雑記(授業、留年、卒論)

サイトのTOP→理系インデックス
雑記のTOP→雑記インデックス





現在(2014年)のところ、理系学生の大学院進学率は約50%である。

むろん、大学・学部・学科によって異なる。

昔は大学院進学は珍しいこととされていたが、いまではめずらしくない。

現在(2014年)のところ、日本の大学における理系学生の留年率は全体の10%くらいであろう。

むろん、大学・学部・学科によって異なる。

『 席順 』 と 『 成績 』 には相関関係がある。

試験の採点を行うと、席が後ろになっていくにつれて点数が下がっていく。

これは教員やTAの間では有名な話。

高校数学と大学数学のギャップに戸惑う学生は多い。

その原因は、高校と大学で色々なものが変化するからであろう。

先生と学生の距離感も変わるし、学生と学生の距離感も変わる。

生活環境が変わる人も多いし、学問の質も変わる。

とくに、『 学問の質が変わる 』 の部分は大きいかもしれない。

中学と高校では学問の質はあまり変化しない。

なぜなら、中学から高校への変化は、単なる 『 追加 』 だからである。

一方、高校から大学への変化は、『 見直し 』 である。

むろん、追加される内容もあるが、どちらかというと、見直しの傾向が強い。

中学では1次方程式、2次方程式をやった。

高校では微分・積分をやった。

さぁ、大学では何をやるんだろう?

・・・と思っていたら、学生を出迎えるのはまたしても微分・積分なのである。

しかも、一度やったはずなのに、内容が難しくなっている。

これが学生を混乱させるのであろう。

実は、高校数学にはかなり雑な部分がある。

大学の数学では、これを詳細に検討する。

すると、高校のときには何事もなく通り過ぎていた道に、

広大な世界への入り口が隠されていることが分かる。

しかし、残念ながら、この世界に気付ける学生は多くない。

授業に参加する意味は何だろう?

