著作権(情報リテラシー、引用、転載、コピーライト表示)

サイトのTOP→理系インデックス





他人の著作物を許可なく使用してはならない。

このことは著作権として知られている。

しかし、ネット上では著作権侵害(著作権法違反)が多くみられる。

そこで、改めて著作権について対談してみよう。

引用と転載の違いって何?
引用は著作権者の許可を必要としない。

転載は引用を超えるもので、著作権者の許可を必要とする。

ただし、国の資料などは許可がなくても転載できる。

ただし、出典を明示する必要はある。
そもそも、引用って何だっけ?
例えば、引用の条件として次がある。

(R1) 引用の対象は公表された著作物である。

(R2) 本文と引用に主従関係が成り立つ。

(R3) 出典が明示されている。

メールの一部を引用として利用することは(R1)に違反する。

新聞の一面をコピーして掲載することは(R2)に違反する。
新聞を撮影してネット上に公開することは著作権侵害なんだ。。。

ネット上やSNS上で見かけることが多いんだけど。。。
そういう人たちは情報リテラシーがないということ。

複製が許されるのは私的使用の場合。

複製したものを公開すると私的使用から逸脱するから著作権侵害となる。
出典を明示すれば引用になるんじゃないの?
引用に該当していればいいけど、実際には引用から外れているものが多く見られる。

問題は 「 引用でない形での利用 」 を 「 引用 」 として利用すること。

例えば、紙面を撮影してSNSに掲載し、一言二言だけを添える。

これは主従関係が成り立たず、引用ではないから著作権侵害となる可能性がある。
書籍の表紙を撮影してネット上に公開することは?
引用ではない場合は違法となる。

ネット上では平気で違法行為が行われている。

その人たちは情報リテラシーがない。
けど、それだとネットオークションで画像をあげることもできないよね?
美術品等の「譲渡又は貸与」については法令によって認められている。
著作権違反をしているページがあったとして、そこにリンクを貼ることは?

あるいは、これを再発信するのは?
違法アップロードを知りながらリンクを張ることは「ほう助」となる。

つまり、著作権侵害罪の共犯とみなされる。
ネット上のアカウントにマンガのキャラクターを載せるのは?
普通に著作権侵害。著作権法違反。

あと、そういうアカウントをつかって商品の宣伝をする行為は違法。

それはキャラクターの商用利用。悪質性が高い。

ネットは無法地帯だから分かっていない人は多い。

アカウントを見るだけで、その人の情報リテラシーの程度が分かる。
けど、キャラクターの絵を載せることは宣伝にもなるような。。。

それが著作権者の利益になることもあるんじゃないの?
著作権侵害をしている人に反論の資格はない。

それが許されると、他の人もやりたい放題できることになる。

つまり、著作権法は 「 全員 」 が守ることに意味がある。

それを破って利他的な行動であるかのように主張することは論点のすり替え。

結局、本人が利益を得たいだけ。
たしかに、それが許されるなら私も有名なキャラクターを利用したいもんね。すごく。
本来、キャラクターの使用には契約が必要。

それは企業レベルで行われるもので、個人では手が出せないほど価値が高い。

それを無視して勝手にキャラクターを宣伝に用いることの非道さは認知されるべき。
そういえば、ネット上のサイトに 「 無断複製禁止 」 と書かれていることがあるね。

他には 「 無断転載禁止 」 とか。

あと 「 All rights reserved. 」 とか。

あれって何なの?
Copyright(C) や All rights reserved. は 『 コピーライト表示(著作権表示)』 だね。

これらは著作者を 「 分かりやすく 」 するための表示。

無断複製禁止や無断転載禁止の表示も分かりやすくするためのもの。

実質的に、これらの表示はあってもなくても同じ。
つまり、コピーライト表示がなくても著作権は発生しているんだね。
そう。

無断転載禁止という表示がなくても無断転載はしてはいけない。

ただし、引用はしてもいい。
無断引用はどうなの?
「 無断引用 」 は言葉として間違っている。

実際、そもそも、引用は無断でしてよいものだから。
じゃあ、著作物を一部つくりかえたものは?

つまり、コピーでないものも著作権法違反になるの?
再編集は無断複製に該当する場合がある。

「 コピーじゃないから大丈夫 」 という言い分が通るとは限らない。

翻訳・翻案・変形は 『 2次的著作物 』 に該当する。

で、2次的著作物の利用は著作権者にある。

つまり、2次的著作物を無断で公開することは著作権法違反。

ネット上には2次的著作物が溢れているけど、あれは違法。
学校で本の内容がコピーされたものが配られたりするのは?
学校などの教育機関では著作物の複製が認められている。

ただし、授業で必要とされる範囲内に限る。

あれを見て 「 ああ、複製して配っていいんだ 」 と誤解しないように注意するべき。
他人の著作の利用が許可されることはあるの?
例えば、ゲームソフト会社が動画配信の条件を公開している場合がある。

この利用条件に従うことで適法にゲームの動画配信できる。

また、レコード会社と利用許諾契約している動画投稿サイトもある。

その場合には利用条件をみたした上で「歌ってみた」動画などを載せられる。

ただし、勿論、利用条件をみたしていない場合は違法となる。

実際、ゲームプレイ動画は物に固定されている著作物となる。

よって、安易にゲームプレイ動画を載せることは控えるべき。

それを守らない人は情報リテラシーがない。



参考文献

雪丸真吾、福市航介、宮澤真志:ウェブサイトの著作権Q&A、中央経済社。

次のことについて参考にしました。

〇 リンクによる著作権侵害のほう助(p109)

〇 コピーライト表示(p41、p42)

〇 書籍の写真を載せることは違法(p140、p141)

〇 ネットオークションでの画像利用(p149、p150)

〇 ゲームプレイ動画(p95)

〇「歌ってみた」動画(p99)