対談形式(パソコンの基礎)

サイトのTOP→理系インデックス
対談形式のTOP→対談形式インデックス







むむむ・・・。

パソコンを起動するときに、余計なソフトが勝手に起動して邪魔だなぁ・・・。

これを無効にするにはどうすればよいのでしょう?

ちなみに、使用しているパソコンは Windows です。



それは、次の手順で無効にできますよ。

(*) スタート>コントロールパネル>スタートアッププログラムの変更

後は、目的のプログラムを選択して 『 無効 』 を適用すればよい。



んんん・・・?

その、最初に書かれている 『 スタート 』 とは?



Windows を終了するときに、左下のアイコンを選択するでしょう?

それは 『 スタートメニュー 』 と呼ばれるものです。

で、スタートをクリックすると、ピクチャ、ネットワーム、コントロールパネルなどの項目が表示されます。



ああ・・・!

これを 『 スタート 』 というのですね。



よく、パソコンの手順を説明するとくに、スタート>コントロールパネル>・・・という書き方をします。

パソコンを知らない人は、この最初の部分が分からなくて戸惑うことがあるかもしれませんね。

その他、機種によって名称が少し異なる場合もありますが、ここは柔軟に対応するとよいでしょう。



あ、そういえば。

以前に、なぜかサイトの更新情報が反映されない現象がありました。

これはどうすれば治るのでしょう?



サイトの更新情報が反映されない・・・ということは 『 一時ファイル 』 が更新されていないのでしょう。



一時ファイル?



例えば、初めて 『 サイトA 』 を閲覧した人がいるとします。

このとき、パソコンは閲覧したページをコピーして保存します。

( ただし、完全に丸ごとコピーして保存しているわけではない )

もし、その人が同じページを閲覧すると、パソコンがコピーした情報を復元します。

これにより、より素早くページを表示することができます。



なるほど。



では、もし、一時ファイルが更新されなかったとしたら、どうでしょう?

その人は、現在のページではなくて、古いページを見ていることになります。

なので、サイトの更新情報が反映されない。



ああ、なるほど。

つまり、私のパソコンは一時ファイルを更新していないのですね。

・・・って、ダメじゃん!!

設定を変更しないと・・・。

ええと、どうすればよいのでしょう?

あれれ?

スタートメニューを開いて調べても、よく分からない・・・。



あ、一時ファイルの管理は 『 ブラウザ 』 で変更できます。

スタートメニューではありませんよ。



えええ・・・?

難しい・・・。

そもそも、ブラウザって何ですか?



いやいや、全く難しくありませんよ。

落ち着いて聞いてください。

『 ブラウザ 』 というのは、インターネットを閲覧するときに起動するソフトのことです。

例えば、Windows であれば 『 Internet Explorer 』 がお馴染みかもしれません。

これは略して 『 IE 』 と呼ばれることも多い。



ああ、これをブラウザと呼ぶのですか。

それで、どうやって一時ファイルの変更を?



どこかをクリックすれば、『 インターネットオプション 』 という項目が見つかると思います。

その後は次の手順です。

(*) インターネットオプション>閲覧の履歴>設定



なるほど。

それにしても、今回の内容はスタートメニューでは対応できないのですね。

どの設定をどこで行えばよいのか、混乱してしまいます。



それは機能をよく考えれば概ねの予想できると思います。

例えば、パソコン起動時に関連する設定がスタートメニューにあることは道理です。

だから、スタートプログラムの設定はスタートメニューで行うわけですね。

その他、パソコンの基幹的な部分に関する設定はスタートメニューです。

一方、インターネットの閲覧に関する内容がブラウザにあることは道理です。



そっか・・・。

最初、私はパソコン起動時に自動的に起動するソフトが邪魔で、

『 そのソフト 』 を色々と調べて自動的に起動しない設定を探していました。

しかし、これは間違いだったのですね。

起動時に関連する設定だから、スタートメニューを探すべきだった。



そうですね。

例えば、パソコン起動時に自動的にブラウザが起動する設定があったとしましょう。

このとき、そのブラウザを調べても、この設定を変更することはできません。

パソコン起動時に関連する設定なので、スタートメニューのコントロールパネルを開くべきです。



ところで、パソコンがフリーズした場合はどのように対処すれば?



