参考書(物理学)

サイトのTOP→理系インデックス
参考書のTOP→参考書インデックス





レベル : 中級者向け

主な内容は次の通り。

(*) ストークスの定理、マクスウェルの方程式、アンペールの法則、ポテンシャルの存在条件

数学書と物理学の中間に位置するような参考書である。

途中過程の説明はやや跳んでいるが、電磁気学の世界に素早く深く切り込んでいる。

レベル : 中級者〜上級者向け

少数の要請から熱力学を構成し、熱力学全体の見通しを良くした参考書である。

少数の要請から理論を構築するため、序盤の意味は掴みづらいかもしれない。

しかし、読み進めていくうちに、熱力学について深い理解が得られるようになる。

とくに、序盤は熱力学の立ち位置について詳しく書かれている。

レベル : 中級者〜上級者向け

複数の要請から熱力学を構成し、熱力学全体の見通しを良くした参考書である。

最初からしっかり読み進めていくと、熱力学に対する深い理解が得られるようになる。

多くの参考書では内部エネルギー U とエントロピー S を定義し、ヘルムホルツ自由エネルギー F を導く。

一方、本書の場合には、まず最初に F と U を定義し、S=(U−F)/T でエントロピーを導入する。

この手順を踏むことによって力学と熱力学を対比させながら論理的に熱力学を構築する。

後半では電気化学や磁性体に対する応用もある。

レベル : 中級者〜上級者向け

主な内容は、関数解析、スペクトル理論、量子力学の内容である。

定理だけであれば、ルベーグ積分論の知識がなくても前半は読み通すことができるであろう。

例などすべてしっかりと読み通すのであればルベーグ積分論の知識も必要になる。

とくに、スペクトル理論に関する記述が詳しい。