枯草菌(納豆菌、γポリグルタミン酸)

サイトのTOP→理系インデックス





「納豆のネバネバ成分は何だろう?」と疑問に思っている人は多いのではないだろうか。

そこで、このページでは納豆のネバネバ成分について対談する。

今日の私の学食はネバネバ納豆に決定!
私はネバネバ納豆は無理・・・。
ええー?おいしいよネバネバ納豆。

納豆!オクラ!ナメコ!

ネバネバでネバり強さを手に入れてネバーギブアップ!フォーネバー!
ネバーギブアップを手に入れる前にギブアップ。

無理に食べようとすると 『 クラインの壺 』 になる。
「 吐く 」 ってことだね。
そう。
そういえば、あのネバネバの成分って何だろう?
ネバネバの成分は生物によって異なる。

多くはアミノ酸や糖がたくさん連結したものだと思う。

納豆のネバネバは『γポリグルタミン酸』による。

ここにフルクトースの重合体が絡みついている。

これは納豆菌によって生成されている。
納豆菌?
納豆菌は枯草菌の一種。

枯草菌は枯草や土壌に生息している。

例えば、生物の死骸などは枯草菌によって分解される。

枯草菌は豊富な分解酵素をもつ大食い微生物。分解者。
納豆菌は何のためにγポリグルタミン酸をつくっているの?
γポリグルタミン酸は納豆菌の栄養貯蔵物質と考えられている。

つまり、栄養分が枯渇するとγポリグルタミン酸を分解して栄養源とする。
γポリグルタミン酸を他の生物に横取りされる可能性は?
γポリグルタミン酸は他の微生物によって分解されにくい。

あと、γポリグルタミン酸は保湿性がある。

これによって納豆菌は乾燥から守られる。
へぇ、納豆菌ってねばり強いんだね。

あのネバネバは納豆菌のねばり強さを生み出していたのか。。。

納豆をかきまぜて、あのネバネバを増やすのが楽しいよね。

いわく、納豆は100回かき混ぜろ!
そんなにかき混ぜたいのなら、ビーカーに納豆を入れてスターラーで攪拌すればいい。
スターラーって何?
正確に言うと、マグネティックスターラー。

化学の実験器具。攪拌子(チップ)を磁石の力で回転させて液体を撹拌させる。

磁石は台とチップの両方に埋め込まれている。

だから、ビーカーにチップを入れて台に載せるだけで攪拌できる。
じゃあ、後で研究室に納豆をもっていくね!
やめて。教授に怒られる。
教授 「 何やってるの? 」

学生 「 納豆をスターラーでかき混ぜているんです 」

教授 「 何の実験? 」

学生 「 いえ、食べるんです 」
その後で怒られるよね。
教授 「 後で私にも食べさせてね 」
その研究室は自由すぎる。



参考文献

中島春紫:発酵の化学,講談社,2018.

〇 納豆菌とγポリグルタミン酸(99,100)