対談形式(教科書の読み方)

サイトのTOP→理系インデックス
対談形式のTOP→対談形式インデックス







どうにも、教科書には抵抗感があります。

なぜだろう?


日常と教科書は、議論の順番が逆だからかもしれませんね。


逆?


日常の議論は 『 掘り下げ式 』 です。

例えば、

子 「 なぜ日本の陸地には風車がないの?オランダにはあるのに 」

親 「 日本は山が多くて風が不規則だから効率が悪いんだよ 」

子 「 そっか、じゃあオランダに風車があるのは平地だから? 」

親 「 その通り! 」

子 「 でも、何でオランダは平地なの? 」

親 「 あそこは人工的に埋め立てて作られた土地だからだよ 」

子 「 なるほど! 」

・・・と、このように掘り下げていくわけですね。


そうですね。


一方、教科書は 『 積み上げ式 』 です。

例えば、

書物 「 A は B である 」

学生 「 ふむ 」

書物 「 B は C である 」

学生 「 ふむ 」

書物 「 C は D である 」

学生 「 ふむ 」

書物 「 D は E である 」

学生 「 ・・・ 」

書物 「 E は F である 」

学生 「 いつまで続くねん! 」

・・・と、こうなるわけです。


たしかに、そうですね。

教科書は、議論がどこに向かっているか分からないんです。

目的地が分からないのにいつまでも歩いている感じがして・・・。

それが教科書に抵抗感をもつ原因かもしれません。

教科書も掘り下げ式で説明すればよいのでは?


不可能でしょうね。

まず、議論の長さが日常の比ではない。

加えて、議論が枝分かれして、再び合流することもあります。

これを掘り下げ式でやると、余計に複雑になるだけです。

そして、過去に掘り下げ式の教科書が作られたこともありません。

学問上の必然と考えるべきでしょう。


あああ・・・諦めるしかないのか・・・。


いや、そこは教科書の読み方を工夫すればよいのですよ。

教科書を前から読む必要がどこにあるのでしょう?

A→B→C→D→E→F とあるなら、まずは最後の E→F を読んでみてはどうでしょうか?


うーん?

いきなり E→F を読んでも意味が分からないのではありませんか?


そこは調べればよいのです。

例えば、集合論の教科書で 『 濃度 』 という概念を調べると、『 全単射 』 という言葉に出会います。

で、全単射の意味を調べると、「 単射かつ全射な写像 」 であると分かります。

すると、「 単射・全射って何だ? 」 という疑問・好奇心が湧き出します。

そして、単射・全射の意味は、教科書の序盤に書かれています。

すぐ近くにあるのだから、まずはそこまで行ってみようということになります。

少なくとも、何も目的もないまま歩くよりは、教科書に接しやすくなっているはずです。



なるほど、片端からバカ正直に読むのではなくて、たまには後ろの内容も読んでみると。

目的地から逆算して必要な部分を読むということでしょうか。



そうですね。

実際、私は数学書を読むとき、最初に 『 定義 』 と 『 定理 』 の内容を一通り読みます。

( むろん、ある程度は柔軟に対応します )

( 例えば、証明が短ければ、そこだけ証明を読んだりします )

そうすれば、何がどこに書いてあるのか、何を目的として書かれているかが分かります。

また、各章を読むときに、その章の後ろを先に読みます。

すると、そこには目的となる定理が書かれています。

これで 「 ああ、この定理に向かって議論が進むんだな 」 と分かります。

また、その証明には定理の引用も載っているでしょう。

そこから使用されている定理を逆引きして、流れをつかみます。

すると、「 なるほど、この定理がここにつながっているのだな 」 と分かります。

よく、

「 教科書には動機付けが書かれていないからやる気が出ない 」

・・・と言う人がいます。

しかし、これは自分の心の在り方を教科書の責任にしているのです。

あまりよいことであるとは思えません。

この類の人は、次から教科書の読み方を変えてみてはどうでしょうか。



そういえば、ゲームでも偵察部隊で事前に地形や敵の位置を把握することは重要ですよね。



なぜゲームに比喩するのか分かりませんが、まぁ、そうです。


もしかしたら、今回の話は教科書だけではなくて、学習全般についても言えるかも。



そうですね。

例えば、量子力学の本質は高度に数学的です。

なので、量子力学を端から完全に理解しようとすることは難しい。

そこで、入門の段階では工事現場の仮設足場のように基本的事実を認めた方がよい。



しかし、教科書は少し無味乾燥にすぎると思うのです。

あれはもう少し何とかならないものでしょうか?


教科書は、事実のみが記された地図です。

で、実際に書かれているところまで行って、

「 この道はなかなか険しい 」 とか、

「 ここを登るにはこの道具が使える 」 とか、

そういうことが分かるわけです。

つまり、自分なりに味付け(解釈付け)するのです。

気付いたことを便箋に書き込んで貼り付けたり、ノートにまとめる。

この営みが学びの楽しさへとつながっていくのではないでしょうか。