対談形式(何のために学ぶのか?)

サイトのTOP→理系インデックス
対談形式のTOP→対談形式インデックス







何のために学ぶのでしょうね?


古今東西、あらゆる場所で問われ、大人を苦しませる問題かもしれませんね。

私なりの答えは、「 学ぶのは、自分の可能性を広げるため 」 です。


自分の可能性を広げるため・・・。


海外の人と対話するためには 『 英語 』 が必要です。

英語を知っていると、それだけ可能性が広がります。

自然現象と対話するためには 『 数学 』 が必要です。

数学を知っていると、それだけ可能性が広がります。

コンピュータと対話するためには 『 プログラミング 』 が必要です。

プログラミングを知っていると、それだけ可能性が広がります。


なるほど。

しかし、ひねくれている生徒さんは多いので、

「 可能性なんていらないですwww 」

・・・という答えが返ってくるかもしれませんよ?


その場合は、

「 そりゃ、あなた、いまは親の金で生活しているからそんなことを言うのでしょう 」

・・・と返しますね。

可能性がいらないなんて、それ本気ですか?と。


最近は経済系でも数学をつかうのですよね。


機械系、建築系、物理系、化学系でもつかいますね。

例えば、機械系、建築系、物理系では振動現象が重要です。

振動現象を記述するためには、微分方程式を用いることは道理。

微分方程式を解くためには、線形代数とフーリエ解析が必要。

代数学を知っていれば、分子の対称性に関する議論は10倍速く、10倍深く理解できます。

また、量子論の授業でルジャンドル多項式やラゲール多項式が少しだけ登場します。

ルジャンドル多項式やラゲール多項式は 『 直交多項式 』 と呼ばれる分野の内容です。

直交多項式は、フーリエ解析や関数解析の仲間です。

なので、フーリエ解析や関数解析などを知っていると、背景が分かるので、見通しがよくなります。

ただし、無理にこれらを理解しなければならないということではありません。

また、英語やプログラミングを何よりも優先して学ぶべきだと主張しているわけではありません。



何だか不思議な感じがします。

なぜ、数学がこれほどまでに色々な分野で登場するのか・・・。


それは、数学が 『 自然の言語 』 だからでしょうね。

世間的には、数学は 『 初等的な計算 』 の側面だけしか知られていません。

だから、現在(2015年)のところ、数学は、国語や英語と切り離されて捉えられることが多い。

しかし、数学は自然と対話するための 『 言語 』 でもあるのです。

ここでいう自然とは、自然現象、社会現象を意味します。

英語は海外の人と会話するための言語です。

当然ですが、英語はあらゆる場面(日常会話、ビジネス、外交など)に登場します。

それと同じで、数学は、自然のあらゆる場面に登場します。



数学は自然の言語ですか・・・。

しかし、数学は難しいですよねぇ・・・。



海外の人と対話するために、言語学者になる必要はありません。

ただし、日常会話くらいは話せた方がよい。

自然現象と対話するために、数学者になる必要はありません。

ただし、集合論や線形代数くらいは話せた方がよい。

むろん、所属する学科などにも依存します。



研究者になる場合は、大学の内容はすべて極めないといけませんよね?


いや、それは違いますよ。

全てを学んでから研究しようとすると、いつまで経っても研究できない。

だから、研究の中で必要になったものを学んでいく方がよい。

「 研究とは〜 」 などと述べるつもりはありませんが、これは研究者の間でよく言われることです。



研究者でさえ、そうなのですか。

研究者は既存の内容をすべてマスターしているのかと思っていました。

「 準備万端にしてから進もうとすると何もできない 」 というのは教訓的ですね。



多くの人にとって、学問とは、大学受験や資格勉強を意味しますからね。

おそらく、そういったことが一因となって、学問全体を頭に入れられると誤解する。

「 端から頭に詰め込んでいくものだ 」 と錯覚する。

実際には、特定の分野(関数解析、熱力学など)だけでも、膨大な内容があります。

というより、年々変化して増大している。