・・と考える人がいるかもしれない。

むろん、根拠に基づいて反論することは正しい。

ただし、反撃しないことがこちらを不利にするとは限らない。

実際、相手の攻撃を回避していると、割と多くの場合、相手は勝手にヒートアップする。

そして、暴言を出すことが多い。

周りにギャラリーがいる場合、その点を指摘すればよい。

周りにギャラリーがいない場合は何も言わなくてよい。

これは比喩ではなくて、本当に何も言わずに帰ってよい。

これは 『 相手が暴言を出した 』 という事実を確定させるからである。

たとえ周りにギャラリーがいなくても、自分と相手の心に残った事実は少しずつ自分に利益をもたらす。

ただし、上記の方法は悪用することもできる。

例えば、ある人物が本当に悪事を行っていて、こちらが相手を攻め立てる場合を考えよう。

このとき、こちらの批判に対して相手は論点をズラしたり、誤魔化したりするかもしれない。

すると、こちら側はストレスが溜まり、イライラしてしまう。

こういうときにウッカリ暴言を出してはいけない。

とくに、メールなどの文書に残してはいけない。

そうした発言は、たとえこちらが正義であったとしても、こちらを追い詰める根拠となってしまうからである。