参考書(微分積分)

サイトのTOP→理系インデックス
参考書のTOP→参考書インデックス






レベル : 初級者向け

主な内容は、1変数の微分、1変数の積分、2変数の微分、2変数の積分である。

例題と演習問題が充実しており、いずれも丁寧な解答が掲載されている。

2015年の時点で103刷に到達。

初学者に長く親しまれてきた信頼のある参考書である。

レベル : 初級者向け

主な内容は、1変数の微分、1変数の積分、2変数の微分、2変数の積分である。

加えて、ラグランジュの乗数法、陰関数定理、2変数のテイラー展開、重積分の変数変換も掲載。

2変数の微分積分として扱える内容は一通り掲載されていると言えるだろう。

本書の特色として、全体的に数値解析を意識した内容が少しだけ入っている。

例えば、誤差と精度、1次近似、テイラー展開、ニュートン法に関する説明が詳しい。

初級者向けの参考書でありながら、比較的に幅広い内容が書かれた参考書である。

レベル : 中級者〜上級者向け

1変数の微分積分、多変数の微分積分について詳細に書かれている。

とくに、可積分条件に関する記述が詳しい。

実数の連続性、無限級数、位相的な内容など、微分積分学に関連する内容も広く書かれている。

例や問を合わせると分量はかなりのものである。

すべてを読むことは大変だが、調べ物をしたいときなどに手元にあると便利である。