雑記(原因と結果)

サイトのTOP→理系インデックス
雑記のTOP→雑記インデックス





参考 ( テレビ、雑誌、ネットで見た話 )

東大生の子供の頃の学習スタイルを調査し、統計的にまとめました。

今回の調査内容は 「 普段、あなたはどのくらいの頻度で朝食を食べていましたか? 」 というものです。

すると、ある傾向があることが分かりました。

なんと、東大生の90%は子供の頃ほぼ毎日欠かさず朝食を食べていたのです。

脳のエネルギー源はブドウ糖です。

朝食をしっかりと食べると、脳にブドウ糖が供給されます。

これによって授業に集中することができるため、結果として成績が上がるんですね。

90%という値はたしかに大きいように思える。

しかし、全国平均がどれくらいなのかよく分からない。

もし、全国平均が90%ならば、むしろ90%という値は 『 否定材料 』 にさえなる。

平均と差がないということは、つまり効果がないということだからだ。

また、もし全国平均が90%より小さくてもまだ議論の余地はあるだろう。

例えば、以下のような考え方ができるかもしれない。

朝食を食べない子供というのはどういう意味をもつのであろうか?

これは 『 子供の面倒をみる余裕がない家庭 』 を意味するのでは?

「 食べていない 」 というのは、つまり、「 朝食が用意されていない 」 ということだからだ。

全てがそうだというわけではないが、そのような傾向があると考えることは自然であろう。

そして、『 子供の面倒をみる余裕がない家庭 』 における子供の成績は、おそらく、低いであろう。

つまり、「 朝食を食べたから成績が上がる 」 のではなく、

単に、「 成績の悪い子がデータから相対的に消えている 」 と考えられる。

よって、上の資料に書かれている主張は 『 原因と結果の混同 』 である。

そもそもブドウ糖を摂取したからといって成績が上がるのだろうか。

運動にはカロリーが必要だが、カロリー摂取によってスポーツができるようになるわけではない。

むろん、ひょっとしたら他にもデータがあって、資料の議論を支持するのかもしれない。

しかし、いま問題にしているのはそこではない。

問題なのは、

「 東大生の90%は子供の頃に毎日朝食を食べていた!」

「 これは脳にブドウ糖が供給されたからだ!」

「 そうか、朝にブドウ糖を食べればいいんだ!」

・・という、あまりにも単純化された議論が世間的には割と通用してしまうことである。

相関関係と因果関係はよく混同される。

『 相関 』 は、因果関係に基づく場合と、隠れた要因に基づいている場合がある。

隠れた要因に基づいている場合を 『 疑似相関 』 という。

例えば、実は、『 アイスクリームの販売本数 』 と 『 溺死者数 』 に相関があることは有名である。

奇妙なことに、アイスクリームの販売本数が増加すると、溺死者数も増加する。

しかし、両者に因果関係があるわけではない。

というのは、アイスクリームの販売本数が増加するのは、その日が暑いからであり、

溺死者数が増加するのは、暑い日に泳ぎに行く人が多いからである。

これは疑似相関の例として有名である。

統計の解釈は難しい。

私自身も間違うであろうし、おそらく他の多くの人も間違うことがある。

統計に対して勝手な解釈を付けてしまうことは人間本来の性質なのであろう。

一番恐いのは、自分こそは物事を正しく判断することができるという過信であろう。

むろん、先入観を排除することは重要である。

しかし、まずは既に自分の中に先入観があると認めることが重要であろう。

人間である時点で既に先入観や偏見に囚われているはずである。

参考 ( ダン・アリエリの実験 )

保育所では時間を過ぎてから子供を引き取りに来る親が多くて問題になっている。

そこで、社会科学者ダン・アリエリは、遅れてきた親に罰金を科すというルールを作成した。

そして、その後の経過を調べた。

罰金が科されるのであるから、時間外に子供を引き取りに来る親は減少すると期待される。

ところが、実験では、時間外に来る親の方が増加してしまった。

ダン・アリエリの実験結果はずいぶんと奇異である。

罰金を払わされるのであるから、当然ながら、時間外に子供を引き取りにくる親が減少するはずであろう。

ところが、逆に増加したという。

これらの親は罰金を支払うことに喜びを感じるとでもいうのであろうか?

これはずいぶんとおかしな結果だ。

しかし、この実験については次のような考察がある。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

時間外に子供を引き取りに来る親には、多かれ少なかれ 「 遅れて来た 」 という罪悪感がある。

しかし、実験によって新しく設置された罰金制度はこれらの罪悪感を軽減する効果があったと考えられる。

つまり、遅れてくる親は 『 罰金 』 を 『 保育所に支払う正当な報酬 』 と考えたのである。

これにより、罪悪感のなくなった親たちは時間外まで保育所に子供を預けることに躊躇しなくなった。

よって、時間外まで保育所に子供を預ける親が増加したのである。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ああ、そうか。言われてみればそうかもしれない。

なぜ気付かなかったのだろう。

・・・と、感じる人は多いのではないだろうか。

最初、奇異な結果に感じられていたダン・アリエリの実験が、いまでは自然な結果のように思えてくる。

これは単なる考え違い、ケアレスミスで済まされないかもしれない。

むしろ、このような考え違いが起こることは人間の本来の性質であるかもしれない。

人間は社会の中で生活をしている。

ゆえに、人間は社会の仕組みを理解していると思い込みがちだ。

例えば、ある政策がどのような結果を生むのか予想できると思ってしまう。

しかし、ダン・アリエリの実験からも分かるように、実際には予測から外れた結果が導かれることもある。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ところで、この実験、日本で行うとどうなるのだろう?

よく知られているように、日本人は海外の人に比べて時間に対して律儀である。

日本で同じ実験を行えば、また異なる結果が出るのかもしれない。

また、罰金の額はどのように影響するのだろう?

例えば、極端な話、罰金の額が1億ドルならば時間に遅れてくる親はいないであろう。

もしかすると、罰金の値によっては時間外に来る親が減少することもあるのでは?

1つの実験でも話を掘り下げていくと次々と新しい見方が生まれてくる。