授業のよいところの1つは、あの臨場感であろう。

勉強は1人でやることもできるが、やはりどうしてもダラけてしまう人が多いのではないだろうか。

また、社会では 『 相手の説明をその場で理解する能力 』 も重要となる。

上司が練習問題を配ってくれるわけではないからである。

授業による学習はちょうどその訓練になるかもしれない。

授業は、単に知識の伝達を目的としているわけではない。

知識を吸収する手法を実践的に学んでいるとも言えるであろう。

「 後で家で勉強する 」 という態度で授業をサボると、次々と後手に回る。

授業というスタイルに欠点がないと言いたいわけではない。

例えば、授業というものは自分のペースで学習できないという負の側面もある。

そもそも、目や耳が悪いなどの何らかの事情を抱えていて、授業に向いていない人もいる。

ただし、授業を軽んじてはいけない。

普段に意識しなくても、『 環境 』 の効果はかなり大きい。

現在(2016年)、ネットが発達し、タブレットも普及した。

教科書も参考書も充実しているし、タブレットを開けばいつでも授業が見れる。

さらに、ネット上では海外の有名な大学の講義を聴講することもできる。

さらに、それによってその大学の単位を取得するシステムもある。

それでも、授業が行われているのは、やはり環境の影響が大きいからである。

そもそも、タブレットがない時代にも、ビデオ講義という試みはあったのだ。

つまり、授業を録画しておいて、テレビで見せればよい。

教員の負担も減少して、ああ楽だ。

ところが、ビデオ講義は普及しなかった。

はっきりとしたデータを把握しているわけではないが、やはり学生が怠けてうまくいかないらしい。

『 ランチメイト症候群 』 という言葉があるらしい。

学校や職場で一緒に食事をする相手がいないことに一種の恐怖を覚えるという精神状態を意味する。

これは正式な心理学の用語ではないが、大学生の心理をよく表している言葉であるかもしれない。

中学・高校まではクラス単位で授業が行われ、行事もあるために嫌でも人とのつながりができるであろう。

しかし、大学以降ではそういったものがなくなる。

なので、友達ができないのではないかという恐怖をもつのかもしれない。

ただ、大学は学問を学ぶ場なので、本来はそのようなことはどうでもよいはずである。

留年の原因としては次のようなものが考えられるかもしれない。

(1) 高校と大学のギャップ

(2) 油断

(3) バイト過剰

(4) サークル過剰

(5) 故意による留年

(6) 連鎖留年

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

(1)高校と大学のギャップについて。

高校と大学の環境の変化に対応できない学生は割と多いと思う。

それによって留年することがある。

大学の授業についていけないとか、調子にのって授業をサボりすぎたとか、そういうものを含める。

最もありそうなのは・・・試験対策に関するギャップかもしれない。

高校の試験では、試験前に 『 多量 』 の問題を解いて、それで試験をクリアするという人が多い。

ところが、大学の試験になると、問題集がない。

高校までの学習法を無理に押し通そうとする人は、書店で問題集を探そうとするかもしれない。

けれども、大学の授業1つ1つについて多量の問題を解くとなると、時間がいくらあっても足りない。

ではどうすればよいのであろうか?

重要なのは、理論の基礎を理解し、自分の理解を 『 少量 』 の基本問題でしっかりと確認することである。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

(2)油断について。

大学1年の講義の場合、初めの何週間は復習や定義の確認から入ることが多い。

なので、「 余裕余裕 」 と考えてサボる人が出てくるかもしれない。

しかし、授業が進むと途中から何を言っているのかわからなくなることもあるので注意が必要である。

実際、楽々な授業はあるかもしれないが、油断は禁物である。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

(3)バイト過剰について。

これはバイトのしすぎによる留年。

経済的困難によって生じるバイト過剰もあれば、夢中・逃避によるバイト過剰もある。

バイトは、単なる逃避ではないため、自分に対して言い分けしやすいという問題があるかもしれない。

バイトは収入につながるし、社会経験にもなるし、社会の役に立っているという実感がもてる。

それゆえ、「大学の授業がピンチだけど、役に立っているし、いいよね、うん 」 という言い訳が付けやすい。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

(4)サークル過剰について。

サークルというのは、高校の部活動のようなものである。

サークルをやっていない人も普通にいる。

サークルに夢中になりすぎると当然に成績は下がるので、これによって留年する人がいる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

(5)故意による留年について。

卒業年次に次年度の身の振り方が決まらなかった場合にわざと留年することがある。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

(6)連鎖留年について。

一度留年した人は連鎖的に何度も留年する傾向がある。

おそらく、留年者には何らかの根本的な要因があり、これが簡単には解消されないためであろうと思われる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

