雑記(池上彰氏の主張に反論:ゆとり教育、学力低下、PISA)

サイトのTOP→理系インデックス
雑記のTOP→雑記インデックス





最近(2016年)では 『 池上彰 』 という人物の解説番組が人気であるらしい。

色々な内容を扱っているようで、今回は教育関連の内容を扱っているらしいということで観てみた。

しかし、内容がかなり多くのトリックを含んでいたので、ここに反論を書くことにする。

まず、この番組の内容をまとめておく。

ただし、これは、この番組に限らず、雑誌やネットでしばしば言われたことでもある。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

1987年〜2003年生まれの世代に対して 『 ゆとり教育 』 が実施されました。

ゆとり教育とは、従来の詰め込み教育を反省し、授業時間と授業内容を削減する政策です。

しかし、ゆとり教育に対して間違った批判が出ているようです。

まず、下図をご覧ください。



これは 『 PISA 』 における日本の順位を表したものです。

PISA とは、OECDの学力調査で、色々な国と地域の学力がランキング付けされます。

PISAが対象としている子供の年齢は15歳です。

2000年〜2006年で、日本の順位が大きく低下していますよね?

だから、

「 日本の順位が低下している!これはゆとり教育のせいだ!ゆとり教育を撤回しろ! 」

・・・なんて、そんなことを言う人がいる。

だから、2006年頃にゆとり教育が撤回されました。

次に、2006年以降に日本の順位が大きく上がっていますね?

だから、

「 日本の順位が上昇している!ゆとり教育を撤回したおかげだ! 」

・・・なんて、そんなことを言う人がいる。

しかし、これは間違いです。

2000年〜2006年に日本の順位が低下しているのは、ランキングに新しい国と地域が加わったからです。

2000年の調査で32カ国だった参加国は、2012年の調査では65の国と地域へと増加しています。

つまり、2倍以上に増えているのです。

競争相手が増えたら順位が下がるのは当然でしょう?

また、政策は一度に全ての世代に実施されるわけではないのです。

政策が撤回されたからと言って、その影響がすぐに順位に反映されるわけではありません。

つまり、2006年以降に順位が上がっているのは、これ、ゆとり教育のおかげなんですね。

それなのに、2000年〜2006年に順位が下がったことで、

「 下がった!下がった!これはゆとり教育のせいだ! 」

2006年以降で順位が上がったことで、

「 上がった!上がった!ゆとり教育を撤回したおかげだ! 」

・・・と言う人がいる。

ゆとり教育撤回の影響が出るのは2015年以降です。

PISAの結果を見て日本の学力が下がったなんて言っている人がいるけど、その人たちの学力が心配だなぁ。

以上が、番組の内容の概略である。

しかし、これは最初から最後まですべてトリックである。

以下、これについて説明する。

たしかに、調査対象となる国が増加すれば、ある程度の順位低下は道理である。

しかし、それを考慮しても日本の順位は下がっている。

そもそも、上位の国は新規参入による影響を受けにくい。

少し強く言えば、いままで PISA の対象になっていなかった国など、下位の国なのだ。

例外的に上位に入ってくるのは 『 香港 』 と 『 上海 』 と 『 台湾 』 と 『 シンガポール 』 である。

( 国だけではなくて 『 地域 』 も混ざっていることに注意しよう )

