対談形式(大学の教員が教科書を書く理由)

サイトのTOP→理系インデックス
対談形式のTOP→対談形式インデックス







ところで、大学の先生は教科書を書いたりしますよね。


そうですね。


やっぱり、儲かりますか?(¥▽¥


いや、儲かりませんよ。


・・・。

・・・。

またまたぁ〜〜!


いやいや・・・本当に。



では、具体的にどのくらいの金になるのでしょう?

そもそも、教科書とか理工図書はどれほど売れるのでしょう?



通常は2000部ですね。

1万部売れる本は全体の1%くらいであると思われます。



えーと、現在(2016年)のところ、理工図書って2500円くらいですよね。

1冊の本で印税が10%だとすれば、40万円とか、200万円とか?



そうですね。

あと、いきなり40万円とか200万円が入ってくるわけではありませんよ。

10年間くらいかけてゆっくり入って来るので・・・。

あと、教科書の作成は、一般の人が想像しているよりもかなり労力を要する作業です。

専門書を1冊書くために必要な時間は、概ね1000時間ほどですね。

なので、時給換算すると、全く得になっていない。



教科書の作成に1000時間!?

かかるのですか??


むろん、分野や内容にも依存しますけどね。

ちなみに、松坂和夫先生は 『 代数系入門 』 の作成に8年かかったらしい。

(参考:代数系入門のはしがき)



8・・・年・・・!?

え・・・いくら何でも・・・え・・・?

ええと・・・軽んじるつもりはないのですが、それは、こう、ユッタリと作ったということなのでは?



むろん、実際にどのくらいの労力が費やされるかは著者以外には分からないです。

ただ、初版が1976年で、まだ十分に整理された本が少なかった時代。

あの完成度までもっていくとなると・・・8年という期間は普通だと思います。

とくに、突破口を開くことは、後続に比べると10倍近い労力を必要とする。

ネット上で安直な批判をしている人は多いですが、批判は簡単です。

批判などというものは、ソファーで寝転がって菓子を食べながらでもできます。



8年・・・8年かぁ・・・。



結果の部分だけ切り取って色々と言う人はいますけど。

実際には作成期間も勘定に入れないと意味がない。

物を作ったことがない人はこの部分をよく見落とす。

作成期間が10倍ならば利益は 1/10 です。

で、教科書の作成は、副読本や一般書よりも10倍の手間がかかる。

教科書の作成で儲かるというのは幻想ですね。



ええと・・・。

すると、大学の教員は何のために教科書を書くのでしょう?

業績になるとか?



自然科学系の場合、教科書を書いても業績にはなりませんよ。( 人文系は別です )

教科書作成の理由は、主に次のようなものでしょうね。

(*1) ボランティア(教育熱心)

(*2) 授業をするときに少し便利。

(*3) 知名度が少し上がる。

終わり。


なんと・・・教科書の作成はボランティアだったのですか。

教員が学生を苦しませるために作っているのだと思っていました。



個人的な経験で言うと、むしろ、教科書を作成する教員は気さくな人が多い。



意外です。

教科書は何となく堅いイメージがあるので。



そりゃ、教科書なので 「 〜である 」 とか 「 求めよ 」 とか書きますけれども。

教員の性格が堅いわけではないです。

むしろ、ボランティアで書いている教育熱心な教員ですね。

学生を威圧したいのであれば、教室で威張っている方がよい。

儲けを期待するならば、初級者向けの本を書いている方がよい。

知名度を上げたいのであれば、SNSで活動した方がよい。

苦労して専門書を書いても、ネット上のレビューでワケ分からない批判を書き込まれるだけです。



たしかに・・・教科書作成の理由はボランティアしか残りませんね・・・。



むろん、それだけが教育熱心な先生という意味ではないです。

例えば、研究室に配属された学生の指導に重点を置く教員もいるでしょう。(優れた研究者の育成)

例えば、授業の準備に重点を置く教員もいるでしょう。(授業の質の向上)

例えば、一般書やSNSに重点を置く人もいるでしょう。(世間の科学に対する理解の促進)

例えば、論文の査読に重点を置く教員もいるでしょう。(研究分野の活性化)

むろん、教育ではなくて、研究に専念する人もいるでしょう。



色々な活動がありますねぇ・・・。



ただ、最近はSNS上で、自分の著作を称賛した人のコメントを再発信する人がいらっしゃって・・・。

あれはあまりよろしくないとも思います。



あー・・・、例えば、誰かが

「 ○○先生の本、分かりやすい! 」

・・・とコメントしたら、それを再発信・共有するということ?

けど、それって、何か問題があります?



それをやると、

「 その本を称賛すれば有名人に自分のコメントを再発信してもらえる 」

・・・という心理が出るでしょう。

すると、色々な人がその本を称賛するようになる。

このようにして自分の評判を作り上げる人がいるのです。

あれは本来の評判とは異なるので、あまりよいことであるとは思えません。