研究倫理(再現性、再現性の危機、参考文献)

サイトのTOP→理系インデックス





研究倫理は研究において守られるべきルールを意味する。

勿論、このことは多くの人が知っていることであろう。

しかし、具体的に研究倫理とは何であろうか?

研究倫理って何だろう?
研究において守られるべきルールのこと。

正直、公正、客観性、信頼性などを意味する。
う〜ん・・・言葉としては理解できるけど、モヤモヤするかも。

研究倫理の講習を受けたけど、原則が多くありすぎて内容を忘れる。
そういう場合は反面に注目するといい。
反面?
研究倫理の反面は 『 研究不正 』 のこと。

研究不正としては次の3つがある。

(1) 捏造 : 存在しない研究データをつくること。

(2) 改竄 : 研究データを書き換えること。

(3) 盗用 : 他者の研究者のアイディアを当人に無断でつかうこと。

研究倫理の説明は色々あるけど、研究不正はこれら3つで統一されている。

その意味で、研究倫理よりは研究不正の方が分かりやすい。
捏造と改竄は 「 ウソ 」 で、盗用は 「 パクリ 」 だね。
そう。つまり、研究不正は 「 ウソ 」 と 「 パクリ 」 の2つだけ。

だから、さらに、この逆を考えればいい。

つまり、研究倫理の要は 「 ウソをつかないこと 」 と 「 パクリをしないこと 」 だね。
けど、ウソをつかなくても間違えることはあるよね。

それと、パクリをしないというのも難しい気がする。

だって、すべてをオリジナルにすることはできないよ。
うん。だから、実用的には 「 再現性 」 と 「 参考文献 」 が重要。
実用的に?
教科書的に説明すると研究倫理としては [ 正しさ、誠実、客観性、論理 ] が重要。

けど、こういうものを1つ1つ丁寧に説明しても聞いている方は飲み込めない。

「 良い子に育ちなさい 」 と言って、良い子が育つわけじゃない。

そこで、私は再現性に注目するべきだと思う。

再現性の順守を目指せば [ 正しさ・誠実・客観性・論理 ] も自動的に付いてくる。

なぜなら、再現性を順守するためには [ 正しさ・誠実・客観性・論理 ] が必要だから。
たしかに、再現性は重要だよね。むしろ、それが実験科学そのものという気もする。
ただ、科学界が再現性を守れているかというと、そうでもない。

実際、多くの研究者は(他人の論文などで)再現性が得られない経験をしている。

これは 『 再現性の危機 』 と呼ばれていて、古くからある問題。



参考文献

とくになし。上述の説明は即興です。