さらに、上海とシンガポールの参加は 『 2009年から 』 なので、2000年〜2006年には無関係である。

よって、2000年〜2006年における実質的な新ライバルは 『 香港 』 と 『 台湾 』 だけである。

つまり、参加国の増加による順位低下で許容できるのは 『 −2 』 までである。

いや、香港と台湾に負けることが前提というのもおかしな話である。

よって、概ね 『 −1 』 くらいの感覚で考えるべきであろう。

以下、これについて詳しく見てみよう。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

まず、日本の 『 数学 』 の順位は次のようになっている。

2000年 01位

2003年 06位

2006年 10位

ひどい下がり具合である。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

一方、カナダの順位は、

2000年 06位

2003年 07位

2006年 07位

日本と同格のカナダは下がっていない。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

また、韓国の順位は、

2000年 02位

2003年 03位

2006年 04位

同じアジアである韓国も下がっていない。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

また、リヒテンシュタインの順位は、

2000年 14位

2003年 05位

2006年 09位

日本、追い越されているではないか。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

また、スイスの順位は、

2000年 07位

2003年 10位

2006年 06位

日本、追い越されているではないか。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

次に、日本の 『 読解リテラシー 』 の順位は、

2000年 08位

2003年 14位

2006年 15位

ひどい下がり具合である。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

また、ベルギーの順位は、

2000年 11位

2003年 11位

2006年 12位

日本、追い越されているではないか。

ベルギーは下がっていない。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

また、アイルランドは、

2000年 05位

2003年 07位

2006年 06位

日本、追い越されているではないか。

アイルランドは下がっていない。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

上位の国の中で下がっているのは日本だけ。

ゆえに、PISAの順位低下がゆとり教育の結果であると述べることは自然であろう。

少なくとも、ゆとり教育の影響を説明する1つの証拠として提示することに何も問題はない。

「 PISAによれば日本の学力は下がっている 」 と主張する人たちはこのことを踏まえて言っているのだ。

むろん、それを考慮しないで言っている人も混ざっているかもしれない。

しかし、個人がSNSやブログや日常で、少し間違ったことを言うことは仕方ない。

何しろ、その人たちは、これの専門ではないし、仕事でもないし、単なる 『 趣味 』 である。

しかし、この番組はどうだろう?

まさに、このような情報を発信することが 『 仕事 』 である。

この番組はこれで利益を得ているのだ。

それにも関わらず、

「 PISAの結果を見て日本の学力が下がったなんて言っている人がいるけど、その人たちの学力が心配だなぁ 」

・・・とさえ述べている。

メディアという強力な立場を利用し、本当に教育を考えている人たちの顔に泥を塗っている。

ちなみに、香港、上海、台湾、シンガポール以外で追加された国としては、次のようなものがある。

(*) イギリス、スロベニア、リトアニア、クロアチア、イスラエル、タイ、カザフスタン、チリ、・・・

むろん、国としては尊重するが、現時点で、日本がこれらの国に劣るわけがないだろう。

このように、順位争いとは全く無関係な発展途上国が増加しただけなのだ。

ところが、番組では 「 参加国が30カ国増えた 」 の部分を強調し、国の種類については述べない。

池上彰氏は 「 競争相手が増えたから順位が下がった 」 などと言っているが、大嘘である。

ちなみに、アメリカやイギリスは25位辺りをウロウロしている。

なぜなら、いずれの国も地域格差が大きい。

一方、日本は民族が固定されていて、識字率が高いことはよく知られている。

また、日本や韓国には 『 受験 』 が浸透している。

なので、そもそも日本は PISA において有利である。

それにも関わらず、当時は順位が急激に低下し、10位以下になった。

ゆとり教育が問題視されることは道理である。

次に、

「 本当にゆとり教育が撤回された後の影響が出るのはさらに後である 」

・・・について。

これも違和感をもつ。

なぜなら、教育政策を行っている国は日本だけではないからである。

他国が何もせずに待っているとでも?

他国はカカシではない。

10年以上も経過したら状況が変わってしまうだろう。

そのときの順位をもって、ゆとり教育の成否を論じる根拠とするのは弱い。

これは将来に対する備えである。

PISA の調査は世界規模なので、発表までに時間がかかる。

まだ2015年の結果は発表されていない。

将来的に、また、PISA の結果で色々な議論が出るかもしれない。

そのとき、今回の話を思い出してほしい。

上では 『 思考力 』 と述べた。

ただ、これも誤解を生みやすくてややこしい。

例えば、新しい知識を教えると、古い知識を忘れる。

あるいは、知識が邪魔して、本来は解けるはずの問題が解けなくなることはある。

よって、知識を問わない問題で成績を評価すると、思考力が下がっているように視える可能性はある。

この意味で、むしろ、ゆとり教育は PISA の成績では有利である。( それでも下がったのだが )

では、知識は教えない方がよいのか?