留年すると、次のようなデメリットが生じる。

(*1) 就職活動に悪影響が出る。

(*2) 学費がかかる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

(*1)について。

会社によっては 「 留年は選考で不利になることはない 」 と書いているものがあるが、

あれは何らかの正式な理由があった場合の話である。

単に成績不振による留年の場合はもちろん不利になる。

(*2)について。

もちろん、留年時に学費が無料!などというおいしい話はない。

学費がかかるので親から怒られる人は多いかもしれない。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

留年を防ぐためには、ガイダンス・授業にしっかりと参加することが重用である。

ガイダンスや初回の授業では色々と重要な説明があるので必ず参加した方がよい。

『 大学のガイダンス 』 を 『 校長のスピーチ 』 と同じように捉えてはいけない。

ガイダンスでは重要な説明がなされることが多いので、参加しないと致命的な問題が生じることがある。

大学を卒業するときには卒業論文を書く。

ただし、一口に卒論といってもピンからキリまである。

むろん、大学などにも依存するし、同じ大学でも人によってかなり異なる場合がある。

本当に興味深い論文もあれば、問題集の解答・解説を写しただけのようなものもある。

日本の入試とアメリカの入試の違いについて説明する。

日本の場合は大学入試結果が重視されている。

アメリカの大学の場合は最終学歴(取得学位)が重視されている。

だから、「 日本の大学は入るときは難しいが、卒業は簡単 」 と言われる。

一方、「 アメリカの大学は入るのは簡単だが、卒業は難しい 」 と言われる。

ただし、アメリカでも高いレベルの大学に入るのは難しい。

現在(2014年)の日本とアメリカにおける博士課程周辺の違いについて。

人口の割合を考慮しても、日本はアメリカに比べて博士が半分程度しかいない。

アメリカの場合、社会的な評価は 「 博士>>修士>学士 」 という順番になっている。

給料も 「 博士>>修士>学士 」 という順番になっている。

だから、アメリカの社会では管理職が博士を学位としてもっていることが多い。

アメリカの場合には博士課程の重要性が広く認知されているが、日本では認知されていない。

アメリカの場合、博士課程から企業に就職する人は普通に多い。

大学の単位取得についてはウソなのかホントなのかよく分からない話が多くある。

例えば、

(1) 「 卒業できるか否かの瀬戸際だったけど、教授が特別課題を出してくれて、それで助かった 」

(2) 「 教授に土下座して頼みこんで単位をもらった 」

(3) 「 試験が全然分からなかったけど、とにかく自分の得意分野について議論を書いたら単位もらえた 」

・・・などである。

しかし、単位が危ない学生を特別課題で助けるというルールはないし、

どんなに解答欄に色々と書いても無関係なことを書けば点はもらえない。

残念ながら、

「 とにかく書けばいい。書かなかったら可能性は0。でも書けば0じゃない。そうやって自分は卒業した 」

・・・という、武勇伝なのか人生論なのか作り話なのかよく分からない話をする大人もいる。

これを真に受ける学生もわずかながらいるものと思われる。

解答につながるであろう過程を書けば部分点をもらえる可能性はある。

とにかく知っていることを書きまくれば点がもらえる、などということはない。

( 少なくともまともな授業ならば )

そもそも、(1)〜(3)の話は数学・自然科学ではなくて、別の分野である可能性も大きい。

とくに、自然科学のように、答えが明確に定まる分野において情状酌量の余地はない。

途中過程がどんなに正しくても、最後に計算ミスすれば×が付くことは普通にある。

『 計算ミス 』 といえば、何となく軽いニュアンスがあるが、これは決して軽くはない。

『 重要な場面でミスをしない能力 』 は非常に重要である。

ゆえに、部分点を期待する性分は早めに脱却した方がよいであろう。

たしかに、危機的な学生を先生が面倒をみて助けた、という話はある。

しかし、この手の話はあまり鵜呑みにしない方がよい。

ノーベル物理学受賞者である小柴昌俊先生は、

「 この世に摩擦がなければどうなるのか 」

・・・という問題を出した。

摩擦がない場合、鉛筆の先端が滑ってしまい答案は書けない。

よって、「 白紙 」 で回答することが正解であったという。

これは非常に有名な話だが、いつも細部は語られない。

私も細部は知らない。

ただ、どうやら大学院生時代に臨時講師をやっているときに出した問題であるという。

しかも、おそらく、これはこの1問だけを出題するというクイズ形式のものであろう。

そうでなければ、他の解答もすべて白紙になってしまう。

しかし、『 ノーベル物理学受賞者 』 と 『 試験 』 という言葉が出てくるので、

あかたも正式な試験で上記のような問題が出題されたと錯覚する人が多いのではないだろうか?

こうした曲解が進み、大学の期末試験についておかしな考えをもつ学生が出てくるものと思われる。

化学科の学生だった頃、化学科向けの量子力学の講義をとった。

ところが、講義を受けてみると、教室がガラガラだった。

どうやら 「 その授業は難しい 」 という情報が学生たちの間で流れていたらしい。

しかし、授業も試験も簡単であった。

私が量子力学を得意としているという話ではない。

他の授業と比較しても難しい授業とは思えないのである。

結果、何の情報も手にしていない私は 「 役に立つ+簡単な授業 」 によって単位を取得した。

学生にとって講義に関する情報は重要であるかもしれない。

しかし、あまり周囲の情報に過敏に反応しすぎるのはよくないかもしれない。

化学科で学ぶのは量子化学であり、物理学科で学ぶのは量子力学である。

量子化学と量子力学の間に大きな違いはない。

ただし、量子化学では分子に束縛された電子を扱う。

一方、量子力学では電子の普遍的な性質を扱う。

初等的な量子力学では、少し指数関数とオイラーの公式をつかうだけである。

しかし、化学科の学生は、電子が分子に束縛されている状態しか知らないのだ。

だから、量子力学の授業で戸惑ってしまうのかもしれない。

研究室選択の時期になると、どの研究室が就職に有利などという情報が流れることがある。

しかし、これらを過剰に意識することは適切ではない。

例えば、私の大学の場合、研究室選びで全く人気がなかった研究室から有名企業へ就職する人は普通にいる。

ちなみに、同じ研究室であっても、年によって大きく人気が変化する場合もある。

むろん、本当に就職活動に有利な研究室もあるであろう。

ただ、その手の情報を過剰に意識することは正しくないという話である。