よほど急いでいない限り、最初の5分〜15分程度は放置するとよいでしょう。

パソコンはちょっとしたことで考え込んでしまう場合もありますので。

それでダメならば、キーボードで 『 Ctrl 』+『 Alt 』+『 Delete 』 を同時に押します。

すると、『 タスクマネージャ 』 が起動します。

そして、フリーズの原因となっているソフトを選択し、『 タスクの終了 』 を選択します。



ぐぐ・・・『 Ctrl 』+『 Alt 』+『 Delete 』 を同時に押すのって難しいですね・・・!



その場合は、順番に押していくのでもよいですよ。

つまり、Ctrl を押したまま、Alt を押して、その2つを押したまま Delete を押します。

むろん、途中で指を離したら意味ないですよ。



タスクマネージャを起動させる方法でもダメな場合はどうするのでしょう?



最終奥義は 「 電源ボタンの長押し(5秒間) 」 です。

これは 『 強制終了 』 ですね。

ただし、データが壊れる可能性があるので、なるべく避けたい。

むろん、50%の賭けとかではなくて、大体の場合は大丈夫ですけれど。



ところで、パソコンって、裏で色々なソフトやサービスが動いているのですよね。

こういうものはどうすれば分かるのでしょう?



例えば、タスクマネージャは 『 タスクバー 』 で右クリックすることで表示することもできます。

これだけで色々なことが分かりますよ。



タスクバーというのは?



タスクバーというのは、画面下のバーのことです。

スタートも、タスクバー上にありますね。



なるほど。

ここで右クリックすると・・・たしかに、タスクマネージャを起動できますね。



タスクマネージャの 『 プロセス 』 や 『 パフォーマンス 』 を選択してみてください。

プロセスでは、どのソフトがどれだけのメモリを使用しているかが分かります。

パフォーマンスでは、CPU使用率やメモリ使用率が分かります。



『 プロセス 』 のタブを開くと、色々なソフトが表示されていますね。

この 『 dwm.exe 』 というのは何でしょう?



「 Desktop Window Manager 」 の略です。

初期設定だと、ウィンドウのバーが半透明になっていたりしますよね。

そういう画面の処理をしている。

だから、dwm.exe を選択して 『 プロセスの終了 』 を選択すると、そういう効果がなくなります。



『 サービス 』 のタブを開くと、色々なサービスが表示されていますね。

例えば、この 『 RpcSs 』 というのは何でしょう?



RpcSs はサービス名ですね。

詳しくは、Remote Procedure Call (RPC) です。(サービス名の隣に書かれている)

これは、COM および DCOM サーバーに対してオブジェクト アクティブ化要求を行います。

つまり、RpcSs は DCOM に依存しています。

で、DCOM も、そのサービスの一覧に含まれています。

サービス名は DcomLaunch ですね。

詳しくは、DCOM Server Process Launcher です。

これはオブジェクトアクティブ化要求に応答して、COM および DCOM サーバーを起動します。

ちなみに、Windows Update は RPC に依存しています。



ええと・・・。

つまり、Windows Update は RPC に依存していて、RPC は DcomLaunch に依存している。



そうです。

だから、例えば、RPC のサービスを停止させると、Windows Update ができなくなります。

なので、普通は、RPC や DcomLaunch の状態は 『 実行中 』 になっているはずです。



ところで、デスクトップの右下にあるアイコンは何でしょう?



常駐ソフトですね。

例えば、言語バーなどがあります。

詳細を確認するには services.msc を実行します。

まず、スタートメニューで services で検索すると、services.msc が検索結果に出ると思います。

後は、次の手順です。

(*) services.msc > システム構成ユーティリティ > スタートアップ

これで常駐プログラムの一覧が表示されます。

機能を無効にすることも可能です。

ただし、何も知らずに無効にすると不都合が生じます。



ところで、Windows Update は必要なのでしょうか?

何も変更しない方が安全な気がするのですが・・・。



パソコンのセキュリティはつねに変化しています。

なので、「 何も変更しない方が安全 」 というのは間違いです。

むしろ、安全であるためには、つねにパソコンを最新の状態に更新しなければなりません。