そうではないであろう。

以上で述べたように、番組の内容は多くの嘘・トリック・誘導を含んでいる。

しかし、番組内では人気絶頂の芸能人たちが、

「 あ〜!! 」

「 なるほど!! 」

・・・と盛り上げる演出をする。( 仕事なので当然だが )

だから、この番組の内容をそのまま信じる人は多いだろう。

ちなみに、ネット上ではこの番組を絶賛する声が多く出てくる。

なかなかの熱狂ぶりで、池上彰氏を神様扱いする声も多くあった。

番組からしてみれば狙い通りであろう。

そして、本当に教育を心配して PISA の結果を引用した人たちはバカにされていた。

池上彰氏の言葉をそのまま引用して、

「 PISAの結果を引用していた大人たちの学力が心配だ 」

・・・と、嘲笑する主張を多く見た。

テレビの影響力は絶大である。

池上彰氏は同様の話を著書の中でもしている。

とくに、この話は最初に登場する話である。

どうやら、自慢の話であるらしい。

その中では次のように書かれている。(私のサイトのスタイルに合わせて改行している)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

なぜなら、二○○○年調査で三二カ国だった参加国は、

二○一二年調査では六五の国と地域へと二倍以上に増えているからです。

そのなかで順位が上がったのですから、子どもたちの学力は、

単なる「回復」ではなく、「向上」といえるのではないでしょうか。

( 池上彰の「日本の教育」がよくわかる本 p32 )

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

そして、2012年の PISA の分野別ランキングの詳細が掲載されている。

それをここにも書いておくと、

数学 : 1位上海、2位シンガポール、3位香港、・・・・、7位日本

読解 : 1位上海、2位香港、3位シンガポール、4位日本

科学 : 1位上海、2位香港、3位シンガポール、4位日本

このような表を掲げて、新しく参加した国が上位に入っただけだという話を強調している。

なるほど、たしかに、1位〜3位は、上海、香港、シンガポールに独占されている。

しかし、これはトリックである。

既に述べたように、上海とシンガポールの参加は2009年からである。

よって、2000年〜2006年の順位低下とは無関係である。

さらに、次のページにもおかしなことが書かれている。

池上彰氏は文部科学省が行っている「全国学力・学習状況調査」について次のように書いている。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

この学力テストに私が子どもの頃と同じ問題が出たことがあります。

その正解率は、現在の方が高かったのです。

この事実1つをとっても、少なくとも私たちの時代と比べて、

現在の子どもたちの学力は低下していないといえるでしょう。

( 池上彰の「日本の教育」がよくわかる本 p33 )

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

池上彰氏は現在(2016年)にテレビで非常に有名で知識人とされているが、信じ難い主張である。

この主張だけでも多量の疑問点がある。

まず、「 子供の頃 」 とはいつだ?

「 現在 」 とはいつだ?

「 15歳の頃 」 ではなくて 「 子供の頃 」 となっているから、おそらく、かなり幅が広い。

「 現在 」 という表現も非常に曖昧である。

いくつもある問題の中から 『 過去 』 と 『 現在 』 を比較すれば、当然、正答率が高い問題も出てくるであろう。

むしろ、出てこないとおかしい。

次に、「 同じ問題 」 とはどういうことだ?

完全に・・・同じ問題なのだろうか?

普通に考えると、完全に同じ問題であるとは考え難い。

もし、『 類似問題 』 を比較して、たまたま正答率が上がったものを出しているのなら、意図的なトリックだ。

とくに、問題についての説明が一切ないことも不思議に思う。

池上彰氏が言っているのは、数学?理科?国語?

説明が何もないのだ。

正答率まで把握しているというのであれば、それを引用すれば大きな説得力になるはずなのに。

なぜか引用しない。

出題された時期も不鮮明。

問題の分野も不明。

本当に 「 同じ問題 」 なのかも不明。

はたして、池上彰氏の言う 「 私が子どもの頃と同じ問題 」 とは何なのか・・・。

もし、これが本の隅に少し書かれている内容であれば、私もそこまで追求しない。

しかし、これは本の隅に書かれている程度ではないのだ。

池上彰氏はこれを 「 子どもの学力が低下していないことを示すもう一つの事実 」 として提示している。

加えて、別のテレビ番組でも同様のことを主張しているようだ。

本の先頭やテレビで大々的に主張している割には、あまりにも根拠が薄い。

ゆとり世代にとって、私の主張は耳障りに聞こえるかもしれない。

何としてもゆとり世代の学力が低かったことを証明しようとする嫌なやつに視えるかもしれない。

しかし、私にそのような意図はない。

現在のところ、1987年〜2003年の生まれを 「 ゆとり世代 」 と呼ぶことが多い。

ここで、人格にまで立ち入って 「 これだからゆとり世代は〜 」 などと文句をつける人は割といるようだ。

しかし、これはおかしな話である。

人を特定のカテゴリに当てはめて理解した気になると、目の前の人の本質が視えなくなる。

『 全体 』 と 『 個人 』 はほとんど無関係であろう。